プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
山羊道
さて 久し振りのブログ更新です

なかなか時間がなくて という体力的な理由 それから 考える余裕がない という精神的な理由

2つあり なかなか書けませんでした

良い方にとれば 毎日が充実しているということでしょう ( 笑 )


毎月毎月 ヤバいなんていうことを書いていますが 7月は 本当にヤバいです

毎年恒例ですが 1週間の催事が横浜であるのが 何といっても厳しいです

ですが この催事は フルージックにとって 出会いであったり 学びの場所だったりと

とても意味深いもの どんなに忙しくても参加させていただきます

7月が終われば 夏休みの本番 収穫と開花のピークとなります

9月になれば 週末ごとに いろんな地域でのイベントがあります

同時に 10月下旬から始まる 山羊さん関連のイベントに向けて 全力投球します


road to 1

road to 2

山羊さんが歩いた跡です

ロータリーのようになっています

私の人生 ロータリーだらけかも ( 笑 )

たまには 交通整理する必要があります

じゃないと 頭がパンクしてしまいます


とにかく 目指す方向がしっかり定まっているので 全力で頑張ります

いろんな形で 共感する人たち同士 つながっていけたらと思います

だから どんなに忙しくても 忙しいを言い訳にしないで 前に進んでいきます




スポンサーサイト
第2回高山食力プロジェクト
相変わらず バタバタです 

後手後手ではないですが 毎日 猛然と走っている そんな感じです ( 笑 )

とにかく 目の前のこと 1つ1つを片付けていくしかありません

充実した毎日を送らせて頂いております ありがとうございます


さて アセロラのもドラゴンフルーツの収穫も始まりました

親父の畑では 玉ねぎ ジャガイモ キュウリなど 季節のお野菜も

ネットでは 生アセロラなど売切れ状態となっていますが 連絡頂ければ 対応させて頂きます


さてさて 先日 第2回高山食力プロジェクトの料理教室が行われました

第1回目は いくつか反省点もありましたが 今回は 完璧というぐらい 大満足でした

これも主催である高山市 料理研究家の山崎先生

それから 資金や食材を提供している地元の銀行 企業 そして生産者さんのおかげです

午前の部は 料理に興味のある高校生が中心でした

午後の部は 料理に興味のある一般の方でした

で 私たち協賛社も一緒に参加して 作りました 盛り付けは下手くそですが こんな感じでした

syokudikara1

詳しい情報は 以下のページでご確認ください とにかく超簡単で 超驚き そして 超おいしい

高山市情報 第2回食力プロジェクト

それから 高山市クックパッド

さらに 飛騨高山高等学校 6月15日更新を確認

地域の生産者 そして 地域の企業として 地域と一緒に何ができるか

そんな想いを持った熱い仲間が賛同して こうしたプロジェクトがスタートしています

特に 東京から車を飛ばしてやってくる 山崎先生とスタッフの方々には感謝感謝です

料理の世界 その第一線でご活躍されているからこそ 感じるものがあります

先生が提供してくれる料理の画像1つ取ってもそうです おいしそうに見えます

盛り付け 見せ方 それらすべてが料理なんだって 

ここに参加している学生たちも そんなことを言っていました

私たちもそうした部分を 学生たちに伝えたかった

一般の部のアンケート調査をまだ確認していませんが みんな笑顔で楽しかったって言ってくれていました

まだまだ レベルアップできるよう 私たちも全力でサポートしていくつもりですが

とにかく こうしたプロジェクトがスタートすれば 続けることです

地道に少しずつ 続けることです

料理教室の後 飛騨高山ケーブルネットワークの撮影があり 片付けが終わったのはすっかり暗くなってから

それでも 疲れより充実感の方が勝り ほんと元気をもらって 感激しました


ありがとうです


応急処置
朝 可児市の帷子公民館へ行き 山羊さん除草隊の仕事

ひと段落したら 高山市へ

ひと仕事して 奥飛騨へ行きました

で さっき 美濃加茂に戻り ブログ更新しています


今日は 現場作業は少なかったので 体力的に余裕があります

というか 往復7時間弱 車を運転しているので ちょっと興奮状態?

ブログ更新しながら 緊張状態を緩和しているというか そんな感じです

いやぁ 長距離の運転手さんは すごいなって思います

そりゃ 運転が好きなのかもしれないけれど それでも すごいです


さて ここにきて 奥飛騨も美濃加茂の実験棟でも ドラゴンの蕾がヤバいことになっています

どの品種も 一気に出始めているというか 

狂ってしまったかっ! というぐらいです

それは また 今度 ブログにて書くことにして 今日は 小笠原種のバナナの応急処置をしてきました

banana2015-1

banana2015.-2

ご存知の方も多々いると思いますが バナナを育てていると 剣吸芽と水吸芽が出てきます

剣の方は 字のごとく 葉の形が細長いです

逆に 水の方は 葉の形が楕円形です

じゃあ どちらを選んで育てた方がいいのか?ということになりますが

一般的に 剣の方が成長が早く また 木が大きく成長することから たくさんの収穫が見込める

との理由から バナナ農家さんでは 水吸芽ではなく 剣吸芽を優先するそうです

私は 実際 最後の収穫まで実績を積んできたわけではないので 何とも言えませんが

それでも 剣吸芽の方を育ててきました

ですが 今回は初めて 水吸芽の方を育てることに

実際 上へ延びるスピードは遅く感じています 軸の太さは 比較しても変わらないような気がします

そうこうしているうちに 5月末には 花芽が出始め わくわくしていると

どうやら 成長が遅いのか 花芽が なかなか伸びてこない

これではいかん!と思い 今日は 急遽 応急処置というか 

邪魔してそうな 葉を何枚か切ることにしました

banana2015.-3

これから どう育っていくのか ちょっと不安もあります

また これが 水吸芽だったからか いろいろ分からないことばかりですが

収穫まですること それを続けることで 1つずつ 謎解きをしていきたいと思っています


謎を解いたと思っていても 勘違いっていうことばかり

農業は やればやるほど 分からなくなっていくものです ( 笑 )




地味な作業
日々 現場に追われて ブログを更新する時間がありません

ブログに顔を出してくださる方がいるのに 本当に申し訳ありません

なるべく書こうと思っていますが 逆算していくと 寝る時間が ・・・ ( 笑 )

この時期は 奥飛騨と美濃加茂 行って帰ってくることもあり バタバタ続きです

それでいて 無謀?にも 今年はいろいろとイベントなどを盛り込んでいて

それでも 今日やらなければいけない現場作業は 何とかやりきっています


農業は ほんと地味な作業の繰返しなんです

新聞やラジオ あるいは テレビなどで紹介されると うわぁって思ってしまいますが

この時期の蛍と一緒で 一瞬の輝き 収穫のために 体に鞭打って作業続けているわけです

そりゃ好きでなければできませんし 農業が好きなので 苦になりませんが

それでも ヤバいほど疲れたなぁというときは 勘弁してと思うことがあり それが普通だと思います


好きで農業しているわけなので どうのこうの言うことはありませんが

それでも 現場の考えが もっともっと尊重されるよう 頑張らないといけないと思います

農業に転身して たったの10年 まだまだ偉そうなことは言えませんが

やってきた自負 そして 先をイメージできているので 自信持って意見を言っていきたい

妻には そんな言いたい放題しているから 煙たがられるって叱れるけど

性分は そうそう直りません ( 笑 )

同じように しっかり汗流している人たちもいるわけだし これからそうした生き方をしたい

という人たちがいるのであれば 少しでも 現状を変えていくというか 

自分たちが農業しやすいようにしていくのも 私たち農業者の役目だと思っています

嫌われ者で結構 ( 笑 )  信じた道を突き進みます 

そして しっかり現場で汗をかきます 地味な作業を続けていきます


あっ ひとつだけ 地味な作業からは いろいろと考えさせられることがあります

だからこそ 足元をしっかり見て 焦らず ひとつずつ進めていけるのだと思っています