プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
でかいなぁ
いつものように 1つ1つ 仕事を片付けながら 今日も少しだけ前へ進んだと思います

なるべく翌日に回さないよう やれることはやる

ただ 今日は帰ってゆっくりしたいと決めれば 途中でも さささっと帰ります


さて ちょうど1週間前 NHKホールで行われた 第46回日本農業賞の授賞式

改めて 頂いたトロフィーが入った箱を開けました

やっぱり でかいなぁ ( 笑 ) と

bridge

比較できるものと 一緒に撮影していないので 分かりづらいですが

だいたい 高さが40センチ 横も40センチほどあります

授賞式は ちょうど神戸で行われていた 飛騨高山物産展開催中でした

神戸と東京を往復 そして 物産展を無事終わらせることに集中していたので

賞を頂いた喜びを噛みしめたり 今までを振り返る余裕はありませんでした

催事が終わり 戻ってきてからも 仕事や打合せが溜まっていて

ようやく 今日 じっくりと見れました ( 笑 )

授賞式から1週間 その時間があったので すごく冷静に 12日に行われた

授賞式 記念コンサート そして 祝賀パーティを思い出すことができました

前回 ブログでも書いたように 私たちの活動が評価され そして 勝ち取った賞ではなく

私たちの活動を知って頂く機会があり そして これからを期待されたもの

つまり 取らせて頂いた賞だと考えます

なぜ そう思うのか

それは参加した祝賀パーティ そこで いろんな方々とお話をする中で

自身の力不足 まだまだ足りないところを すごく感じてしまったからです

決してマイナス思考ではありません 

おめでとう と言ってくださる言葉から

この賞をきっかけに もうひと皮むけなさい 成長しなさいと言われているようでした

理想論を掲げ まだまだ半人前の私ですが こうして1つ賞を取ることで

大きな自信 もっと頑張ろうと思う気持ち 粘り強くやり遂げようという気力が生まれてくるのを実感

ゴールを駆け抜けていなくても 途中途中 その過程を評価されることで

あぁ こうやって 人は育っていくんだなぁと

小さいころは そんなこと 全く意識していませんでした

しかし 大人になり 褒められることが極端に減ってしまった今 

そう 今だからこそ 私は すごく そう感じてしまったのでしょう

生産者と消費者 次の世代への架け橋

それが 私たちが頂いた 架け橋の部の特別賞

大賞は 私たちではなく 一緒に活動している学生たち あるいは 私たちの活動から育った次世代

そうあってくれれば嬉しいですが それは あくまで 縁があればの話です

決して 次世代に押し付けるものではありません

私自身 これから もうひと皮むけることは当然のこと

今まで以上に 次世代を強く意識して 農業を表現していければと思っています


農地を持たない非農家出身でも 新規参入者でも 頑張れば 誰かが見ていてくれる

見ててもらうこと 評価されることが 目的ではないものの

そうやって 頑張っている人たちに ひと声をかけられる そんな農業者でありたい

理想を掲げ 地に足をつけて頑張る次世代を応援できる それが フルージックが進むべき道

そして 現状の農業のあり方を議論できる 研究やデータの蓄積が必要です

すぐに結果は出なくても 1つ1つ積重ねていきます


この賞を頂いたメッセージは とても大きく重いです

でかいなぁ なんて 感じています ( 笑 )

スポンサーサイト