プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
緑の絨毯
山羊さんたちが緑地管理をしていく計画を 私たちは 緑の絨毯計画と呼んでいます

どうして 緑の絨毯なのか

それが この1枚の画像を見て頂ければと思います

green carpet

真ん中に 放牧柵があります

向かって左側が 山羊さんたちが活動する場エリアです

右側が 民間の方が 人力の草刈り機で管理しているエリアです

決して どちらが優れているとか 管理が行き届いていないとか そんなことを言うためではありません

その辺は どうか 誤解のないように

山羊さんたちは 基本的に 新芽を食べます

新芽がなくなると どんどんと根に近いところまで食べますので

放っておくと いずれ 根元まで草刈り機で管理するように 土肌が見えてきてしまいます

人力の場合は 再び草が生えるまで 草刈りをしないので いずれ緑が復活します

山羊さんが ずっと同じ場所に居続けると 緑は復活することは難しくなり 土肌が露出し続け

雨が降れば 法面の土砂崩壊へとつながっていきます

つまり 緑の絨毯計画とは 山羊さんの力を借りながら 緑地を管理していくことです

いつ どのタイミングで 何頭の山羊さんたちにお願いするのか

それによって 緑の絨毯は 春から秋にかけて ずっと美しく保たれていきます

この現場 写真では分かりづらいですが かなりの斜面です

山羊さんたちがきれいにしてくれているためか

お隣の地主さんも この急斜面を 毎年きれいにしてくれています

これも 1つの相乗効果ですね


さて 今日は 関市にあるブリヂストンさんの工場へ 山羊さんたちは出勤していました

工場の緑地帯を管理することも 山羊さん除草隊の仕事です

さらに 緑のカーテン計画として この工場に パッションフルーツの苗を納めてきました

山羊さんたちの糞 それから 地元農林高校が飼っている牛さんの堆肥も届けてきました

置土産から手土産プロジェクトではないですが

山羊さんの活動は いろんなところにつながっています

私が思うに 山羊さんの可能性は無限大なんです

美濃加茂市で始まった山羊さん除草隊の活動は 地域の方々の理解を得ながら

ゆっくりと1つずつ階段を登っています

また 面白い企画を報告できる日があると思います
 
スポンサーサイト