FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
自分の時代
昨日 東京に行っていました

車でのとんぼ返り 都内の渋滞もあり なんだかんだ10時間近く運転をしたかな ( 笑 )

距離的には 片道350キロ弱ですが 高速があるので 疲れは残っていません

ところどころ休憩をしたし 一緒に行った農家さんもいたので わいわいがやがや 終始賑やかでした


7月に現地調査が美濃加茂で行われ 9月からの授業で 学生たちが取り組みました

農業とデザインのコラボ 農業にデザインを取り入れる 

もちろん それだけが目的ではなく 授業を通して 学生たちの経験にもなるし

地元の農業高校もクライアントとして参加しているので 高校生たちの視野も広がる

また 私たち地元の農家さんや事業者にとって 新しい発想を頂ける機会に

そして ひょっとしたら 将来 就職先の1つになるかもしれません

それよりも つながりが生まれることは いろんな意味で 可能性が広がることでもあります

予算がないからできないではなく いいと思うことは まず動く 

もちろん できる範囲でしかやれませんが それでも なんとか無事 発表報告会が終わりました


朝7時に 美濃加茂インターを出発

お昼に 武蔵野美術大学に到着しました

musabi1

卒業を控えた学生たちが ところ狭しと 校舎内で作品を制作していて

あっ 美術大学に来たんだなと

で せっかくなので 学食を食べることにしました

私が頼んだのは むさびランチ

musabi2

400円以下で食べられるし ボリュームもありました

ランチの後は 先生に大学を案内してもらいました やっぱり 随所随所に美術大学だと認識

午後2時から クライアント7件に対する 成果発表が行われました

musbi3

ほんと ビックリ

どの案件も完成度が とても高いのです

3人ほどが1チームとなり クライアントの要望を聞きながら デザインを表現していくのですが

3人いれば 当然 考え方や手法が違うはず 意見がぶつかるものです

もちろん ここまでまとめるには 意見の衝突があったと思います

それでも 1つの作品を作り上げ 私たちクライアントを納得させる力には脱帽です

改めて やって良かったと 心から思いました

稲わらアートで知り合った宮島先生 その宮島先生に依頼したのが始まり

正直 学生の移動費用など 資金捻出が厳しかったですが

それでも 理解を示し 協力してくれた農家さんやお菓子屋さんには感謝です

参加してくれた方々の満面な笑みで 私は ホッとしました


さて フルージックのデザインの一部です

musabi4

これから もう少し打合せ 1つずつ具現化していく予定です

ここまで フルージックを立ち上げ やるべきことを見つけながら進んできました

基本 やりたいと思うことをやってきました

ただ その分 私の中でつながっていることも 他から見れば そのつながりが見えないことも

つまり 私自身の限界を感じていました

こうして 改めて デザインで表現して頂いたことで 自分の時代は終わったと

もちろん 取組みをやめるわけではありませんが

若い人たちの力を信じ サポートしていくことの重要さを 改めて感じました

緊張を隠せず 戸惑いながら発表している姿

クライアントが喜んでいるのを見て 嬉しそうな笑顔を見せる学生たちを見て

私は 何とも言えない感情になりました


夢や希望を感じてもらえる そんな世界観を支える 1人の大人でありたいと思いました

そのために 必要であれば くだらない壁は取っ払っていきます

今まで以上に 私にしかできないことを見つけ 基盤整備に力を入れていきます

自分の時代は 終わりました

そう 改めて思いました






スポンサーサイト