FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
極寒の地
冬季オリンピック 極寒の地での選手たちのパフォーマンス

恥ずかしながら 涙流しています ( 笑 )

結果を出せる選手もいれば 思うような結果を出せない選手も

計り知れないほどの努力 そして 周りのサポートを感じているからこそ

選手たちのパフォーマンスに 心打たれ 感動するんだと思います

競技である以上 やっぱり勝ち負けがあり 

その勝ち負けがあるからこそ 人は さらに上を目指すことができるのだと思います


さて 昨日は 奥飛騨で作業をしてきました

okuoku1

昼過ぎ いつも通る平湯では マイナス8度でした

風がなかったので さほど冷たいっていう感じではなかったです

除雪作業が 連日連夜行われており 道路は 比較的走りやすいです

といっても 雪道に慣れていない人は かなり大変だと思います

風が吹けば 道路脇 あるいは 木に積雪した雪が舞い 前方が見えなくなる

いわゆる ホワイトアウト状態 


さて 奥飛騨のハウスも 寒さの影響で イエロードラゴンの熟しが かなり遅れているようです

ただ その分 大きく成長しているのかもしれません

yeye1

といっても 大きさの基準がないので 写真では分かりませんね

yeye2

100円を載せたところで 分からないですね ( 笑 )

1本の枝に 1つの実をつけさせる

イエロードラゴンでは なるべく これを徹底させています

ドラゴンフルーツは 同じタイミングで 1本の枝から 複数の蕾を出します

蕾の長さは 25センチから30センチとなり 栄養をかなり使います

大げさに言えば 直径30センチ程度の大輪を咲かせることが もっとも優先すべきこと

実をつけることが目的ではない そう言っているようです

確かに 種の数は 半端ないわけですから

そう考えると 結実する確率なんて 1/10000でもいいのかなと

ここ栃尾温泉でも 朝晩の冷え込みは マイナス10度ほどが続いております

それでも ハウス内は 温泉の熱を活用し 最低10度以上をキープしています

極寒の地でも 熱帯果樹が育つ

1つずつ目の前の課題をクリアしていき 1年1年続けていくことで

新しいことが見えてくる 

私は アスリートではありませんが やっていることは 同じだと思っています

取組む姿勢 あるいは 目指すところで 共有できるところがある そう思っています


さて 明日は上京します

1泊して 翌日も いろんな場所を見て そして いろんな方々とお話をしてきます

現場を見て 人と話をして 新しい発見をしたいと思っています

 


スポンサーサイト