FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
前向きな1歩
岐阜で発生した 豚コレラが県外へ

原因が特定できないことから 家畜伝染病の恐ろしさだけが独り歩きし

比例して 風評被害も広がっていく 

冬になれば 毎年 どこからからやってきた インフルエンザが蔓延し

私たちも 外出禁止となります

日本の場合 人間以外の案件には 研究費が出ないという特徴があります

だから 無理くりとは言えないまでも 人間への影響を主に置き換え 研究費を目指すものです

人間にも伝染病があるように 動物にも当然あるわけで

大陸間の移動が便利になった現代 まだまだ搾取されている国はあるものの

ひと昔と比較して 世界が裕福になったことで 観光立国を目指し

国内経済を安定させることが 国家プロジェクトとなる

そうなれば 当然 いろんなリスクが増えるわけで 「 たら・れば 」 は好きではないけれど

どうしても 後手後手なってしまっている現状に 現代人の1人として情けなく思います

何より ブタの殺処分が繰り返されている現状に 恐ろしさを感じています

今回の豚コレラ問題

私にとっては やはり 予防目的で殺処分された とん吉とん平から始まっています

当時 何も手を打つことができなかった自分

現在も 公園の動物エリアは 封鎖せざる得ない状況からも

見えないウィルスに成す術なし 誰ひとり 完璧な打開策を持っていないことが分かります

ただ 言葉は適切ではありませんが これからが勝負だと思います

今後 どうするのか しっかりとしたビジョンを持ち 総合的に判断していかなければと思います

臭いものに蓋をする 規制がより強化されれば 畜産業を営む人はいなくなる

国が補填してくれるからといって 気力体力 そして 年齢とも相談しなければならない

私の場合 山羊さんに対して 補填があるだろうか おそらく適用されないだろう

とはいえ 私は 仕事とはそういうものだと思っているので その時の覚悟はしています

もちろん 補填されれば助かるけれど 

異業種から参入してきた人間として 改めて 農業は一般の業種とは違うものだと考えてしまいます

世界で直接的な殺戮兵器を使う大きな戦争は減ったけれど

こうしたウィルスを使った 間接的な攻撃 侵入があれば 国力は確実に弱っていきます

これに対し どう対応していくのか

私自身は うまくつき合っていくしかないと思っています

短絡的にワクチン接種はしない方がいいかもしれないけれど

ウィルスの研究やワクチン開発などの研究は 人間同様にすべきかと思います

人間の技術が進歩するように 自然界の生きものだって進化していくわけです

前向きな1歩 微力ながら どう私も関われるか 

山羊さんと一緒に生きている人間として 植物から生きるエネルギーをいただいている人間として

その機会があれば 前向きにと思っています

flower

少しずつですが とん吉とん平へのお花は増えています

岐阜県都市公園課 指定管理者 そして 家畜保健所の指示を仰ぎながら 

1日も早く 動物エリアが解放されるよう 私もできることをやっていきたいと思います

さらに言えば 共生社会へと向かう 大きな1歩を踏み出すべき

理想論だと言われようとも 覚悟して進んでいきたい






スポンサーサイト