FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
いい感じ
2018年度 今日で終了

明日から 新年度が始まる といったところで 私には あまり響かず ( 笑 )

いつものように いつもしてきたように 1つずつ 丁寧に積み重ねていくだけ

もちろん 新しいことに挑むときは それなりに緊張したり 覚悟を決めたり

いろいろと ゲン担ぎ やります ( 笑 )


さて 今日は 肌寒い1日でした

夕方 美濃加茂のハウスに行こうと思い 車で走り出すと 

ポツポツと やや大きめの雨粒が フロントガラスに落ちてきました

しばらくして 大きく きれいな そして くっきりとした虹が姿を現しました

美しい半円が 何ひとつ 欠けることなく こんなに見えるなんて

写真を撮りたいと思いながらも 運転中 

頼むから 目的地に着くまで 消えるのは待ってくれ

rainbow1

栗畑から見上げると これまた いい感じ

rainbow2

今回 驚いたのは 近くの山の前に 虹が現れ

その結果 虹越しに 山が見えたこと それも くっきりと

rainbow3

今でこそ こうした虹が現れる現象は 科学で説明されているけど

最初に見た人たちは どう思ったんだろう

吉とするか それとも 

今日は ちょうど あるハーブの研究をしていたところだったので

祝ってくれたのかなと 

それが その時の画像です

new challenge

新しい試みは 幸先の良いスタートを切れたようです

いい感じです



スポンサーサイト



ようやく
さて いつものように いろいろと思うところがあります

いい意味で もっともっと刺激的に いろんなことに挑戦したいと思うし

逆に 残りの人生を逆算すると 時間的な余裕がないかなと

そう思うきっかけは ちょっとしたことで 毎日あるわけで

戻ることなどあり得ないと分かっていても 過去を振り返ってしまうもの

時間がない お金がない

やらない やれない 言い訳はいつも同じ 情けないと思いながらも

なかなか もう1つステップアップができない

若かりし頃は 怖さなど感じなかったけれど 今は怖いし

間違ったらやり直せばいい と 挑戦することを楽しんでいたけれど

家族を持ち 社会的な責任を持った今は そうそう簡単に言えるものではない

今のままでいいのか と これがラストチャンスだぞ とか


だから 40代最後の年を 50代からの人生を楽しむために もう1回初心に戻ろうかと

海外で働きたいと思って 高校時代飛び出したことを思い出し

もう1回 英語を勉強します

実際 仕事で使うことなど ほとんどないし スマートフォンには翻訳機能がついているので

昔と比べ 困るリスクは激減しているけれど 

それでも どこで どのようにつながるか分からないし 

1つ殻を破り 何かを習得することで 自信と勇気が身につくはずなので

時間はかかるだろうけど 受験生になった気持ちで まずは英単語から ( 笑 )

一度暗記したことがある単語なら 多少は思い出すだろうし

社会人として経験したことで ビジネス言葉も頭に入り 結果として ビジネス英語もね


さて 奥飛騨のイエロードラゴン ようやく 根元が黄色くなってきました

yellow2019a

昨年と比較して 開花が10日ほど遅れたので 色づきもそんな感じです

やっぱり 奥飛騨の冬を越冬する場合 開花から収穫まで180日前後かかります

約半年ですね 長いです おそらくゴールデンウィークが収穫のピークかと

1つだけ収穫できるものがあったので とりあえず糖度と味見

yellow2019b

この時期の糖度としては 妥当な数字

で 味はというと 瑞々しくて甘いです いつものイエローの味です

ただ 欲を言うと 甘さだけではない酸味というか 風味がほしい

イエローの特徴は 独特の風味でもあるのでね

これから 春の日差しが強くなっていき 風味が加わってくれればと願っています


1つ1つ積み重ねてきた強さ そういったものをベースにした新たな挑戦ができればいいな

そうした生き方ができれば 楽しむことができるのかなと思っています

英語を勉強するのも楽しむため 仕事で必要になったわけではなく

なんとなく もう1回夢を見てみたいと思ったからです ( 笑 )


開花宣言
昨夜 映画を見てきました

クリントイーストウッドの運び屋 とてもシンプルな内容でしたが

いろいろと考えさせられるものでした

今だと いろいろとSNS上で 叩かれてしまいそうな言葉遣いだったり

空気を読めないというか 歯に衣着せぬ言葉だったり

映画を通して こういう時代だからこそ 彼が伝えたいメッセージみたいなものが

センス良く 表現されているのかなと 

特別 大笑いするわけではなく 特別 大泣きするわけではないけれど

終始 落ち着いてというか 自然体で見ることができました

とてもいい映画でした  


さて 桜の開花宣言 出ましたね

ここ2日ほど かなり暖かかったこともあり 植物たちは 一気に活動を始めるのかな

ですが 寒の戻りが怖いです

暖かくなり 動き出したところで

寒さに無防備になった木々にとって 厳しい冷え込みは かなりダメージを受けます

昨年の夏は 暑過ぎたせいで アセロラたちは全くダメでしたが

春先の冷え込みが ベースにあったのではないかと考えています

美濃加茂で育っている マンゴー ブラッドオレンジ レモン

それぞれが花芽を出し 開花し始めます 

そして アセロラたちは 木々の差はかなりありますが

いくつかの木々からは 弱々しくも エネルギーに満ちた新芽や蕾がではじめています

2019acelora
 
2019acerola

昨年 全くダメだった分 今年はと思うものの こればかりは

まさか と思うことが起こることが人生

リスクを理解しながら それらをマイナスにとらえるのではなく

しっかりと受け止め しっかり1つ1つ 丁寧に向き合っていくこと

それが 人生を楽しむ 近道だと



時間がかかるもの
ひとつの形になるには やっぱり とても時間がかかるものです

時間的にも 金銭的にも いろんな制限の中で生きているわけだから

すぐに結果が出てくれたら嬉しいし それを望むのが当たり前なこと

4年に1度のオリンピック そこで 金メダルなら それ以上はないと思うけれど

実際 その後の人生もあるわけだから 金メダルが 必ずしもゴールではないし

最高の瞬間だとも言い切れないわけです

偉そうなことを言っていますが オリンピックで金メダル

なんて 私には 到底無理な話ですが ( 笑 )

人生を終えるまでに 何を積み上げてきたか

さらに言えば 自分自身がこの世を去っても 積み上げてきたことが

何かしらの形として 受け継がれているか

私は 常々 この2つを考えて生きています

自分が 望むこと全てを やりきらなくてもいいと そう思っています

ただ 欲を言えば その望むことの基礎だけは作りたいです

言い換えれば 私にとって 基礎作りは全てなんです

ゆっくりと 流れる時間に身をゆだね 1つ1つステップアップできればと思っています


さて 今年もシャインレッドという ザクロの花が咲きました

zakuzaku
  
今年で8年目 開花はするけれど 実がなるところまでは なかなか ( 笑 )

まだまだ 様子見の時間を楽しみたいと思います

それから ブラッドオレンジのモロ種 これは 果肉が真っ赤な品種です

moromoro

苗木を買ってから植え替え ようやく 台木との接点が強くなってきたようです

昨年 いくつか開花したものの 実をつけるまでには まだかかりそうです

無理をしてもいけないですからね


とにかく 時間がかかるものです

農業から 学ぶことがたくさんあります



新たな実験
昨年 みのヤギ協議会という団体を設立し 新たな取組みをスタートさせています

その取組みの1つに 耕作放棄地の再生があります

農水省の交付金事業としてやっています

アルバイト代や材料代は補助対象なので 助かっています

ただ 私の働く経費は 全くでないので 相変わらず ただ働きです ( 笑 )

正直 いろいろと思うところがあるのですが それはそれ 決めたことをやるだけです


私の中では 日本の農業はビジネスではない つまり 業ではないと位置づけています

農業ではなく 農

そう考えると 儲けなければいけないとか そういったところから解放されるので

自身が目指すやり方 純粋に向き合うことができると思っています

もちろん 資金がなければ スタートすることもできないし 収入がなければ 継続できないので

最低限のことは 自ら稼ぐことは ちゃんと心得ています ( 笑 )

今も 事業に関しては 補助金など そうした類の雑収入はありませんから

なので フルージックがやっている農は 農業だと言えます


さて 農業者の高齢化 就農者の減少 などなど 耕作放棄は年々増加しています

農地の草刈でさえ 地主にとっては かなりの負担となっている始末

荒れたの農地に接している方々からの苦情も 比例して増加しています

誰が悪いとか言ったところで 目の前の課題は解決されないので とりあえず やってみる

ということで 新たな実験が始まったわけです

この実験のベースは 山羊さんの置土産から手土産を作ろうというプロジェクトです

地元の農業高校の生徒たちが中心にやっているのですが

山羊さんの堆肥を活用して サツマイモを作り スイーツづくりの研究をする

このプロジェクトがあったことで 今回の実験に踏み切ることができました

毎年 伸びた雑草をトラクターで なぎ倒すものの それが限界

houki1

まずは 下刈りをして 集積して 焼却

houki2

焼却すると 今は苦情が出てしまいますが 本来は 焼却した方がいいんですよね

燃やすことで 土も消毒できるし

そこに 山羊さんの堆肥を入れます

houki3

そして 消石灰をまき トラクターで撹拌します

houki4

houki5

高齢化だったり 後継ぎもいない そんな農地を 今回は借りることになり

とりあえず 再生事業が始まりました

で 何を植えるか もちろん サツマイモです

今年の収穫は あまり期待できませんが 地道にやっていきます

儲けることではなく まずは 農地を活用できる仕組みを作ること それが目標です

何とか 最低限の活用方法さえ見つければ

あとは工夫して タイミングを見て 少しずつ利益を追求すればいいのかなと思います

どうやるのか そのアイデアは 私の頭の中で すでに練られているので

最低限の活用方法は ほぼほぼできると思っています

とはいえ 全く収穫できなかったら ダメですけどね ( 笑 )