FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ありがとう
今日も1日 充実していました

正直 こんなんが仕事なのかと言われそうですが 農業は自由なので

朝早くから ヤギさんたちと除草に出勤 一緒に草刈り

午後からは 市内の小学校へ行き 講師として 環境問題の授業を受け持ってきました

で 夕方は

これまた 市内の喫茶店 みつばちや さんで撮影タイム

というのも

ヤギさんの置土産から手土産を作ろう プロジェクト

緑地を管理してくれるヤギさん その堆肥を廃棄物扱いするのではなく

資源として 畑にまき 耕作放棄地 耕作放棄地予備畑を開墾

サツマイモを植え 収穫 お菓子作りの研究を 先輩から後輩へ バトンを渡しながら

ようやく そのレシピが完成しました

生徒たちは 食品科学科の微生物利用班 ここでは 塩麹菌を使います

塩麴サツマイモドーナツの完成というわけです

私たちが目指す方向は 高校は 研究をしながら レシピ開発

それを 地域に還元する つまり 地域の方々が利用し 高校を応援する

といったところ 

高校で完結されるやり方もありますが 敢えて ハードルを上げ 地域とのつながりを作る

それが 地方社会に必要なことではないか そう考えているからです

この喫茶店のオーナーは 私の同級生 また この高校の寮母さんもやっていたことから

いろんな縁で こうした形となりました 

やっぱり人 人とのつながりが全てなんだなと 改めて実感しているところです

さらに言えば 担当の先生は 私の高校の後輩でもあるんです ( 笑 )

昨年 収穫したサツマイモの原料に限りがあるので 4日間だけのサービスとなります

私は 午後からのケーキセットなどにと思っていたのですが

オーナー曰く モーニングの方が たくさんの人に楽しんでもらえるということで

赤字でもいいと それに 応援したいという思いが強いとのこと

秋には たくさん収穫できるので 違った形になればと願っています

で サービス提供される前に メディアの方々から取材がありました

sweetpotatodonut
 
尚 ヨーグルトにかかるジャムソースも 高校で作っているものです


こうして つながっていくことに 本当に感謝です

ありがとう

という言葉だけでは 言い表せませんが それしか 見当たらないのも事実

ほんと 嬉しいですね



スポンサーサイト
ミラクル
今日は 朝から昼まで草刈り もちろん ヤギさんたちが食べる青草です

さすがに60頭いるとね ( 笑 )

放牧されているのですが やっぱり 違う匂いのする草 そこにはない草

食べたがるんです たぶん

特に この時期は 好物の蔓系 葛 それから イタドリ

放牧されているところは 当然 ないんです 

今 夜曲という歌を聴きながら ブログ更新しています 


そう 今日は 沖縄慰霊の日 あれから時間は随分と経っているのに

経済的には発展しても 人として そして 社会は発展しているのだろうか

いろいろと考えてしまいます

だからというわけではありませんが 沖縄出身の大学時代の友人に電話をしました

つなげていくのは 私たちの役目なので


さて 午後からは アセロラを収穫

で ハウスの中で育っている植物たちを見ていたら あらら

ミラクルフルーツの木が2本あるのですが 1本ずつに 実が1つずつ

miracle1

miracle2

なかなか 実がならないので 見つけて びっくり

あ なんか奇跡でも起きてくれるのかな と ちょっと期待しています


明日は 朝から ヤギさんの放牧 午後からは 小学校へ行きます

温暖化防止の授業があるので 講師として 子供たちと時間を共有してきます

夕方は 小学校からの同級生が営んでいる 喫茶店へ

ヤギさんの置土産から手土産プロジェクトで生まれた 塩麴入りサツマイモドーナツ

高校生のレシピを忠実に再現し 1週間 その喫茶店で モーニングで登場するのです

ほんと 嬉しいです

切口は それぞれ違っても 地域がつながっていくもの

人のつながりを大切にし 地域のつながりを深めていければいいなと

私は 農業者 農業を通して そうした活動ができればと思っています

農学の基礎がないからこそできる そう思って 頑張ります

そして いつか 農学を学んできた人たち 学んでいる人たち 学ぼうとしている人たち

そうした人たちと一緒に いろいろやれたらいいなと 心から願っています

離れていたってできることは たくさんありますからね


奇跡よ 起これ!


まだまだ正念場
さて 自身が目指す農業の形が分からなくなり 自信喪失状態が続いておりました

それでも 当然 朝が来るわけで 仕事があるわけで

そして 待っている人たちがいるわけで

だから 足を止めることなどできないわけです

時間が解決してくれるわけではありませんが 時間が経つしかないわけです

ですが 人に会い たくさんお話をして いろいろ整理していくことで

何とか 進むべき方向性が見えてきたようです

で 自身が書いた本 奥飛騨ドラゴンを もう一度読み返したことで

その道が しっかりと見えてきて 歩んできたことが 間違っていなかったと確信できました

ただ もう1人でやるには 限界がきているのは事実

そこを 受け止め 次のステップへ進もうと思っています


さて 昨年 暑過ぎたことで アセロラの木がダメージを受け 収穫がゼロでしたが

今年は なんとか 花を咲かせ 実をつけてくれています

ただ こういう時には アブラムシが大量に発生するわけです

fw2019

どうにもならないので 消毒をした数日後 水洗いをしました

ほんと うまくいけば うまくいかないこともあり まだまだ正念場は続きそうです

そうそう いいニュースと言えば バタフライピーが開花しました

bp2019a

bp2019b

ネットの画像通りの花でした 当たり前か ( 笑 )

それでも やっぱり自分で咲かせたものは 嬉しいものです

ずっとずっと 心に残るしね

こうして 心に残っていることは 何年経っても 何十年経っても 覚えているもの

そして つながっていくものだと思います

今でも 何で農業をしているのか そして 続けているのか 全く分からないし

生まれ変わっても 農業をするかと言われれば 今の私なら 絶対にやらないと言うけれど

それでも DNAに組み込まれているならば やるんだろうなと

だったら もう少し考え そして 動いて 今の形を変えるというか

新しい形を創り出したいかな


まだまだ正念場は続きますが 何となく 光が見えてきたというか

次のステップが見えてきたようです

今週も いろいろと盛りだくさんです そして 来月も

休む暇などありません 



バタフライピーの花芽
前だけを見て 1つ1つ積み重ねていけばいいものの

全ての人ではないだろうけど 私は 過去を思い出し 1つ1つをつなげてしまう癖があります

そのため 精神的に良い部分もあれば その逆で 疲れてしまうことも

過去を振り返ったところで 過去に戻ることなどできないと知っているのに

可笑しなものです ほんと

先週末 中学時代の先生に会い 中学時代の過去が鮮明に蘇り

2日ほど いろいろと考えることになりました

そして 今日 ちょうど1週間ですが 高校時代の友人の母に 偶然会いました

思い出したのは 同級生の2人で 私が とても影響された人たちです

正直 なんで 今なの なんで このタイミングで と 戸惑っています

偶然なのか それは分からないけど 2人とも 農学部へ進学したということ

あの時代 農業全般が人気がなかったのに なんで その道を選んだんだろう

当時は とても不思議でした

なにせ 私に頭の中には 全くなかった選択肢でしたから

1人は 女の子 動物が好きだったようで 獣医になりたいと言っていたのを思い出します

もう1人は 男の子 浪人して 獣医になり 国の機関で働いています

私はと言えば 家には 犬や猫がずっといた環境でしたが 特別な感情はありませんでした

それが 今 農業の道を進んでいるんですからね 不思議なものです

もし 会えたら やっぱり聞きたい

なぜ 高校時代 農学部へ興味を持ったのか そして 進学をしたのか

そして 大学で どんなことを感じて どんなことを学んで 今があるのかと

私には 農学の基礎が全くないわけです だからこそ 自由に思ったことをやれることはあっても

何をしたいのか 何に興味があるのか それが分からなくなる時があるんです

考えれば 目の前に課題があり 大きな壁があり あるいは 新しいことへ反発されることで

1つ1つ 今まで やってこれたんだと思うわけです

そして 今 私自身 次のステップへ進むために 整理しなければならないと思っています

中学時代 そして 高校時代の友人 もうこの世を卒業している人もいます

親もそう 年を重ねれば いろいろと病気になり 動ける範囲も限られてきます

それは 当然 私にも当てはまることです 

ちゃんと見つけないといけない 見つかればいいなと思っています

その2人には いつか 会える機会があれば 会いたいと思っています

そして その当時 見ていたもの 感じていたものを 教えてもらいたいです


さて 地元の高校生たちと育てている バタフライピー

発芽させ 大きな鉢に植え替え そして ようやくと言うべきか どうなのか分かりませんが

いくつか花芽を持ってくれました

butterflypea

いつ咲くのか どんな花なのか ネットの画像を見ればわかるものの

やっぱり 初めて見る花なので とても楽しみです

明日は 美濃加茂 高山 そして 奥飛騨 夜中には 再び美濃加茂へ

相変わらず バタバタとした1日となりますが 

運転時間が長いので いろいろと考えながら 頭を整理する日にしたいと思っています



なんとか
さて 手土産プロジェクト事業 拡大しています

ヤギさんの堆肥を活用して サツマイモ栽培 今年は 今までの3倍です

言ってみれば 作業は3倍 人は 今まで通り ( 笑 )

苗代は 当然 3倍

考えると やっぱり 農業なんて やりたくないですね

生まれ変わっても 農業をやるかと聞かれれば やらないと言います

なんで 農業に手を出してしまったんだろう その答えは ずっと見つからないんだろうな

だから 自分で答えを見つけることにしないと 自分なりの答えを ね


サツマイモを植える場所は 耕作放棄地を利用しています

今年は 5品種で 3500本ほどを植えました

植える作業は 手土産プロジェクトを進めている 加茂農林高校の生徒たちが手伝ってくれます

食品科学科の生徒たち それから 林業科学科の生徒たち 

sweet1

野外実習の時間があるので それを活用してもらっています

本当に助かります 彼らがいなければ できないですね

そして 植えた後が かなり大変です

根がつくまで 水をたっぷりあげます

この場所は 私たちの温室ハウスがあり そこから 畑管を利用し 水をまきます

農地を選ぶ際は 必ず 農業用水 ( パイプライン )があるかどうか ここがポイントです

何をやるにも  水が必要ですから

ここを知らないと 使い勝手が悪い農地を手に入れてしまい 

新規就農者は 泣く泣く断念するんです

農家だって 使い勝手の良い 水がある農地は貸さないですからね 当然のことです

sweet2

この日は 水やりだけで 4時間ほどかかりました

作業が終わったのは 午後8時 ( 笑 )

辺りは すっかり夜モード 暗かったです

ですが これをしっかりやらないと せっかく植えた苗たちは 枯れてしまいます

で 翌日

作業を終え サツマイモのを植えた畑へ

今日も しっかり水やりです

sweet3

なんとか 今日は 午後7時半に終わりました

明日 水をやらなくてもいいように たっぷりあげました

土曜日は 1日雨が降るようなので これで 根がついてくれるでしょう

根さえつけば 基本的に大丈夫なので 植えてから1週間ほどが大切です

あとは 雑草をどうしようかと それぐらいですかね ( 笑 )

それこそ ヤギさんに食べてもらおう と思ったところで

蔓系が大好きなので 雑草ではなく 間違いなく 芋蔓を食べてしまうでしょう

なので やっぱり 人力しかないわけです


とりあえず なんとか 予定していたサツマイモの苗を植えることができました

次は なんとか 根がついてくれること

サツマイモたち よろしくです



ネコの手
ネコの手を借りたい そんな状況が続いています

忙しいことは とてもありがたいこと

なので 嫌なことではありません

ただ 丁寧な仕事ができなくなること 丁寧に対応できなくなることもあり

それだけが 気になります


先日 中学時代の先生に偶然会いました

小学生時代からの同級生と一緒に 再び会うことに

忘れていたというか 封印していたというか

当時のことが1つ1つ 丁寧に思い出され

体は50間近のおっさんなのに 心だけは 当時のまま

ほんと おかしなものです

2度と戻れないことは 百も承知

それでもね いろいろと考えてしまいます

ほんと いろんな意味で 弱かったし 自信がなかったわけです

経験を積んだことで 成長したと思うものの それでも 

不安や自信がない自分を隠すように 鉄の扉を作り 強がっているものです

考えてみると 自信がついたというよりは むしろ

鉄の扉を作るのが上手になった あるいは 厚みが増したように感じます

あぁ こうやって 体だけは 日に日に年を取っていくのに

私の心だけは 子供のままなんだなと

恥ずかしい話 成長できていないんですよね ほんと


さて 明日からも忙しい日が待っています

1つ1つ できる限り 丁寧に進めていこうと思います




ぞくぞくと
昨日と今日 ほんと蒸し暑い1日でした

山羊さん除草隊のお仕事は 相変わらずです

人手不足から 緑地管理をする人たちがいない その上 シルバーの方々も除草を敬遠しています

この時期ですから 熱中症になってもいけないし 法面での滑落事故もありますから

それでいて 開発はどんどん行われていくわけで 

ほんと どうするんだろう 

耕作できない農地も どんどんと増え 耕作放棄地は増え続けています

隠れ耕作放棄地なんて言葉も そろそろ生まれていくでしょうね

嫌味ですが ( 笑 ) 

こうした状況を考えないのであれば 現場は やれることをコツコツやるだけ


さて 山羊さんのつながりは広がるだけでなく ちゃんと継続しています

sweetpo1

手土産プロジェクトの高校生たちと園児たちが 共同でサツマイモの苗を植えました

goat lesson

ヤギさんのふれ合い授業 今年もスタートしました

美濃加茂市内 ほぼ100%の小学生たちが ふれ合い授業を受けます

教育委員会が主催しているというのが とても画期的なことです

さらに 岐阜県の保健所からも応援がありますし 岐阜大学の学生たちも手伝ってくれます

地域の課題は 地域で解決する

先日も 年金を当てにすることなく 老後2000万円用意しておけ

みたいなニュースが流れたわけですが 

その前にやることがあるはず 

といったところで 聞く耳持たず また デモが起こるような国でもないから

だったら やっぱり 嫌味ですが ( 笑 )

現場でやれることをやるだけ ひたすらやるだけです

コツコツと実績を残し やがて 1つの風が生まれればいいなと思っています

次の世代が何を感じ 何を目指すのか

今の大人たちに期待なんてできそうもないので 私は これからの世代に期待します