FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ふれ合い授業
ラグビーワールドカップ 盛り上がっていますね

高校時代 多少体格が良かったからか 担任の先生から 誘われたものの

走り続ける体力に自信はなく やりたいこともあったので お断りしたものの

体育の授業で ラグビーがあり なかなか面白いスポーツだなと

で 大学に入り 大学ラグビーの観戦デビューをし その魅力に取りつかれてしまいました

なぜ あんなに見る人を魅了するのか 

それは ラグビーそのものが 理想的な社会そのものだからなのかなと 思うわけです

特に 今の時代 誰もが 最も求めていることが 忠実になされていること

1人が飛び出し 相手とぶつかると そこには 仲間が集まり フォローし

そして また 前へ進む その繰り返し

人から人へ ボールは前ではなく フラットか後ろへつなげなければならず

後ろへ後退したとしても それは 前へ行くためのパスなわけです

人を育てるとは そういうことなんだと ラグビーを見ながら そう思っています

決して 前へ進む人を孤立させない そのチームワーク みんなでサポートしていく

残念ながら 今の日本 そして 社会はそうではなく

出る杭は打たれるし 打たれるなら反発できるから いいものの

知らないうちに 足を引っ張られてしまっている始末

新しいことに挑戦し 前へ前へ 突進して倒れても フォローなんてなく

それでいて 若手が育たない 人がいない なんて言っている現状 情けない

ラグビーは 人が育っていく環境そのものが凝縮されており そこに 感動してしまうのではないか

倒れても倒れても 立ち上がり そして 仲間の下へ

地味で地道なようで ずっと見ていると その反対 献身的にサポートしている人たちしか見えてこない

もちろん 人には それぞれ役割があるわけで どれが一番とかではない

自身が 今 どの立場なのか どこなら役に立てるのか 自己分析をして

自分が自分らしく 輝ける場所を見つけ そこで 献身的にやればいい そう思わせてくれます


さて ヤギさんのふれ合い授業 教育委員会主催となり 今年が2年目

今年も 美濃加茂市内 ほぼ100%の児童たち ( 1年生が中心 )  ふれ合い授業に参加しました

yagihureai1

yagihureai2

岐阜大学学生たちが中心となり ヤギさんクイズをします

岐阜県 美濃加茂市などの職員方も サポートしてくれています

そんな中 今年最後のふれ合い授業で 来年から受け持つ大学3年生の生徒たちも参加

先輩から後輩へ バトンが渡されました

その光景を見て とても嬉しく 目頭が熱くなりました ( 笑 )

私の役目は ふれ合い授業が 滞りなく行われるように サポートに徹すること

あとは それぞれ 役割に応じて 任務を実行するだけ

激しい体のぶつかり合いはないものの ラグビーに似ている部分があるなと 思っています

先輩から後輩へ バトンは渡されたものの 最初は やっぱり初めてなので 

多少 戸惑いはあるものの 少しずつ 今年より来年 といった感じで 

素晴らしい授業に なっていくことでしょう 

ネットなどで得られる知識より 自分自身の体験 そこが最も大切なこと

ラグビーで感動したことを 頭と体の中で しっかりと整理をして

自分自身が取組んでいる中で 何かしら 生かせればいいな そんなふうに思っています


明日 勝ってほしいな 

いやいや 勝つでしょう 勝つ流れなんですよ

スポンサーサイト