FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
わらアート
金土日 3日間 山梨に出張でした

第21回 全国山羊サミット 八ヶ岳で行われました

山羊ネットワークの世話人でもあるので 金曜日に行き 総会に参加

翌日 サミットが始まりました

ヤギさんを取り巻く環境は 急激に変化しているのが現状です

肉製品 乳製品 除草 そして ふれ合いという教育分野 などなど

その多目的な価値観に注目が集まっています

とはいえ 個々が 個々の判断で やれる範囲でやっているのも事実

継続できるような仕組みの下で 行われているところは 極々僅かでもあります

本来の畜産と呼ばれる 肉や乳製品において

牛や豚と比較して 淘汰された現実があり そこを しっかり受け止めないと

同じことを繰り返すだけ 結局 ヤギさんの評価は さらに落ち込み

人間の都合で 行き場を失ってしまうものです

この辺の意識が変わらない限り 本当の意味で 動植物との共生は 無理なんだろうなと

継続するには お金を稼ぐ手段が必要なわけで

とはいえ ビジネス一辺倒では 酷使されるのは ヤギさんたち

さらに言えば ヤギさんの疾病など 知識のある獣医師が少ないことも 大きな問題

やはり 経済動物としての扱いから 希望を見いださないと

若手の獣医師 これからの獣医師は 育たたないと思う

できることから 1つずつ 問題を提起しながら 今の時代に沿った形へ

学生たちと一緒に 何かできればと思っています もちろん ヤギさんたちとね

そんなことを思いながら 山梨を後に 車を走らせたわけですが やっぱり 富士山がきれい

yagisumit2019

最近 よく 富士山を見ます 先月は 静岡県側から

今月は 山梨県側から 


で 今日から 本格的に わらアート制作に復帰しました

今年は メンバーが 各々で 時間を見つけて 制作をしています

高校だったり 農協さんだったり 

で 目玉の1つ キリン ほぼ完成 あとは 細部が残っています

これを制作しているのは ずっと一緒にやってきた コメ農家さん 娘さんが同級生でもあります

kirin2019

後ろの木の葉を 本当に食べてしまうかもね ( 笑 )

まだまだ 制作していきます

harinezumi2019

これは ハリネズミの骨組み

もう少し 曲線部となるところに 竹を固定させ そこに 編んだわらを付けていきます

針のツンツン感をどうしようか 今日も 休憩時間に 話し合いました


さて

農業は芸術 楽しむことも大切だし 無駄だと思うことをやるのも大切

そこから 何を見つけ出せるか 何につなげることができるのか

身銭を切ってやる部分があるからこそ 新たな知恵も生まれ 大切にするわけです

完成お披露目が 12月7日なので そこまで 頑張ります

やらないといけないことが多い中でも 体は1つ

なので 計画を立て 1つ1つ完成させて 充実した1年だったと言えるよう

もうひと踏ん張りです






スポンサーサイト



おっさんは泣いている
おっさんは 心の中で ひとり泣いている

昨日 一緒に活動している 岐阜県立加茂農林高校の緑園祭がありました

同校の評議員 担い手育成アドバイザーなどやっているので

時間を作って 顔を出してきました

毎年 同校の緑園祭は すごい人で 朝から長蛇の列です


ヤギさんの置土産から手土産を作ろうプロジェクト もう何年になるのかな

正直 学校なので 研究 勉強が優先されるわけで 商品開発は二の次

なんて言うと 一生懸命やっている生徒たちに 申し訳ない気もするけど

やっぱりね 子供たちの成長が一番なので そこは 大切に見守っていきたいですね

さて 年々 先輩から後輩へ受け継がれているプロジェクトですが 

ほんと 毎年 どんどん進化していて 驚かされるわけですが

とうとう というか あぁ ここまでできてきたんだなと 

今年から 新たにスタートさせたプロジェクトもあり 私の方が 追いついていけない ( 笑 )

ほんとは 全部 細かく ここで紹介したいぐらいなんです

私だけの感動にしておくのは 生徒たちに 申し訳なくてね それぐらい 頑張っているんです


これは 新しく始まった バタフライピーを使用したプロジェクト

ほんと よくやっています

私の方が遅れていて 商品の試作が遅れてしまっているんです ごめんなさい

batabata2

batabata3

で ヤギさんのミルクを使った商品も 少しずつ

キャラメルポップコーン 今年から 緑園祭で販売 即完売でした

ちゃんと トウモロコシから栽培したし ヤギさんの堆肥を使って 

これは 森林科学科の生徒たちと一緒に育てました

batabata1

で ドーナツはと言えば

batabata4

今年は 喫茶ん手のモーニングでも 提供されるたり 一気に前進しました

そのためか 子のドーナツを目当てに来るお客さまが 年々増えていて

買える個数を制限して販売したにもかかわらず これまた あっという間に完売

で 私が とても感動したのは これ

batabta5

ドーナツに 小さいヤギさんの焼印

おっさんは 心の中で 泣きました

生徒たちの力 それを支えてきた 先生たちの力 改めて感動です


あとは 私が もっと頑張らないとね

子どもたちの思い そして 出してきた結果を 私がもっと応援しないとね

ありがとう いつも 元気をもらっています

 
 
秋っぽい
夕焼けの色鮮やかさを見ると 冬の到来を感じます

fall2019

この時期は ギリギリ 実りの秋

強いて言えば 収穫したものを ひと手間加えて 提供する

そんな言葉が 適切でしょうね

各地で 市民祭り 産業祭 農業祭 などなど イベントがあちこちで開催されています


さて 明日 ( 9日 ) 明後日 ( 10日 ) 大丸東京店にて 全国の農業高校の収穫祭があります

2019全国農業高校収穫祭

HPには記載されていませんが 私たちが一緒に活動している 

岐阜県立加茂農林高校も参加します

ヤギさんの置土産から手土産プロジェクトで生まれた 商品

サツマイモのドーナツ それから クッキーも販売されます

とにかく 全国各地から集まってくるので とても楽しいと思います

会場は 地下と12F 私たちの高校は 12Fなので アクセスはちょっと悪いかも

それでも いろんな刺激を受け 今後に生かしてくれたらいいなと

バタバタと忙しいですが 何とか 時間を作って 視察に行こうと思っています

12月 新宿でもミニ催事 やぎマルシェを開催する予定だし

打合せを兼ねて 日帰りをしようと思います

お時間がある方は ぜひぜひ

高校生たちがやるので 利益はありません つまり 原価です

お得ですよ


秋は ほんと短いし 忙しいし 時間に追われますが

私も たまには 秋っぽい収穫祭を 楽しんで来ようかと思っています



行き場がない
さて 本当に朝晩の冷え込み かなり厳しくなってきました

寒さを感じない私でも さすがに 朝晩は 長袖を着ています ( 笑 )

放射冷却のせいか 景色の色彩が 本当にきれい

色が濃く感じる というか それぞれの色が それぞれの特徴を 遺憾なく発揮している

ちょっと大袈裟な言い方かもしれませんが ( 笑 )

beautiful

今年も 残るところ あと2ヶ月 早いものです

11月も 相変わらず やることが詰まっていて かなりヤバい状態です

それでも 無理をしてなんぼ 今は ひたすら 汗をかく時だと思い

早朝から夕方まで 外で動き回っています 

夜は 事務処理 それから 計画などを練ったり 整理したり いろいろです

寝る前は ストレッチ これ 最近 欠かせません

歳のせいか 朝になると 体が固まっているのか 腰が痛い

体が温まると 痛みは取れるのですが 起きた時ですね やっぱり


ようやく 栗の収穫が終わり サツマイモの収穫も そろそろ終盤へ

銀杏の収穫も始まりましたが 昨年から 銀杏泥棒が出没していて

今年も やってきました 今日ですね 盗まれたのが それも 白昼堂々とですからね

農家にとって これが 一番堪えること

天候などによるものは 受け入れざる得ないけど 盗みはね こればかりは

ほんと許しがたいこと

この類は 行き場がない怒り というか ショックを受けるものです

気持ちの切り替えが 本当に難しいんです


生きていれば いいことも 嫌なこともあるわけで それこそ

行き場のないことばかり それでも 気持ちを整理して 前へ進まないといけないわけで

犯人捕まえたところで 心がすっきり 晴れやかになるわけではないし

この世から 悪はなくならないだろうけど 

頼むから 自分の目の前では 起きてほしくない 自分勝手な思いですが

1つ1つ 啓発活動を含め 発信していくしかないのかなと


私のとって この時期は 作物の収穫に追われながらも

自然の色彩 その鮮やかさを 楽しむ季節でもあります 

正直 そんなことを楽しむ余裕がないほど 忙しいけれど 

それでも 見えてくるものは 見る意識がなくても 飛び込んでくるので

ちょっと 立ち止まって 見て 体中で感じるように 心掛けています



 
バカバカしい
現場を知らないばかりか 知ろうとしない 

知ろうとしないのは 端から 現場をバカにしているから

さらに言えば 自分の頭がいい すごいと勘違いしているんだろうね ( 笑 )

ほんと バカバカしい そんなことばかり

誰も責任を取らないし これでは まともな次世代が育つわけないよね


大学受験が変わる 民間の英語検定を導入

だからというわけではないけれど 娘も それなりに勉強し 試験を受けてきました

試験受けるのにも 当然 お金がかかるのに

身の丈に合った とか 人を見降ろした発言 

仮に 心の思っているところとは違い たったこのひと言で 誤解を生んでしまったかもしれないけれど

やっぱり 子を持つ親として 我が子に一生懸命になるわけで

無理をしてでも 将来のために なんとかしたいと思うわけ

で ここにきて やめます

今までの時間 おそらく 有識者の会議だって タダではないはず

それに それに費やしてきた 国費だってね

時期が早くて良かったとか そんな問題ではなく もう少し 真剣さを持ってほしい

やってきた勉強は 無駄になるわけではないから とは言うものの

やっぱり 当事者たちは それなりに責任取るのが筋

東京オリンピックのマラソンもそう 8月にやること つまり 酷暑の中でしょ

外で働いている人たち アスファルトの上で頑張っている

建設作業員たち ガードマンたち どれだけ きついのか そんな中 走れるかって

普通に考えれば分かること 分からないとおかしいこと

言ってみれば やるのは選手たち 自分ではないから だから こういうことが起こる

で 今になって でしょ

何でも 利権 利権 利権ばかり考える輩が多いから こんなことが起き

問題が起きても 我関せず 知らないふり ほとぼりが冷めるのを待つ

バカバカしい 

とはいえ そんなバカバカしい世の中 とりわけ 日本で生きているわけだから

毒を吐くだけでは 私も 口先だけになってしまうので

だからと言って デモでも起こせば 今は 捕まってしまう

なので 現場で やれることを 1つ1つ というわけです ( 笑 )


さて 今日は 午前中 高校でわらアート制作の指導

waraartkamonourin

午後からは 耕作放棄地を開墾し サツマイモ植え 生徒たちと一緒に 芋掘り

sweetpotato1

授業の一環として 野外活動 地域を意識した活動をしています

実際 現場へ行き 自分たちで考え そして 汗をかき 

小さくとも 1つ1つ形にしていく そんな生徒たちの方が どれだけ 頑張っているか

大人たち もっと頑張れよ もっと責任の取り方を見せてやれよ


私自身 こうした生徒たちと接することで 自分自身を見つめ直す機会を頂き

真っ直ぐ進むこと 利益追求だけでは 必ずどこかで 無理が生じること

人としての根本的な部分を 学んでいます

彼ら 彼女たちが どれだけ まぶしい存在なのか 

現場は宝物 


毒を吐くことは たまには必要です ( 笑 )