FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
より大胆に
2019年も残りわずか 本当に1年の経過は 早いものです

1年を振り返ってみれば 年が明けて書いた 書初めそのものでした

温故 という言葉を選び 前へ進むために もう一度 今までを振り返り

当時は 自分自身の未熟さ あるいは 時代の流れもあり

心に響かなかったことも いろんな経験を積んできたことで

今ならできる これから必要とされる そんなことも見えてくるのではないか

そういう想いがありました

過去を過去だと決めつけ 振り返らない生き方の方がいいのかもしれないけれど

私の性格からすれば やっぱり そう割り切ることができないわけで ( 笑 )

いろんなことを結びつけながら 自分が生まれた意味 そして 生きていく意味を整理し

残された時間を より充実させながら 楽しめたらいいなと

で 2019年が始まると 不思議な現象ばかり

中学時代の先生とばったり会ったり そこから 30年振りに手紙が届いたり

いろんな迷いがあり なかなか吹っ切れなかったことが 堰を切ったように

勢いよく 再び 流れ出し 最初は その早い流れに乗ることもできず

苦しみ もがきながら どうにかこうにか 心を整理しながらの1年でした

1つ1つ やれることを積み重ね ひと段落したのは つい10日ほど前

やはり 疲れがたまっていたのか 鼻の中が痛いなと思っていたら

眼球の血管がきれてしまったようで 片方だけ ウサギさんのような目になり

大事に至らなかったものの 症状も落ち着きだしたら 今度は 耳から血が ( 笑 )

これも 外耳炎というか そんな感じだったので 良かったものの

体力的なことを考えると 来年は いよいよ50だし 今までのような無理はできないなと

で 思い切って 今年の年末は 過去の書類などを 一気に整理しました

するとね 不思議と新たな出会いがあるわけで

自分が望んでいた方向へ これまた 動き出しそうなんです


さて 2020年は 今まで以上に より大胆に攻めます

私にとっては ある意味 人生最後の攻めになるのかなと ( 笑 )

とはいえ 攻めも1年で完結するわけではなく 5年なのか 10年なのか

攻めの理由は 次の世代が台頭できるようにという 強い想いがあります

もう 政治主導の時代でもなければ 中央主導でも限界があるわけで

地方が いかに元気を取り戻せるか 現場を第一に 人を育てられるか

地方の現場しかできないことを しっかり見極め しっかり形にしていく

今までのようなやり方ではなく 1つ1つ やれる範囲で 殻を破っていきます

奥飛騨の温泉農業 美濃加茂の山羊農業

奥飛騨の温泉農業には 奥飛騨ドラゴンという本があります

美濃加茂の山羊農業には 山羊さん除草隊という本を 今年の春 出版する予定です

紆余曲折があり 出版が2年ほど遅れてしまいましたが これもまた タイミング

温故の1年があったからこそ 書き上げることができたわけだし

正直 かなりきつい1年でしたが 将来 振り返った時に この1年

2019年は 私にとって 最も大切な1年だったとなるんだろうなと思います

高2の娘は 早朝 千葉に向かいました

通っている高校のサッカー部の応援です 吹奏楽部なので

普段は クラリネットを演奏しているのですが 理由があって サックスをやるようです

年が明けるか 明けないか そんなタイミングで 戻ってくるようですが

勝てば 2日から3日まで 再度 千葉へ

受験勉強 本格的に始まる年になりますが 人のために応援することも とっても貴重な経験

岐阜代表も1枠しかないわけで 娘が部長の時に行けることを考えると

いい経験しているなと 親バカながらに思うわけです

この時 この時間は 今しかないわけで とにかく 思いっきり やり切ってほしいです

こうした機会を作ってくれた サッカー部の子どもたちには 感謝しかありません

同時に これから 娘の成長に伴い 大晦日を 一緒に過ごすことがなくなっていくことを考えると

寂しい気持ちもありますが これも 成長してくれている証

本来なら 成長していることに 心から感謝し 嬉しいことでもあるわけです


ちょっと 長くなってしまいました まぁ いつものことですが ( 笑 )

2020年は より大胆に 攻めます

今年1年 ありがとうございました

来年も よろしくお願いいたします
  
kibou



 






スポンサーサイト