FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
追い風として
久し振りの更新です

2019年度 たまっていた仕事は 年明けに集中してやったことで 無事終了

これで 2020年度以降 新たなスタートが切ることができます

農業を始めた頃と比較して いろんな環境がかわってきたなと 

特に 年末年始の暖冬を 目の当たりにすると

正直なところ 今年の果樹は 大丈夫なのかなと 心配です

本来 越冬できない害虫 寒い間 じっと耐え エネルギーを使わないようにしていた木々たちも

いわば 冬眠することもできず 春先から どんな影響が出るのだろうと思ってしまいます

日本においては 岐阜から始まった 豚コレラ

沖縄でも発生してしまいました これで 基本的なところは

人 私たち人間が 運んでいることが 証明されたわけです

考えてみれば 私たちも 地球上の1つの生物 動物に過ぎず

私たち人間だけが 理性があり 環境をコントロールできると信じ切っていること自体

とても愚かで アホくさいことなのかもしれません

ひょっとしたら 増え続けてきたものに対し こうしたウィルスは 警笛を鳴らし

仕切り直しではないけれど 元の良い状態に戻そうとしているのかもしれません

こればかりは 1日単位 1年単位 10年のスパンでも はっきりとした答えは 見えてこないでしょう

ただ 私が思うのは 生産性重視の時代は終わったということ

それでも 貨幣価値がある以上 なかなか 難しい問題です

環境をキーワードにした 仕事が 1つのキーワードになってくることは予想できるものの

口先だけの環境事業には 発展してほしくないと 強く願っています

地方再生だとか 地方創生だとか 聞きなれなかった当時は

私たち地方人にしてみれば 胸躍るような期待もあったわけです

しかしながら 実際に 蓋を開けてみると これまた いろいろとね 大人の社会なわけで ( 笑 )

これが現実であり 社会であり そうなると 

今の世代の若い子たちが エコに生きていきたいと思うのは 当然のことだと思うわけです

そうなってしまった原因があるなら できる限り 把握 そして 分析し

今の時代にあった形を提案し 実践 そして 実績を発信していくことが大切かと


こうした 予期せぬ状況を マイナスに捉えるのではなく むしろ

社会が変わっていくために 必要なことだと むしろ プラスに受け止め

追い風として 味方につけていければ 新しい扉を見つけ 開けることができるのかもしれません


   
スポンサーサイト