FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
風向き
NBAの選手が コロナウィルスに感染 そして シーズン中断

正直 このニュースを知って 驚きよりも むしろ 風向きが変わると

私も たった1年ですが 高校時代 アメリカで生活をしたことがあります

やはり アメリカという国は スポーツが盛んな国であり

部活動も 日本のように 1つをずっと続けるのではなく 季節というか シーズンごとで行われます

どちらがいいか そんなことではなく

まず スポーツに参加すること 楽しむことが原点にあるんだ

そして 才能がある人間は いくつかのスポーツを掛け持ちすることもあり

実際に 日本でいう 投手と野手という二刀流ではなく

違うスポーツでの二刀流で 大学スポーツに打ち込み プロへ行くことだってあるわけです

そんなスポーツ大国の放映権は 莫大なものでもあります

中でも 4大スポーツと言えば NFL MLB NBA NHL

つまり アメリカンフットボール ベースボール バスケットボール そして アイスホッケー

この他にも ゴルフやテニス ここにきて サッカーやラグビーも盛んになっています

その4大スポーツの1つ NBAが中止したことは とても 大きな意味があると思います

もちろん このまま コロナウィルスが収束すれば 何も問題はないわけですが

私は 今回のことで 東京オリンピックへの風向きが 大きく変わる 変わるだろうと思っています

自粛により 経済活動をストップしてしまえば 経済は破綻をするだけ

民間事業者とは 常にそんな危うい状況の中で 日々仕事をこなしているわけです

ですが それを選択して 事業をしているわけなので 

この危機的状況 その責任を国に求めるのは ちょっと違うかなと

ただ 国として 国民を代表して あるいは 国務についているのであれば

気概を持って 揺るぎない気持ちで 国民を引っ張っていってほしいと願うわけです

こういった状況になれば 何をしても 反発はあるもの

国民全員が納得することなどないと割り切り あらゆる分析の下

大きな決断 勇気ある決断をしてほしい その判断が鈍れば そして 遅れれば遅れるほど

傷口は広がり 治りが遅くなっていくもの 

あるいは 治ればいい方で 後遺症が残ってしまうことだってあるわけです

考えてみれば 豚コレラもそうでした

なかなか ワクチン接種が認められず その対応に当たっていた地方の役人たちは 疲弊し続け

今なお 私たちの知らないところで 心に傷を負っている人たちだっているはずです

関東に広がりを見せ 発生し続ければ 非清浄国となることが見えてくると

ワクチン接種を決断 実際のところは どんな議論をしてきたのか 分からないので

軽々しく言えることではないにしろ こうした事実から 

誰にも責められない ある種の 「 正当な言い訳 」 が成立するまで 時を稼いでいるようで

そう考えると オリンピックの放映権など スポンサーとなっているアメリカ企業

今回のNBAシーズン中止決定から想像すると 

政府にとって オリンピックを中止するための 「 正当な言い訳 」 の1つが できたのかなと


さて 個人的な意見として こんな中途半端な状況 経済的にも厳しい状況の中で

本当に オリンピックの恩恵が 日本にもたらされるだろうかと考えてしまいます

いっそのこと 来年 あるいは 2年後と決断し 

それまで 国を挙げて 耐え忍び そして 頑張ろうと 大きな声で 演説をしてくれた方が

国が1つにまとまるのではないかと そう思ってしまいます

21世紀は 経済活動優先路線からの脱却 精神を磨く そんな世紀だと思っています

動植物との共生共存 ウィルスの恐怖とどう向き合い どう付き合っていくのか

実家に 高齢の両親がいるし 私自身も 気管支喘息を患っていたことから

正直 とても怖いけれど それでも 今は 何か1つ 光を見つけて 前へ進めたらと思っています

その光を国民に与えることこそが 政府の役目だと思っています

批判されること 非難されること そういう立場であることを承知して 大きな決断をしてほしいです


さて 不思議なもので ハウスの中で 作業をしていると 

ニュースなどとは遮断され コロナウィルスの影響なんて 全く意識することなどありません

ブラッドオレンジの花 いつものように いつもの時期に ちゃんと蕾となり

白い可憐な花を 咲かせ始めています

bo2020
  
bo20201

ちゃんと 世話をすること 当たり前のことですが 何か1つでも 欠けてしまえば

花は咲きません そして 実もつきません

成果や結果より 過程の大切さを どうか もう一度考えてほしいと願っています

 




スポンサーサイト