FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
勝負どころ
正月は 母校である明治大学の学生たちを応援する ラグビー そして 駅伝とあり

テレビの前で 観戦させて頂き 体を休ませることができました

結果は 共に残念でしたが 改めて 準備 そして 勝負どころ

さらに言えば プラン通り進まなかったときの対応力 それらの大切さ 学ぶことができました

スポーツであれ 仕事であれ 何であれ 全く同じことである

もちろん どこに目標を置くかにもよるでしょうが 頂を目指す選手たちからすれば

その目標が 及ばないと感じてしまえば 気持ちは切れ バラバラになっていくもの

団体競技であれば 意思の疎通が大切であり 良くも悪くも 大きく影響することは 言うまでもない

良くやったと言えば それまでだし 偉そうに 外野がとやかく言うことではないが

それでも 結果というものがある限り そこから目を逸らしてしまえば 転がり落ちてしまうだけ

どこで 歯止めをかけるか プラン通りに行かなかったときのためのプラン

当然 準備しているだろうし 目標設定の変更もしているだろう

ただ それを 全員に周知させる 意思統一させることの大切さ 難しさを感じました

特に 駅伝となれば 来年に向けての シード争いもあるわけです

極度の緊張 ギリギリの体力勝負の中で 選手同様 見ている私自身も 学ぶことができました

tea

先輩から後輩へ バトンを渡していくのは 学生だけのことではなく

私たち 社会人も同じこと その意識が薄れてしまったこと

それが 次世代を育てることができていない 大きな原因でなかろうか

育てるには お金がかかる 人もいる そして 場所もいる 何もかもがいるわけです

1つでも欠ければ ズルズルと後退を 余儀なくされる

どこかで 歯止めをかけ プランA プランB あるいは プランC いくつも用意し

プラン変更も頭に入れ その場で 想定外のプランを創り出すことが 求められている

このコロナ禍を乗り切るには 想定外のプラン それを創り出せる人材が 求めれているのではないか

将来の不安は 誰しもが抱えていること それでも 自分自身を信じ

とにかく 母校の教えである 前へ進むことを 強く意識して 頑張っていきたい


明日から 少しずつ 通常通りの仕事に 戻っていこうと思います



スポンサーサイト