FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
騙し合い
社会で生きるというのは ある意味 騙し合いの中で生きることなのか

本音と建前を うまく利用し 結局は 自分の思うように進んでくれたらいい

そう思うのが 人として 当たり前の感情ではなかろうか

ただ 全てが 自身の思うようになり始めれば それはそれで 退屈になり始めた兆し

そう考えると やはり 思うようにいかないことばかりの方が 私には 楽しいかも

もちろん それは 最後の最後では ちゃんと帳尻を合わせる

つまり うまくいかなかったことも 何とか修正し 形を変えながらも

それなりに 結果が伴っていること 要は 自分が納得した形に 納まることが大前提

結局は 自分の思うようになってほしいものの その過程が 大切なんだよね 私には

社会に出ると 過程ではなく 結果 あるいは 成果 そして 実績が重んじられる

それはそれで 仕方ない それが 限られた時間の中で 人が人を判断するには

それが 誰もが 共通した 判断しやすい材料だから

ただ 人を判断するとき 時間があれば その過程を 見てみたいと思う

そうすれば 隠れた才能 これからの成長を読み取れ 

結果として 人が人を育てる そんな環境が 整っていくのではないか そう考えたりもします

いい人もいれば その逆もいる

でも 実際は 自分にとって いい人であり その逆であるわけで

視点が変われば いい人も その逆も 簡単に 入れ替わるんだろうね

そんな価値観が違う中で 生きていくのだから やっぱり 騙し合いなのだろう ( 笑 )


さて 先日 ハウスにある レモンの木を手入れしていた時のこと

擬木

2日ほど前から レモンの葉に 幼虫の糞を見つけました

夏になると アゲハ蝶が卵を産み付け 幼虫が レモンの葉を食べ 大きく育つのですが

今は まだ寒い2月 蝶々の幼虫なんていないはず

これは 去年のものなのかと ずっと 何だろうなと思っていました

で 少し 時間があったので 新芽が出始めた枝を じっくりと見ていたら

気付いてしまいました ( 笑 )

気付かれた方は まだ気付かれていないと思っているのか 枝になりきっています

意地悪にも 私は 棒で突いたりしながらも 私は 気付かないふりです 

体を くねくねさせながらも 最後には また 枝になりすまします

そんなことを5分ほど続け 最後は 外に出しました

これも 些細なことだろうが 騙し合い

生きるということは 騙し合いが基本

だからこそ 純粋に思う気持ちは 尊く 誰もが 心動かされるのだろう

純粋な気持ちを持ち 生きていきたいです





  
スポンサーサイト



それぞれ
今日は 春というか 初夏のような暑さでした

1日外仕事 山羊さんたちが 放牧される 柵を設置していたので 半袖でした

汗をかくので タオルが必要 そして 喉が渇きました

暑くて 寒さを全く感じないし お天道様の下での作業は ほんと気持ちいい

放牧されるエリアも 例年より 少し早めに 青々としてきているようです

クローバー タンポポ ホトケノザ などなど いろんな草が 顔を出し始めました

このところ 聞かない日はない言葉 まさに 多様性といったところでしょうか

管理されないと 強い草 優占種だけが生き残り 単調な植生になってしまいます

常に管理され 背丈も抑えられれば 太陽の光は 根元まで届き

背丈の低い草たちも 元気になり いろんな草花が

それぞれのタイミングで 成長していきます そんな春が好きです 花粉症さえなければ ( 笑 )


さて この時期の ビニールハウスには 気を遣います

朝晩は まだまだ冷え込むので 外気が入らないようにしなければならない

太陽が顔を出せば ハウスの温度は 一気に急上昇

紫外線も強いので 植物たちは あっという間に ダメージを受けてしまいます

そんな中 ぶら下がっている パッションフルーツの収穫が そろそろです

いわゆる 一般的なパッションフルーツ

ノーマルパッション

ジャンボパッション 大きいです

ジャンボパッション

そして イエロージャンボパッション 果皮は黄色 そして とても大きいです

イエロージャンボパッション

それぞれ 特徴があります

イエローは かなり結実が悪く あまり 実がならなかったのですが

何かしら 原因があると思うので 今年は それを探るべく いろいろ試してみたいです


明日も 木柵を作る仕事です 

山羊さんたちが 放牧される日が 待ち遠しいです


プレッシャー
昨日は 寒波の影響で 体の芯から冷える そんな寒い1日でした

三寒四温という言葉通り 寒い日 暖かい日 繰り返しやってくる時期です

春が来たと思い 慌てて 新芽を出すと 霜が降り たちまち 花芽がやられてしまう

来週 寒波が来るから もう1週間 新芽を出すのを待ってと 木々に伝えたいぐらいです


さて 奥飛騨の温泉事業を 切り離したことで 失ってしまったことも多々ありますが

反対に 時間的な余裕が生まれ こころの余裕につながっています

そうなると 不思議なもので 今まで 動かなかったことが 新たに動き出すもの

昨日は 山羊さんたちの本拠地 ぎふ清流里山公園にある 茶畑の管理を 引き継ぎました

今まで 白川町が管理し 白川茶として 流通していました

茶の売上げも伸び悩む中 経費もかさむことなどから 私たちが引き受けることに

tea
 
面積的には 7畝ほどあります 

私がすべきことは まず 茶の可能性を 探ることです

大げさな言い方ですが どんな方法で どんな手法で 茶の価値を変えられるか

正直 ここの管理を考えれば 最初から 利益を得ることは 考えておりません

ただ1つ言えることは 1年 管理をしないと あっという間に荒れてしまう

荒れたら 誰が管理をしたいと言うだろうか

茶の単価も芳しくなく 茶の生産地も 苦しんでいるようだし 茶だけではないでしょうが 

雪に覆われた写真だけを見れば とても 良い場所だなぁと 思いますが ( 笑 )

いつ見ても 良い場所だなぁと 私たち自身が 思えるように

こころに余裕をもって この茶畑を 管理していきたいですね 

今は 正直なところ 引き受けてしまったことに対し プレッシャーを感じています

やっぱり管理ができないと 途中で投げ出さないようにね

頭の中では どのように進めていくのか すでに計画は 出来上がっているので

あとは 実践していくだけです

今回の茶畑管理は 売上という結果 成果ではなく 

どうやれば 管理ができるのか 管理していくために どう道筋を立てるのか

そこに重きを 置いています

県営の公園にあるので 少しでも 公園に 足を運んで頂けるような

そんな形にすることも とても大切なことですからね


さて 私事ですが

岐阜県から委託を受け 温暖化防止活動推進員として 取り組んでいます

そこで 動画がアップされたので お時間があれば ぜひ 見てみてください

ヤギさん除草隊 温暖化防止活動推進員

情報を発信することは とても プレッシャーがかかります

いろんなご意見を どう受け入れ 解釈し 自身の中で 消化していくか

プレッシャーを味方に 活動を続けていきたいと思います



    

 
現実主義者
私は 相当な 現実主義者です

理想を掲げます 理想を語ります そして 理想を求めます

しかし その理想を実現させるために 何が課題 どうすればクリアできるのか

自身が現場で しっかり感じ取ったこと 蓄積されてきた経験を元に 

1つずつ ゆっくりと 丁寧に それこそ 絡まってしまった糸を ほぐすように 進めていきます

なんだか 格好良く 聞こえもいいですが それしかできない ( 笑 )

会社を大きくすることも 取組みの輪を 大きく拡げることも できない

自身の目の前にある 小さなことを やっていくだけで それでも 痛みは伴うもの

切り捨てる勇気もなければ それ以上に カバーできるような そんな能力もない

だったら 裏切らないよう 地道に進むだけ

ただ いつか 信頼できる仲間 つながりが 殻を破り ひと皮むけることもあるでしょう

それには 次世代を意識した 世代交代 人材育成が全て

努力は 自身が 望む形にならなくとも 地域にとって 仲間にとって 将来の自分にとって

必ず 望ましい方向へと 導いてくれるもの だから 努力を続けることが とても大切

そして 将来を意識して 種をまき続けること 新たな芽は 新たな希望になるから

こうやって 現実主義者の私は 理想と現実の間で バランスを取っています

tanuki

先日 小さな子だヌキちゃん 歩いているところを 見かけました

体のどこか悪いのか 野生動物に似つかわしくない ぎごちない動き

そんなんで ご飯にありつけるだろうか などなど 考えてしまった

それでも 彼らが まだ 私たちのそばで 生きていることを実感

彼らにも 当然 生きる権利があり 私たち同様 地球の一部です


さて 今日は 朝から まとまった雨が降りました

この雨が 地震に影響がなければいいなと 祈りながらも 

乾いた大地には 恵みの雨であったことは 否定できない

ノコギリで切ってしまった 私の指にも この雨は 傷の治りに 恵みの雨


子ダヌキちゃん 元気で 生きてね   

1本2本のトウモロコシなら いいけど さすがに 全部は食べるのは やめてね

まっ 伝わらないか ( 笑 )

取られるのを 覚悟しないとね それが 自然の中で 生きるっていうことだから




共同作業かな
今週は 管理している 銀杏の剪定をしています

剪定と言っても 強剪定 太く伸びてしまった枝を 思い切って 切り落としています

そろそろ 暖かくなり 新芽が出始めるので 急いで やっています

銀杏の木は 30本ほどあり ようやく 残り10本ほどになり ゴールが近づいてきました

栗の木と違い 毎年 剪定をしてこなかったので 今回は 大仕事

太くなったものは チェーンソーで切っています

足場を確認しながら 倒れる方向を 見計らって 切っていきます

おそらく 今年は あまり実がならないでしょう 

その反面 栄養が行き届き 大粒になるかも と 淡い期待

年々 木が大きく育ち 実が小さくなり たくさん実をぶら下げた 木が きつそうにしていたので

そろそろ やらないといけないと思い こうして 作業をしています

正直 私は 高いところが好きではない ( 笑 )

ある程度の高さなら 何とも思わないけれど 目の高さが10メートルぐらいになると 怖くなるかな

太い枝 細い枝 落ちてくると 山羊さんたちが 群がります

ここの銀杏畑には 7頭の山羊さんたちが 生活し 銀杏畑の管理をしています

細い枝を ポキポキと食べたり 太い枝の樹皮を ガリガリとかじったり

これも 共同作業と 呼べるのかな ( 笑 )

銀杏剪定

落とした枝は 地主さんが 薪ストーブに使うため せっせと切って持ち出しています

おそらく 1年分の薪は あるでしょう

山羊さんの木柵も 古くなれば 取り換えることを考えれば

美濃加茂にある ハウスも 木材を使って 暖房できるようにすれば 

これも 立派な 小さな循環になるんだろうな

エネルギーが 木から 石炭 天然ガス そして 石油になったことで 木の活用がされなくなった

その結果 木材の価値が低くなり 森林が荒れてしまったと 

モノゴトの道理は ちゃんと 順番がある 

いきなり 里山だとか 森林だとか 言う前に

木材の活用につながる 道筋をつけることが 最も大切なこと 

管理する場所もそう まずは 人が住んでいる場所 そして 農地 耕作放棄地

そして その先に 里山があり 雑木林 そして 森林がある

少しずつ ゆっくりと そして 丁寧に 管理の手を広げていくしかない

こういう現場を知らないと 聞こえのいいことだけに目がいき 無駄な予算をかけてしまうのがオチ

まだまだ 林業界で 活躍されている方々がいる間に

私たちが すべきこと 森林へつながる 道を もう一度 作り直さなければならない

それができて はじめて 共生とか共存という 言葉が生きてくる

まだまだ 進むべき道は ゴールさえ見えない ひたすら 進むのみ

 







芽吹き
30年ほど使ってきた チェーンソーを修理に出していたところ

修理に時間がかかってしまうようで 思い切って 新しいものを購入しました

昨日は それを使って 大きく大きく 成長してしまった 銀杏の木を剪定していました

もちろん 細部のところは のこぎり それから 剪定ばさみ

やはり 切られるのが嫌なのか 切った枝が 私の方へ 跳ね返ってくることも

もちろん 倒れる方向 落とす枝の方向 それぞれ 考えながらやるのですが

足場の悪い 梯子の上での作業では やはり 完璧はありません

高いところの枝を 体と手を伸ばして のこぎりを使って切っていたら

ちょっと目を離してしまったのか 枝の反動だったのか 

いずれにしても 自分の指を 切ってしまった

のこぎりの刃で切ると さすがにね 見た目は かなりヤバい

ちょっとした傷なら 水道水で洗い流し 市販のバンドエイドで 処置してしまうのですが

今回は 縫うほどでもないものの 意外と 複雑 深さもあったので

先ほど 病院へ行き 念のため 化膿止めの薬を 処方してもらってきました

どうしてもね 木柵を作ったり 木々の剪定作業をしていると 切り傷はしてしまうもの

家族からは 年のせいで 注意力が 散漫になってきているんだと 言われてしまう

実際 そうかもしれない そこは 経験でカバー なんて 言っていること自体 年なんだろうね ( 笑 )

今日は 午前中 少し 手や指 体を休め 午後からは 現場に復活しようと思います

なぜなら 体感的には まだまだ寒い まだまだ冬真っただ中 と思うものの

外で仕事をしていると あちこちで 春の芽吹きを 感じます

だから 木々が眠っている その期間に 何としても 剪定だけは 終わらせたい

あるいは 山羊さんたちが活動をスタートさせる 4月までに 木柵設置を終了させたい

この時期は 利益を生む作業ではないものの 利益につながる 大切な下準備

料理で言うと 隠し味みたいなものかな ( 笑 )

レモン芽吹き
 
今年の冬 あまりの冷え込みに 大きなダメージを受けてしまった レモンの木々

鉢植えなので 急いで 霜が当たらない ハウスの中に入れました

ダメージを受けた 葉っぱたちは パラパラと 落ちてしまったけれど

ようやく 復活ののろし 新芽たちが 一斉に出始めました ひと安心です


どんぐり
土曜日 朝日新聞さんの記事

フロントランナーで 山羊さんたちの活動が しっかり 紹介されたこともあり

朝から 北は北海道 南は沖縄まで 連絡があり

改めて 情報発信する側として 覚悟 そして 責任を痛感しました

若い頃は 我武者羅というか 周りを見る余裕すらなく とにかく いっぱいいっぱい

先が見えないことで 不安に押しつぶされそうになる そんなことなんて 日常茶飯事

今でも 思うようにいかないことばかりですが その理由を 自身に向けることすらできず

ただただ 周りが悪い 環境が整っていない などなど 批判するばかり

それでも 悔しくて 何とか 不安から脱出したいと思い

1秒も狂わず やってくる朝までには 気持ちを切り替えて 今日も 頑張ろうと思ってきました

運良く その積重ねがあって 僅かながらも 実績ができ 信用も生まれ

うまく回らなかったことが 少しずつ 回る気配を感じるようになり そして 回り始めたことを実感

自然と 自分自身ではなく 周りを見るようになっていきました

そして 自身が経験してきたことが 誰かのために役立つ 必要とされている そう感じるようになり

そこで 初めて あぁ そうかぁ 生きるって こういうことなんだと 

悟るわけではないけれど すごく 気持ちが 楽になったことを 思い出します

それからかな もちろん 不安や恐怖 あるいは 葛藤は 今もあるけれど

卑屈にならず 厳しい現実を 前向きに 受け入れる いつでも こころの準備が 整うようになりました

先日 娘が コロナ禍 大学受験の不安に 押しつぶされそうになっていたので

こんな アドバイスをしました

自分の人生は 自分のためにあるわけじゃない 他人(ひと)のためにあると考えてみたら

今の苦悩 そして 不安 そうした 嫌なことを経験しているのは

自分に 自信を得るための過程 試練なんだ そう思うのではなく

これから出会う 自分を必要としてくれる そんな大切な人を 支える アドバイスをするため

こうした経験をしているんだと 考えてごらん と

強いメンタルが 形成されている時であれば 自身のための試練だと 思えるけれど

そうでないこともあるわけで そうした時は

これから出会う そう 未来を意識して これからを想像して 自分ではなく 

将来 いつか出会うだろう 大切な人 ひょっとしたら 自分の子供かもしれない

そうした人たちのために 今 経験していると考えれば 前向きになれるよ と

実は 私自身 そうでしたし 今も そうやって 前向きに受け入れています

実際 自分が経験してきたことを これからを担う 次世代に伝えられているので

人生は 決して 自分のためにあるのではない 

他人のため 自分を必要としてくれる 人のためにあるんだと

そう考えると 自分が生まれてきた意味 これから 生きていく意味を感じることができるもの

私の人生 家族 そして 仲間 山羊さんたち

そして これから 出会うであろう人たちに 捧げるためにある

それこそが 世代交代であり バトンを渡すことだと そう思います


さて 山羊さんたちを 見守ってくれる方々がいます

冬場は 青草がなくなり 栄養も偏ります

そこで わざわざ ドングリを せっせと拾ってきてくれる そんな方々がいます

私たちがいなくても そっと 庭先に 置いていってくれる

どんぐり

本当に 感謝しかありません

その方々は 山羊さんたちを 大好きだと 言ってくれます

その方々の人生 山羊さんを支えるために あるのかもしれません もちろん ご自身たちのご家族も

その逆に その方々は 私たち同様 山羊さんたちに 支えられているのかもしれません

誰かのため そう考えることで こころは 豊かになります

どうか このコロナ禍 みなさんで 乗り切っていけたら いいなと思います


 
ディズニー映画
暦的には 今日は 立春

ですが とても 肌寒い まだまだ冬を感じる そんな1日でした

そんな中 1日外仕事 栗の木の剪定作業をやっていました

栗剪定

明日1日で 何とか 剪定作業も終わりそうです

栗の木が 眠っている この時期に なるべく 思い切って 枝を切ります

木が大きいと せいぜい 1日で6本ぐらい 結構 時間がかかります

全体のバランスを見て どの枝も まんべんなく 太陽の光が 差し込むように

いろいろと考えながら 枝作りをしていきます

それから 枝の裏側に アブラムシが うじゃうじゃと発生していることもあるので

それを見つけては こまめにつぶしていきます

暖かい 春の日差しを感じる頃には 新芽が出て 青々とした葉で 覆われることでしょう

農業として考えると 栗は 売価も安定しており 他の作物と比較して 高収入です

特に ここ ( 岐阜美濃地方 ) は 秋になると 名物 【 栗きんとん 】 があり

いつでも それなりの価格で 引き取ってくれるので 農家にとって とても ありがたいことです

とは言え こうした 冬の時期に しっかり時間をかけ 剪定作業をし

春から秋 収穫を終えるまでは 下草の管理 つまり 草刈りをしなければならず

そう考えると やっぱり 農業は 高収入とは言えませんね ( 笑 )

これが 農業の現実です

ただ こうして 作業をしていると 必ず モズが現れます

そして 木の枝にとまり かわいらしい 鳴き声を 披露してくれます

しばし 鳴いていたと思ったら 地面に向けて 急降下

虫でもくわえ また いつもの枝に 戻ってきます

常に 私との距離は 1メートルほど とても 近い距離を保ちます

モズの歌声は ばっちり 聴こえます

私は モズだから もっちゃんと ときたま 声をかけます

すると ちゃんと こっちを見てくれます

まるで 自身が ディズニーの世界にいるかのような そんな気持ちになります ( 笑 )

とうとう 私も 鳥たちと 会話ができるようになった と

農業の良さ 魅力は 自然の前では 無力だと 感じることもあるけれど

自然と共に 生きている 自身が 自然に生かされていると 感じられることかな

これは お金では 絶対に 買えないものだと思います


さて 私事ですが 今週土曜日 6日の朝刊

朝日新聞さんの記事 フロントランナーというところで 紹介されます

機会があれば ぜひ コンビニでも 新聞を 買える時代なので

私自身 とても 楽しみにしています