プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
遺伝子
今日も1日 山で作業をしていました

午後から1時間ほど 地元高校生が助っ人として手伝ってくれたので 作業が捗りました

何でもそうですが 1人では効率が悪いですね

でも しょうがない 1人しかいないので ( 笑 )


さて ドラゴンフルーツと接していると 当たり前のことを気づかされることが多々あります

ドラゴンフルーツの蕾なんですが 品種が違えば 小さい蕾の段階で 大きく違ってきます

よく似ているかな?と思うものの よくよく見比べると 全然違っています

yellow bud

orange bud

Ma × YD Bud

1枚目は イエロードラゴンの蕾です

2枚目は オレンジドラゴンの蕾です

3枚目は まだ果実がどんなものか 全く予想できない マキスパとイエローを掛け合わせた蕾です

通常のドラゴンフルーツの蕾とは違い これらは 丸みがあります

この後 どうなるのか ・・・

イエローとオレンジに関しては 分かっているのですが 掛け合わせは 先日咲いたばかり

まだ 結実しているのかどうかさえ 分かっていません

この辺りが マキスパの影響があるように感じます

なぜなら イエローやオレンジは 開花後3日以内には 結実しているかどうか 分かるからです

果たして 実がつくのか 実がついたとして どんな色形になるのか 期待が膨らみます


ドラゴンフルーツの種子には しっかりと遺伝子情報が詰まっていて

どのタイミングで蕾を出すのか 開花するのか どんな実になるのか などなど

人間もそうですが みんなそれぞれ個性があって ・・・ 当たり前だけど

1人で生きていくのなら 個性をどんどん出していけばいいけれど

社会という枠の中で生きていくのであれば それはそれで いろいろ考えなければいけないことも

まっ そうやって考えて生きていくこと自体 その人の個性なんだろうね 結局は ( 笑 )


さて 来週末には いよいよ 福島 ( 福島大学 ) へ行きます

公開講座の講師という役を引き受けましたので しっかりと務めていきます

今までの取組みや実績を買われてということなので 自信を持ってと思っています

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1025-3a3a455d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)