プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
いい人じゃないよ
昨夜 奥飛騨から美濃加茂へ

今日は 美濃加茂で作業 午後から 大阪から山羊さんの伐採隊を視察

なんか ここのところ 視察が多いです

このままだと 視察貧乏になってしまう(笑)

とはいえ 興味を持っていただくことは嬉しいこと その期待に応えるべく頑張るだけ


そういえば 美濃加茂のゴンビニにドラゴンフルーツ売っているよ 

と 連絡があったのは午後でした

美濃加茂のスーパーにも売っているのは知っているし

高山のホテルでも 私たちのでないドラゴンフルーツを扱っているところもあるし

そういった情報は お客さまからいただくことが多いです

スーパーやコンビニでは ちゃんとベトナム産とか 産地が表記されています

ホテルは分からない どうなっているのか

産地表記されていても 高山や岐阜で売られていると 特に 私たちの情報を知っていると

表記に目はいかず すぐさま 私たちのものだと勘違いしてしまうようです(笑)

ドラゴンフルーツが注目されること とても嬉しいですが

味がなく 美味しくないという苦情をいただくことも しばしば

どこかで食べて 特に 県内で食べて 美味しくない!と

すぐに奥飛騨まで来て 文句を言いに来る人は ありがたいです

辛いのは 2度と口にしないという態度をあからさまにされたとき

特に辛いのは 一緒にいる人たちにまで こんな不味いものは 食べるのに値しない

と 目の前で言われるとき しょうがない 味覚には個人差があるし

自分だって 立場変われば そういうことあるだろうし

だから?ではないけど こうした情報をいただくと 決まって 良いことだよ と言ってしまう

そりゃ 自分も完璧じゃないから 嫌だなって思ってしまう

不味いって思っても それでも 私たちのドラゴンは違うかも?と 思ってくれ

わざわざ問い合わせをしてくださる方々 奥飛騨まで足を運んでくれる方々もいるわけで

そういう人たちと出会う演出をしてくれているのだと そう 思うようにしています

すると いい人だね と ・・・ 違う違う いい人ではないよ

正直 強がりのところもあるし 目と鼻の先で 面白くないって思ってしまうしね(笑)

だけど 何を売ろうが 何を出そうが それぞれの自由

それに そういったことに 心惑わされること自体 自分自身にまだ自信がないってこと

それだけ フルージックのドラゴンフルーツが知られていないということ

そういうことなんです だから ありがとう とまでは 満面な笑みを浮かべて言えないけれど

それでも ドラゴンフルーツを宣伝してくれて ありがとうって


さて デヴィッドとダークの掛け合わせ この間は 微妙に果肉がピンク色だったけど

同じ実だけど 違う種から育てたものは 今度は 果肉色が白色でした

David × Dark No.2

David × Dark No.2-2

デヴィッド特有のスノーホワイト(果肉色)ではなく どちらかというと トンプソン(品種名)

種も若干小振りのようだし 果肉も熟しているのか 半透明

で 味はというと 甘いです デヴィッドの風味があるような そんか感じです

ちなみに 糖度は16.6度 意外と低かった それだけ 甘かったと言うことですが

こうした 美味しいドラゴンフルーツを作っていくこと 広めていくこと

みんながみんな美味しいっていうことはないだろうけど それでも 美味しかったと

そう言われるように やっぱ フルージックは違う そんな生産者になりたいものです


コンビニでも マンゴー1個300円 ドラゴンもそんな感じの値段だったと

TPP参加以前に すでに 国内でも 厳しい現実と闘っています

作って売る これは どの業界でも当てはまるもの 生きていく上で避けては通れないものです

そんな中で どう生き残っていくのか 頑張りますよ!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1030-a5f2a2bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)