プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
鍋料理の意味
昨日から奥飛騨に来ています

昨夜 夕飯を食べようと いつものところへ出掛けました

そこのお店は 飛騨牛のホルモン鍋が美味しいと有名ですが

さすがに1人鍋は 私にとっては贅沢でして ・・・ すると 知人が ・・・

ご一緒させていただきました ( 笑 )

久し振りに食べたのですが やっぱり美味しい 秘伝の味噌と飛騨牛ホルモンの甘味が

何とも言えないほどマッチしてて まさに絶品といったところです

すると 今度は 後ろの席(地元)の方から おすそわけ

コケ(キノコ)鍋で しっかり出汁をとった中に ご飯を入れ 雑炊です

これも美味い! 本当に美味しく 寒い寒い中で 体も心も温まり 大満足です

奥飛騨へ来て5年が経ち もう6年目となります

ここで生まれ育ったわけでもない私たちを 受け入れてくれた地元の方々がいて

少しずつですが 私たちの取組を理解し 応援してくれている現状に感謝しています

その土地土地には いろんな考え方があり 文化があります

私にとっては どれも新鮮だし どうして?と思うこともありますが

その地域の歴史を紐解いていくと なるほど!と感心することもあり

一方で ひょっとしたら?と思うこともあります

そういった部分に なんというか ロマンとでも言えばいいのかな? 

人が生きてきた歴史って面白いなって 本当にそう思います 

冬は寒いから嫌だけど こうして 冬だからこそ 熱々の鍋をして

人と人を近づけるようになっているんだと考えると 鍋は体を温めるだけでなく

人と人の結びつきを強くする 郷土料理ということになると思います

そう考えると 鍋料理の本当の意味は 食べることで人と人を結びつけるために生まれたんだと

少々強引で 大げさな言い方かもしれないけれど そう捉えることで

ロマンを感じられるし 人間として生まれてきて良かったと思います

今も 外では強い横風に乗って さらさらの細かい雪が降っています

ハウスの中は15度 寒くなると 人恋しい季節となってしまうもの

そういうときは 迷わず 鍋料理といきたいものです ( 笑 )

体だけでなく 心も温かくする 魔法がかけられているのですから


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1040-93165e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)