プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ちがうでしょ
もうすぐ 衆院選の開票となりますね

どんな結果になろうと 私たちが目指す農業が一気に変わるわけでもないので

それはそれとして 国が良い方向へと舵取りされればと願います

ただ 地元に代議士がいること 地方の声が中央に届く機会が生まれること

これは とても大切なことだと思うので 代議士が 胸を張って

地方の良さをアピールできるよう 頑張らなければいけませんね

ここで代議士と敢えて書いたのは 『 国民に代わって 』 という意識からです

ここ奥飛騨の温泉ハウスでは テレビがないので

もっぱらパソコンの画面から さまざまなニュースなどを見ているのですが

投票間近になって 土下座してとか 勝たせて下さいと涙ながらに懇願しているなど

そうした話題のニュースを目にすると 選挙に興味のない若い人たちに

選挙行って政治に興味持とうよ とは さすがに言えなくなるのは 私だけでしょうか

そりゃ 選挙で勝つか負けるかで争っている方からすれば 

それだけ無我夢中なんだと言われるでしょうが 皮肉った見方をすれば

そうなればなるほど 職業として議員を考えている 自らのプライドだけを考えている

国民には そう映ってしまうのではないでしょうか 国政とは そんな軽いものではないはず

もちろん 地元にて 少しずつ思いを達成するために 本当に頑張ってきた方々もいるでしょうけど


本当に何とかして欲しいのは 助けてくださいと叫びたい人は もっともっといるはず

震災以降 不自由な生活をしている人たちだって

原発が稼働停止になったことで 町の機能が麻痺してしまっていて そこで商いをしてきた人たちだって

みんなみんな 助けて欲しいと思っているはず

私だってそう 農業以外から農業へ参入して いろんな壁があって ・・・

それでも 私の場合は 好き好んで参入したわけだから 助けて欲しいとは言わないし 言えない

だから 最後の最後 感極まって懇願してしまう気持ちも理解できるけど

厳しい経済事情の中で 必死に頑張っている人たちがいることを知っていれば 感じていれば

助けて欲しいとか 安易に土下座するとかはないはず

これからの国家を良き方向へ導こうとする方々であれば もっともっと 堂々としてほしい

みんなの意見を聞いて そして 吸い上げて 一緒に良くしていこうという

熱き想いを持ち 何より 交渉力と実行力を兼ね備えた 本物が現れてほしいです

時代は変わっても ワンピースという漫画のように 仲間を大事にしたり

立ち向かっていく勇気が描かれたものに 若者も興味を示すということは そういうことだと

国家を背負う人たちなのだから 堂々と頑張ってほしいです

震災以降 原発の影響で 自らの意志ではなく 出口不明な生活を強いられている国民がいること

もっともっと意識すれば もっともっと違った国政になるのではないかと思います

と まぁ いつものように偉そうに言っていている 私は ・・・

もちろん 1人の農業人として 地方人として ずっとずっと頑張っていきます

結果として 国のためになれば 嬉しいことです

この国に生まれたことを 誇りに思っているのですから

子供にも 自慢できる国であることを伝えていきたい

そう考えると 軽々しく土下座する前にやることがあるはずです



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1046-fc12e72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)