プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
葛藤と決断
今日も朝から冷え込みました

山羊の赤ちゃんが生まれて 10日ぐらい経つと 除角という作業があります

山羊の赤ちゃんにとって 当然 嫌なこと

その作業をする私たちにとっても同じ できればやりたくないというのが本音です

ただ 多頭飼いしていることを考えると 角が1つの凶器になって

山羊同士を傷つけてしまうこともあれば 世話をする人間も怪我をする可能性があることから

角が伸び始める この時期に 除角を行います

ガスで熱くなった鉄を 赤ちゃん山羊の角に押し当てることで 

角が生えてこないようにします そりゃ熱いし 痛いし 怖いだろうけど

後々のことを考えると 山羊さん同士でも怪我する確率が減るわけだからと

心の中で葛藤しながら 私たちは 除角を決断するわけです


近所に 昔 牛を飼っていた人がいるので 私たちは その方にやってもらっていました

今日は そろそろ覚えろ と言われてしまい 怖さもあったのですが

山羊さんと一緒に生活するということは こういう気の進まないこともあることだと

普段から分かっていたので 除角するときの力加減など 教えていただきました

本などに書いてあっても やはり 実践が全て 経験することが大切です

口ではどうのこうの言えても 実際 やったことがなければ

山羊さんを飼いたいという人たちに教えられない 軽々しく言えないですから

私にとって 近所に教えてくれる人がいたことは 本当に助かりました

その方も 若い人が覚えていかなければいけない 今日は教えるつもりやってきたようで

最初から その手順を 親切丁寧に分かりやすく 教えてくれました


アンリの子供 ヘンリー ( 男の子 ) ベティ ( 女の子 )

アンリは無角 ヘンリーは無角のようですが ベティは有角 

除角後は 小屋の中で 寝ていました 悪い夢見ないようにね

2013.2-1

はなの子供 シン ( 男の子 ) コロン ( 女の子 )

2012.2-2

ゆきの子供 デイジー ( 女の子 ) 今日は5頭の赤ちゃん山羊の除角をしました


日中は 風のない穏やかな1日だったので 日向ぼっこしている山羊さんたち

2013.2-3

この山羊さんたちも 去年の今頃 除角しました

先月 除角した くるみも今では 超おてんば娘に成長しました

kurumi-2013-2

3時過ぎ 様子を見に行くと 除角した赤ちゃん山羊たちも 元気に遊んでいたから ひと安心

それでも ショックも残り 2日ほどは体調管理など 注意しなければいけません

それに きれい好きな親だと 除角した部分を なめてなめて なめまくるので

傷口が開いてしまい 出血がひどくなる場合もあります

それに 焼いた部分が痒いのか 後ろ足でかくことで 新たな傷口ができてしまうことも

除角した後は 母乳を飲んでいることなど しばらく様子を見なければいけませんね


とりあえず 今まで通り 赤ちゃん山羊たちも 私のところにやってきてくれるので良かった

アイツは 痛いことするヤツだからと敬遠されたら悲しいですから

まっ そうなっても仕方ないですけどね それだけ怖い思いをさせてしまうのですから

現実と理想 こういったことでも感じてしまいます





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1073-7fd3e3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)