プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
弱気と理由
いやいや 恥ずかしいというか なんと言っていいやら

先週 こころ的に落ち込んでいたというか ブルーだったというか

ブログで書いていたところ コメントやメール お会いした人からも

立ち直ったようで 良かったですね と

気にかけてくれて ありがとうです 嬉しいです


そういう場合 弱気になってしまうんですよね いろいろと

自信をなくすというか 自身という言葉が適切ではないかもしれませんが

目標だったり 進むべき方向性だったり 自分自身を見失いそうになって

弱気になる そんな感じなんですよね

で 新たな方向性を 何かのきっかけで見つけると

一気に解消され 一気にこころのボルテージが上がっていくものなんです

だから そういうときほど ゆっくりと 焦らずということを 意識するようにしています

うまく動き出すときほど ゆっくりと 穏やかにです

逆に 無理難題にぶち当たったときは 一発目には 思いっきり感情的にぶつかります

その後 ゆっくりと頭を整理し 落としどころをみつけていくというか

現実的な解決策を 考えていきます

大相撲で言うと 立会いは 正攻法で体ごと 頭からぶつかっていく ということです ( 笑 )


さて 奥飛騨のハウス 今年が6年目

秋にしか花を咲かせない つまり年1回と言われていた イエロードラゴンですが

日本の気候にも慣れてきたのか 年2回というのが しっかり確立されてきたようです

たびたび このブログでも イエローの適応力を書いてきましたが

今年は その兆候がしっかりでてきているようです

中南米原産では 雨季と乾季があり といった感じ

日本では 四季があり 秋に似ているのが 夏前という具合でしょうか

つまり 何らかの理由があるはずなんですよね その何か 知りたいと思います

ですが 知らない方が神秘的だと思えるので 知らない方がいいのかな 個人的にと思うわけです

yellow dragon 2013.7

ただ この時期に咲いたものは しっかりと体力を回復していないので 

今の段階では お勧めできるものではない というのが 私たちの見解です

この先は 分かりません 良い回復策を見つけられるかもしれないし


そうそう ハイテンションになるのも ブルーになるのも 理由があるわけです

その理由をしっかり分かれば 気分的に安定するのでしょうが

そうコントロールできないのが ある意味 人間らしいと思います

どちらも 自分なので 自分を信じて 今やれること これからのこと しっかり考えて

これからも 真っ直ぐ生きていきたいと思っています

人生の折り返し地点を通過したのだから ( 笑 )

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1135-5c1be065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)