プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
突っ走るぅ
同じ過ちは繰り返したくない そう思いながらも

易々と 同じことを繰り返してしまいます 

2度目 この2度目で 心底理解し 3度目は繰り返さないと誓います

3度目の正直 という諺とは意味が違うかもしれませんが

この3度目には大きな意味があり ここが 人生の分かれ道のような気がします

生きていれば そんなことの繰り返し

だからといって 朝起きれないほど 深く落ち込んでいてはダメ

寝ても 寝なくても 夜は必ず明け 朝がくるのです

朝がくれば また 夜がくるのです

お酒を飲んで ウサを晴らしたところで 根本的な解決にはなっていない

旅行に出掛け 気分転換したところで たまった仕事は残ったまま

結局 1つ1つ 地道にこなしていかなければならないのです

もちろん お酒を飲むことや旅行に出掛けることを否定しているわけではありません


frusic banana

これは 昨年末 東京スカイツリーのあるレストランで 高山市のイベントで撮影されたもの

テーブルにドカッと置かれているのは 私たちの温泉ハウスで収穫した 小笠原種のバナナ

240本ほどなっていたかな とても重かったことを覚えていますが

奥飛騨で南国フルーツが育つの? そう言われてから 今年が6年目

温泉熱を利用すれば ・・・ と言い続けて 5年が経過しました

ただただ その方法に注目されるブームは いずれ去っていくもの

いかに美味しいフルーツを作るか いかに売るか いかに地域に必要とされるか

などなど 考えれば考えただけ 想いは大きくなっていきます

山羊さんと暮らし始めて たったの3年

それでも FRUSICの大きな柱となり そのやり方が 一石を投じているのも事実

理想だけを追い求め 農業だって やれば儲かるんだと強がり言ってきたものの

補助や助成を受けられず 利子の高い一般銀行と関係を築くのは 本当に厳しいものです

作っても売れなければ意味がなく 安くなら買ってくれるけど 高いと流通にのらない現実

催事に出ていると 肌で感じるものです

それでも モノの価値 農作物の価値を 生産者自らが作り出していかなければなりません

そのためには 突っ走るしかないのです

多少 いやいや 人生の大半が遠回りであっても 

自分が追い求める 1つの結果を導き出すための方程式を見つけたい

奥飛騨のドラゴンフルーツ 美濃加茂のアセロラ そして 山羊さん

強い農業を目指すなら 稼ぐ方法を見つけなければなりません もちろん ルールの中で

必要とあれば ルールを作ってしまえばいい そう思っています

今の農業には 根本的な改革が必要だと感じています

輸入や輸出といった議論も必要だろうけど それ以前の問題から目を逸らしてはいけない

くだらない利権が 一番重要な部分に光が当たらないようになっているのかもしれません

そのくだらない利権が 自分自身にあるのなら

果たして 私は 家族を持つ人間として 自らが切り捨てる勇気があるだろうか

幸い 私には そうした利権などない

安気に 挑戦ができるわけです 突っ走ることができるわけです

それが 私が 生きる道だと言い聞かせ 強く生きていきたいと思います

 



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1145-b2e76acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)