プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
持論は持論
昨日は疲れました ( 笑 )

早朝 美濃加茂を出発 清見へ寄って 奥飛騨へ

お昼に入っていた仕事を終わらせ 再び 清見 そして 高山旧市内

で 再び 奥飛騨へ戻ってきました

そういう日に限って ドラゴンフルーツの花が 600輪咲いていました

今夜は見る価値あり!と伝え 夜の花見営業 しっかり行いました

その後 深夜まで 受粉活動した後 疲れてバタンと寝てしまいました

なんだ?この労働時間 ( 笑 )

いつものことなんだけど 車で400キロちょっと走った後は さすがにこたえたよ


旧高山市内へ寄った目的の1つは 地元の高校生たちと一緒に取り組んでいること

その完成品を買いに行きました

が しかし どうやら作る作業工程でミスがあり 失敗してしまったとのこと

前回作ったものは すでに完売しており うぅ残念

仕方ない 次回にしよう 

で その取り組みが これ ネットを検索してください

ドラゴンフルーツチョコ

商品開発ということで いろいろ話し合ってきました

地域の商品というテーマで 私の持論を話しました

もちろん いろんな考え方があるので 押しつけることはしません

ただ 私たちの思いを伝えました

観光地にいると 高校生であっても やはり 観光客への目線になってしまいます

否応なく そうした感覚になってしまうのは 常に観光客と接しているからです

私は そうした観光地育ちではないので そうした感覚は備わっていません

だからこそ オリジナリティが強い 自分たちの作りたいモノを表現しやすいのかも

もちろん 作ったモノを売らなければなりません

観光客目線をなくすということではなく 高校生らしい思いで 何かを作って欲しい

好きな人だったり 好きなアーティストだったり 誰に食べて欲しいのか

そうしたことを想像しながら 作って欲しいって伝えました

そうした思いは 自然と作ったモノに乗り移るものではないか 言霊ではないけれどね

でも まぁ 本当に良く頑張ったと思います

作り始めるとなった時から 私は 一切口も出しませんでしたから

どうしたいか 何をどう作るのか もちろん 地元のケーキ屋さんのアドバイスがありましたが

よくここまで形にしたなぁと 感激です

試作を何度も何度も繰り返していたのは知っていたし 担当の先生からも試作品を頂いていたし

生徒たちも 随分悩んでいたと聞いていましたから

美味しいものが 必ずしも売れるという保証がないのが 現実です

しかし 作り手の思いがあるものは 必ず ファンが現れるもの

ファンが多いかどうか それは 何とも言えませんが 

世に出たということは そのファンの思いを受け止め 頑張っていかなければなりません

それが 生きていくということだと思います

頑張るのが疲れたなと思えば 脇道に逸れ しばし休憩すればいい

そして やる気が漲ったところで また 1歩を踏み出せばいい


地域活性とか 里山再生とか いろいろ言われるけど 

最終的には そこで生きていく次世代が育っていかなければ 何にもなりません

予算やプロジェクトを進める上での 大人の都合良い言葉になって欲しくないです

ビジネス感覚を養うことも重要ですが 作ることへの思い 純粋さを失なわないよう

私たちにできること その1つが 環境を整えることだと思っています

高校生の商品開発というのは 等身大であったほしいと思うのが

それが 私の持論です 

生徒たちが 1つ結果を出してきたので 私も もっと頑張って 結果を出さないとね

ドラゴンフルーツチョコができて 本当に嬉しかったです ありがとう
 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1169-ccd97660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)