プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
核心はどこ?
温泉入って 夕飯食べて ヤフーニュースを見ていたら

気になるニュースが ・・・ 大手スーパーが 中国産を国内産として販売

当事者ではないし どうなっているのか分からないので 何とも言えませんが

ただ 農家として 1人の生産者として思うことがあります

誰の責任か 確かに 偽装した当事者が悪いに決まっていますが

そうなってしまった状況 もっと言えば そうせざる得なかった環境を

国 大手スーパー 加工業者 流通者など含め 考える時期がきているように思います

安く安く こうした無言のプレッシャー 規制規制による状況が

末端の生産者だけでなく 流通者をも苦しめている現状があるのではないか

人件費が安いところ 効率を求めることで 何かを失っている 私はそう思います

私もそう 自らが農業をしていなければ おそらく分からなかったところ

真っ先に 当事者が悪く 大手スーパーは被害者だと 決めつけたと思います

もちろん 大手スーパーが悪いと言っているわけではありませんが 

いろんな意味で 関わった会社が 当事者として 考えるべきではないかと思います

こうした問題が発覚すると さらに規制が厳しくなると思いますが

頭ごなしに規制ばかりして 縛り付けても 解決されるものではないように感じます

効率を図る 会社として当然のことですが 全てがマニュアル化される中で

人は人でなくなっていくのではないか そう思っています

人には それぞれ心があります 当然 好き勝手に仕事することはダメですが

それでも 現場ごとの自由があっていいのでは? 経営者として甘いって叱られそうですが

自由があるってことは 知識だけでなく経験値をも上げるということになると思います

一方 マニュアル化され 規制されてしまうと 効率化は図れるでしょうが

知識や経験が伴わず 直面した問題に対応できなくなるように思います

そうして起きてしまった問題に 経営者や偉い人は 想定外という言葉を使うのでは?


効率化が進むということは もっと知識や経験値を上げなければいけない

今回の問題 いかに現場を知らないか それに尽きるのではないかと思います

厳しい言い方をすれば モノができてくる環境 農作物ができる過程や量などを知るべきだと

1人の生産者として 流通者さん 小売業者さんは 絶対必要なパートナーさんたちです

もっともっと信頼し もっともっと意思疎通を図り 一緒に仕事をしていきたいと思っています

だからこそ なぜ こうした問題が起きたか その核心を探る必要もあると思います

当然 必要な規制はあるでしょうが それ以上に 生きていけるような

それなりの利潤があるような仕組みに なって欲しいものです

流通者さん 小売業者さん 私の本音は 生産者に目を向けておいて欲しいです

生産者は 常に消費する人たちを意識して作っているので 

結果として 流通者さんや小売業者さんも 消費者さんへ目を向けていることになっていると思います

今は逆なんですよ 多分 

ひとりごとです 異論反論があるでしょうが さっと読み流してください

でもね 見えない 大手の圧力はあるんですよ 実際ね

その中で 私たち零細農家 地方の農家は 

知恵絞って しっかり働いて 信頼関係が生まれるよう頑張らなければなりません









スポンサーサイト

この記事に対するコメント
私は小売業者です
生産者に目を向ける。私たちにとっての生産者は、記者です。流通業者は出版社です。記者に目を向ける。私が今、販売しているものは新聞です。いまや、あってもなくてもイイモノにカテゴライズされつつある気がします。無くてはならないものの時代はとっくにすぎ、いまや若い人たちにとってはネットより情報が遅いのになぜ存在してるのか謎な物になりつつあります。価値を見つけてあげるために四苦八苦のたうち回る毎日です。フルージックさんのblogをよんで、記者の気持ちを汲むように読んでみようと思いました。
【2013/10/03 22:32】 URL | 可児市のドラゴン初心者 #- [ 編集]

可児市のドラゴン初心者さんへ
すみません。偉そうな事を書いてしまって。

そうでしたか。新聞屋さんでしたか。
私にとって、私たちのことが書かれた新聞記事は宝物なんですよ。
ずっと何年間もPDFにして残していますから。
こうして活字になったことで、言霊が生まれ、それを読み返すことで
ブレないように頑張ろうって、いつも励まされているんです。
今では、おかげさまで結構な量になりました。
ある意味、フルージックの歴史ですね。

確かにネットの方がリアルタイムかもしれませんが、私は地方版を特に
大切に読んでいます。(県内版とか)
写真が掲載されていたり、県内でどんな情報あるのかなどなど、毎朝
チェックしています。
なるほどなぁとか、この人に共感できるとか。
情報は早さが大切かもしれませんが、それ同様に、心に残るかどうか、
それも私にはとても大切なのです。
新聞にしか表現できないものが、きっとあるような、そんな気がします。
新聞の匂いも好きですし(笑)
あれを嗅ぐと、朝だなぁって。気が引き締まるというかね。

パソコンからくるものには、匂いはないですから(笑)
記事とは関係ないかもしれませんが、そういったことって、以外に大事
だったりするような気がします。
五感で感じるからこそ、心に残ったりするのではないかなぁ。

すみません。偉そうに。
【2013/10/03 23:19】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1178-af15e021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)