FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ギャップ
先週末(18日、19日)、東京は六本木で岐阜県主催のイベントに参加させていただきました。
超寒かったです。よーく考えたら、共通一次試験(センター試験)のころから、雪が降ったりとしていましたよね。(笑)
そんな中、手伝ってくれた仲間、遊びに来てくれた仲間、本当にありがとうございました。
florさん、ドラゴンフルーツを販売していなくてすみませんでした。
今年春から、収穫を開始しますのでお知らせしますね。

こうしたイベントに参加するときは、想像、予測、結果、分析をする癖があります。
普段、分析することは苦手だし好きではありませんが、こと農業のことになると真剣です。
今の農業に何が欠けているのか?を知る上で、とても大切なことがイベントで見えてくるからです。
だから、私は寒くてもズーッと立ち続けます。

分析結果は、長くなるのでほんのちょっとにします。
『 私たちは、出来上がった商品にしか興味を示さないということ 』 です。
私は、この結果は大変重大なことで、これが益々助長されると地域格差、格差社会につながると思います。
このような社会が奨励されれば、いずれ和(輪)は失われていき、人々は点、点となり線で結ばれることがなくなっていってしまうように感じます。

農業に戻ります。
なぜ、農業が廃れてしまったのか?を分析して考えようとしないことに苛立ちを感じます。
それは、今に始まったわけではありません。
バブル期に育った私たち世代にも、農業の魅力を感じるようにならなければいけません。
なぜなら、子は親の影響を受けるからです。
親が農業に魅力を感じなければ、子は99%就職先から農業は切り離します。
そして、いくら規制緩和され農家じゃない人が農業に従事できるようになったといっても、販売先など売上げの予定がないと難しいのが現状です。
私から見ると、農業をこのまま日本からなくしたいのか?なんて思ってしまいます。
それに輪をかけ、食料の安全、環境配慮、エネルギー問題が取り上げられ、益々難しくなっていくでしょう。

私は、中途半端な理想主義者ですから、偉そうなことは言えませんが、今の日本の農業はしっかりと政府が長い目で立ち直らせる政策を打ち出さないと無理だと思っています。
任期が何年とかではなく、国の礎となる農は、何十年も引き継がれて改革をしていかなければいけないし、その時期にきていると思います。
それが、なぜ、理解されないのか?本当に残念で残念でたまりません。

結果が大切だと仰います。
利益を生まなければどうしようもないことも重々承知です。
しかし、その過程をしっかり見て援護する姿勢が、今、求められているのだと思います。

そして、農業も世界にアンテナを張り、国内に目を向ける姿勢が求められていると思います。
伝統と新技術の融合なくして、私たちの年代やこれからの若い世代が農業に興味を示すことはないだろうとも思っています。
強いて言えば、これからの若い世代というより、30代40代の農業アレルギーをなくさなければ、10代、20代は育たないと思っています。
アレルギーと呼びましたが、ここでは、農業に魅力を感じないということです。

タイトルのギャップとは、表面、結果や一部しか見ていないことから、現場サイドと事務サイドで大きなギャップが生まれてしまっています。
国会だけがねじれ現象ではなく、日本そのものがねじれてしまっています。

そういう意味で、イベントに参加して皆さんの言動を肌で感じることは、とても大切なことなんです。

そういえば、岐阜と六本木でのイベントで違ったことと言えば、いろんな外国の方が多いのでドラゴンフルーツに懐かしさを感じ、アジアの方々が声をかけてくださいました。
それから農園で撮った写真を100枚ほど持っていきましたが、何人かに欲しいと言われ、結局、殆どなくなってしまいました。(笑)

スポンサーサイト




この記事に対するコメント
お疲れ!、行けなくて残念~
お疲れ様でした。
風邪引きが・・・出かけられなくて残念でした。

あの~、もし、農業を、個別農家じゃなく、企業として、地域や、幾つかの農家を束ねた会社組織にしたらどうなりますか??

跡継ぎという形じゃなく、就職という形が出来れば・・・勤め人のいない農地は、会社が借り上げればどうでしょう。

いまのfrsicさんたちのように、大きなハウスで皆で強力して生産体制・販売体制を作っていく。
もちろん、昔の農協とは違う視点で運営を考えてみたのですが・・・。

なにしろ、ド素人なので、まるでトンチンカンなことを言ってるかも知れませんが。
【2008/01/20 14:03】 URL | ば〜ば #- [ 編集]

ば〜ばさんへ
仰るとおりです。
私が求めるところもそこにあります。
別に、農協と喧嘩するわけではなく、お互い何が求められているかを
真剣に考えていかなければと思っています。
それには、受け入れがたいかもしれませんが、私たちのような元々農家
でない者の意見も取り入れる必要があるように感じます。

就職する形になるよう、私たちも農業生産法人(有)フルージックとなって
いるわけです。
しかし、現実はそんなに甘くなく、しっかりとした生産、販売をするとなると
周りの方々のサポートが必要になります。
そして、今回、私たちは奥飛騨温泉郷でハウス建設しました。
農業と観光を結合することで、生産したものを観光に訪れたお客様に
消費していただく(旅館などで)ような形を求めています。

今は、東京は全てが揃うように、物流は盛んです。
しかし、地方には人の流れがありません。
本来なら、他県の方々が遊びに来て、そこでそこのものを消費する、そんな
形が理想です。
そうなると、地域が特色を生かして、工夫して生きていく方法を模索しなければ
いけませんね。
だから、私は今、高く売れるからと中国の富裕層や東京に流れるのに、寂しい気持ち
になるんです。
地域を盛り上げるのなら、一人勝ちはダメなんです。
理想ですが、そう思って取組んでいます。

ど素人の考えが、実は理にかなっているんです。
そこに欲がからんでしまうから、おかしくなるんです。
【2008/01/20 15:33】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

お疲れ様です
この寒波の中、さぞや寒かったことと思います。
協力できなくて残念ですが、自分も同じように出来ることを出来る限りしている、と思っています。

自分にとっての教育の問題を、自分が国や普通の人に対して感じているものを
Frusicさんが農業で感じているというのが興味深いです。
自分は結構国際会議に出たり外国人の知り合いも多いのですが、中国や韓国でも母国の教育と
農業に対して自分やFrusicさんと同じ考えの人がかなりいます。

日本だけではない。これはいったい何なのか?
一体どうすれば生きることに目を向けてもらえるのか。
自分が何かをする、ということを認識してもらえるのか。


自分は、誰かに期待するのではなく自分が行動することしかできない。そういう人間です。
それを見てもらう、何かをすれば何かが始まるということを知って欲しいからです。
Frusicさんから託された種を育て、今までに手に入れた接ぎ木という技術を使うことで、
次のまだ見ぬ果実が生まれることを知って欲しい。

自分は自分が出来ることをするだけで世界が動く、新しい何かが生まれることを伝える資格を
持ち続ける生き方をしたいです。
それが自分にとっての親や先輩、子供達に対する教育の一つだと思っています。

勝手ですが、Frusicさんのドラゴンフルーツも未来を作るかもしれない種の一つだと思っています。
【2008/01/20 18:10】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]


寒い中 本当にお疲れさまでした。うちから結構近いんですよ。
余程カイロをお持ちしようかと思いましたが...コンクリの上にじっと立つのは冷たかったですね。
けどほんまに熱い話しで(笑) 本音が聞けて興味深かったです。
地場で消費もいいけど 食べられなくなるのもやだなw^^
私の場合は取り組む姿勢とか美味しさとか とにかく良いって思ったら 
少々お値段が高かろうが形等に難のあるものだろうが
農家の人と一緒に育てるつもりでそれらを含めても応援していきたいですね。 
今は購入って形しか思いつきませんが。
食べ物の美味しさ安全性、特に安全性については作り手に身を委ねてるのと同じですから。頑張ってね^^
【2008/01/21 01:13】 URL | flor #a5yKiT/E [ 編集]

uranoさんへ
寒かったですよ。(笑)
風は強かったし、陽は当たらないし。

新聞を読んでいると、五年以内に海藻をバイオエネルギーするとか
農業大学にしえんするとか、いろんな形で応援をすると発表しています。
確かに、海藻なら取り放題?だし、島国である日本なら可能性大ですよね。
ですが、五年以内というのは疑問です。
海藻を取れば、生態系に及ぼす危険性はどうなんでしょうか?
もちろん、実験する価値はあると思いますので、反対はしません。
地域地域によって、エネルギーの問題は違ってもいいと思います。
私たちは、使用されていない温泉を利用するわけですから。

農業大学も大切ですが、しっかりとどの年代の感覚を刺激しなければ
いけないのかを考えなければいけないと思います。
私は、間違いなく若い世代ではなく、中年(私も含む)に農業の可能性を
知っていただくことが大切だと思っています。
その世代の子供たちが農業に興味を示すようにね。
親が興味なければ、基本的に農業に興味を持つ子供なんて育ちませんから。

それから、国が農業をしっかり育て上げる姿勢が必要です。
農こそ国の礎ですから。
今となっては、鶏が先か卵が先かの問題ですかね。(笑)
(農業が先か、先進技術が先かのね)
【2008/01/21 09:21】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

flor さんへ
寒かったですね。
風邪ひかなかったですか?
カイロは、仲間の一人が差し入れしてくれました。
それも超大量に。(笑)
仕事柄、コンクリートや舗装の上に立ちっぱなしで
仕事することあるので、あれぐらいは何ともないですよ。
仕事の方が、きついですから。(笑)

もちろん、今までのお客さんや新規の方でも発送するつもり
でいますから、安心してください。
ただ、大量に大半をということは考えていません。
だけど、売れなければ生きていけないので、そのときは考えます。
そのときでは、遅いという話もありますが。

作り手に委ねている。
いい響きです。
結局、みんなそうなんですよね。
一人では生きていけないし、誰かの力があってこそ、一歩を踏み出すことが
できるわけで。
そう思われると、嬉しくなって益々一生懸命愛情を注ぎたくなるもんです。
そして、収穫された果実は、箱入り娘のように大切に入れて送り届けたくなります。
その姿勢が、いずれ次世代へと受け継がれていってほしいです。

何事も誇りが大切ですね。

購入していただける。
それだけで私たちは嬉しいです。
【2008/01/21 09:30】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


農業のイメージってどんなでしょうね。
やっぱり汚いとかキツイってことがネックなのかな。
「分析」は農業にとっては大事なことですよね。
野菜一つ作るのしても肥料はナニをどの程度入れるのかとか
土壌のPHを調べたり。
実は農業は科学だとも思うのですよ。
そして必ず結果が出る。
消費者はそのあたりが見えないからつい出来たものばかりに
目がいってしまうんでしょうね。
もっと体験したらいいのに。
【2008/01/21 11:02】 URL | ゆずぴ #- [ 編集]

ゆずぴさんへ
そうでしょうね。
いわゆる3Kが根強いでしょう。
農業は科学でもある。
科学がリードするのではなく、自然の素晴らしさや
仕組みを科学で解明していくと言うことだと思います。
しかし、人間は敬う気持ちを忘れ、いつしか自分たちが
支配しているような錯覚に陥ってしまう。
そうならないように、いつも素直に感動することが大切ですね。

体験したりすることは、本当にいいことです。
いつか、ゆずぴさんのご家族も奥飛騨の温泉ハウスに泊まりに
来てください。
寝袋もお貸しします。(笑)
もちろん、民宿もありますから。
温泉は、最高です。
【2008/01/22 14:03】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんにちは
東京でのイベントお疲れ様でした。寒さと人の多さで、
普段のお仕事の何倍もお疲れになったのではないでしょうか?
でも、その分様々な反応を手にすることが出来て良かったですね。

食物自給率が40%に達しないこの国で、
農業に対して光が差さなかったり注目度が低かったりというのは、
国の農業に対する取り組み方の甘さと、
若い世代の農業への偏見が拍車をかけているのかもしれません。
国内外との取引も、利益が出るまでに時間と行程のかかる農業よりも、
原材料からすぐに製品化してお金になる製造・加工産業の方に
目が向いてしまっているのが実状です。
アピールするにもその手立てが見つからずに、
地団駄踏んでいる農家の方も多くいらっしゃるでしょう。

今回のイベントは生の声を直に聞くことが出来ること、
frusic さんの存在や取り組み方をアピールすることが出来る
素晴らしい機会だったのではないでしょうか。
自分も講演会やライブなどで生の反応を感じることが出来るので、
何ものにも代えがたい恩恵をいただいていると実感しています。
もちろんそれを受け入れる謙虚な気持ちが必要ですが。
frusic さん、オヤヂは応援してますよ!!



【2008/01/22 19:57】 URL | ギターオヤヂ #QjtTlS4. [ 編集]


 六本木、御疲れ様でした。

 農業の大変さは、3kと言うこともあるでしょうか、利を得るための期間が長く、生産・流通・消費が一定にはできないこと、最後はどうしても自然の状態に左右されてしまうことなどがあります。仕事として行うのなら、先の読みやすい(頼りやすい)契約で利を得られる職に人が流れやすいのは、不況の今だからなおさらに仕方ないといったところも見えます。
 作るということと生きるということが、もっと確かに結びついていくことを知らないと、農業だけでなく作る育てるに関わる仕事はみんな先細りです。

 考えるべきことはたくさんありますが、まずは知り伝えることからかなと思います。
 農家の方々と交流を持てる機会をアンテナ高くしてキャッチしていかないとと思いました。
【2008/01/23 06:17】 URL | シチューパン #Tew5p4cA [ 編集]

ギターオヤヂさんへ
疲れたと言うことはなかったのですが、
寒かったです。
そんでもって、足冷えからくる腰痛ですかね。
その晩は、ぬるめの湯につかりました。
温泉があったらな~なんて、奥飛騨が恋しくなりました。(笑)

東京も岐阜も変わらなかったです。
作る過程より出来上がったものに、一直線っていった感じ。
まぁ、あの場所でのイベント、当然と言ったら当然でしょうね。

ただ、中には関心を示してくださる人もいらっしゃいました。
それに私が撮った写真をくださいと何人かの方が、持ち帰った
ことがとても嬉しかったです。

何事も現場で、肌で感じることが大切ですね。
それは、机上では学べませんから。

応援してくださり、本当にありがとうございます。
【2008/01/23 08:37】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

シチューパン さんへ
仰るとおりですね。
利を得るまでに、長い時間がかかります。
農業を知らない人は、工業のようにやり方を変えれば、利益に直結すると
口を揃えて仰います。
確かに、私たちは努力し続け、限界線を設けないで取組まなければいけません。
ただ、私は、そればかりに気を取られ、犯してはならない領域に足を踏み入れるのが
怖いのです。
自然と向き合い、生命の誕生をその場で感じられると、いつも謙虚に受け止める
姿勢が必要なのかな?って思います。
だから、いろんな不思議だと思われる部分を解明する科学は大切だと思うけど、科学
が先行しないことを祈っています。

将来的には、直接、消費者と農家の方々がつながる時代になるでしょうね。

私も、正直、どんな形がいいのか、迷っている部分があります。
ただ一つだけ言えることは、地域と共に歩みたいと言うことです。
【2008/01/23 08:43】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんにちは! いよいよ寒さ本番です。

六本木とはまたすごい場所でしたね、お疲れ様でした(^^)
所得保証があり、もっと参入しやすい体制にすれば農業人口増えると思うんですけど、、。あと、子どもの教育資金という高いハードルもありますが。 田舎へいけば仕送りが絶対条件になってしまいますしね。 私も本音を言えば田舎へ行きたいのですが 子どものことがネックとなってます。正直、農業より塾の講師のほうが儲かるって社会は変ですよねー。しかも学校給食はパンが多いし。なーに考えてんのか!
【2008/01/24 10:45】 URL | ママちゃん #- [ 編集]

ママちゃん さんへ
寒くなってきましたね。
私は、この年になっても霜焼けになります。

簡単に言えば、その通りですね。
所得保障と本当に参入しやすい体制が求められています。
しかしながら、どうしても実績とかを重視したりして、
新規参入者には厳しいのが現実です。

私も仕送りしていただいた身。
浪人時代は、名古屋の塾へ通っていましたが。
高校時代は、近くには大学受験用の塾もなく、家庭教師を
雇うのが一般的でした。
しかし、とても高いレベルの大学を目指す人にとっては、
地元の大学生では、申し訳ないのですが、学力不足です。
ただ、とても高いレベルの方は、家庭教師などいらないですけど。(笑)

塾の講師が高い給料をもらえるというのは、それだけ、需要が高いのでしょうね。
【2008/01/24 16:43】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/118-449ab5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)