FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
石ころ
石ころ。

東京で石ころを見つけることは大変かもしれないけれど。
田舎では、簡単に見つけることができる。

私は建設業の技術者でもある。

圃場整備や土地改良で、田んぼや畑の効率性を上げるために整地してきた。
工事の最後には、耕土を戻すわけだけど。
拳大の大きさの石ころは、拾わなくても叱られなかった。

効率良く広い面積で耕作でき、技術が進歩してきたせいで、赤いトラクターが登場。
石ころがトラクターの刃を傷めることから、石ころは嫌われ始めたようだ。

農家の方は知っている。
石ころの意味をね。

日中、太陽の光をたっぷりと浴びた石ころは ・・・ 土を暖めている。
石焼き芋を考えてみて。
昔の人も石ころを暖めて、着物の中にいれていたそうです。

家庭菜園とか兼業農家の方々が増えてきた現代。
トラクターが全てとばかり、石ころは無残にも場外へ。
ishikoro1

でも、昔からの農家の方々は知っている。
石ころが土を暖めてくれていることを。
ishikoro2

ishikoro3
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

石焼き芋!
小学校のときにやったなぁ。
なんだか懐かしい。
たくさん石ころや葉っぱを集めて火を炊いたっけ。
石ころ。
最近見なくなったなぁ。。。
【2008/02/05 02:16】 URL | とおこ。 #- [ 編集]


石ころも、実はとっても役に立っているんですね。
この世の中に存在する物は、すべてに意味があるとは思ってはいましたが、frusicさんのお陰で、石ころの存在の意味というのが、とても良くわかりました。
とっても良いことを教えていただいて、どうもありがとうございます^^
実は、子供達がすぐに石ころを拾って、家の中に持ち込むので、困っていたのです。
これからは、庭に置くように言い聞かせることができて、助かります♪
【2008/02/05 06:25】 URL | まぐのりあ #- [ 編集]

石ころの意味
そうか、石ころは邪魔者ではなく、ちゃんと役立ってるものだったんですね。

私は、山育ちではなく、海育ちなので、石ころとはあまり縁がなかったかも・・・。
海と言っても、浜辺や海岸ではなく、岸壁と工場に囲まれた中でしたもの。

たまに河原に行って、形の面白い石ころを見つけるのが楽しかったくらい。

畑は、夫と結婚して初めてマジマジと見ましたが。
【2008/02/05 10:17】 URL | ば〜ば #- [ 編集]


石ころって最近少なくなってきたなぁと思いました。
子供たちが蹴っているやつはよく見ると
アスファルトのかけらとか敷石(尖ったヤツ)だったり。
私の中の石ころって丸くてかわいいやつだもん。
確かに石って暖かいよね、ちょっと忘れてた。
【2008/02/05 12:36】 URL | ゆずぴ #- [ 編集]


小さい頃から石ころが好きで、友達と集めて帰ってきては母に怒られてました。
丸っこい石を見ると今でも拾いたくなります。
今ではほとんどがコンクリートですが、昔はすべて石や土だったんだなぁと思うと少しもったいない気がします。
【2008/02/05 16:57】 URL | 霧本ユエ #- [ 編集]


なるほどね、石ころは、土を暖めているんですね。
それに、水はけもよくしてくれますしね。。
我がハーブガーデンも石がごろごろで・・と思っていたけれど、うまく利用しないと。。
【2008/02/05 18:22】 URL | ゆみたん #- [ 編集]

とおこ。さんへ
石ころ。
親しみを込めて言うことはなくなりましたね。
つまずいたりすると、この石!とばかりに
蹴飛ばしたりしますし。(笑)

ゆとりの中で親しみも生まれていたんでしょうね。
【2008/02/05 19:43】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

まぐのりあさんへ
いやいや、私の言うことが100%正しいとは言い切れません。
ただ、親父が教えてくれたことに納得しました。
考えてみれば、拳大の石ころは怒られなかったし、拾うのに
きりがないですからね。

そうやって考えると、なんとなく嬉しい気持ちになりません?
みんなつながっているって思うと。
私は記憶がないですが、うちのチビもよくポケットに石ころを
入れてきます。(笑)
実は、私も石でチョーカーを作っています。(笑)
【2008/02/05 19:50】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ば〜ばさんへ
私は海のない県で育ちました。
川はたくさんありますけど。
河原にはよく遊びに行っていました。
平べったい石で、水切りをしたりして。

石にも表情があるようです。
家の庭先などで石積みをするのですが、
石屋さんは、石の顔を見て並べていくそうです。
分かる人には分かるんでしょうね。
【2008/02/05 19:53】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ゆずぴさんへ
そうですね。
最近は、畑もなくなり道路も舗装されています。
アスファルトの欠片だったり、砕石だったり。
砕石は、山を削っていますから、尖っています。
畑などにある石ころは、遠い昔、そのあたりが川だったんでしょうね。
川の流れでゴロゴロと転がりながら、角がとれて丸くなってきます。
河原では、尖った石はないですから。
【2008/02/05 19:56】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

霧本ユエ さんへ
家の娘と同じです。
よく拾ったり、ポケットに入れています。
どうして、そんな石が?と思うのですが、
彼女なりに魅力を感じてなんでしょうね。
ひょっとしたら、石が話しかけているのかもしれませんね。

川で遊んでいて、耳に水が入ってしまったとき、
暖めたら水が抜けるよと言われ、太陽の光を吸収して
暖められた石に耳をあてて寝ていると、直ったりしていました。
【2008/02/05 20:00】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ゆみたんさんへ
水はけもよくしてくれますよね。

たしかに、石ころが顔出すと、拾って綺麗にしたく
なりますね。
綺麗=良いというイメージがありますから。

昔から石の文化もあるくらいですから、何かを秘めて
いるんでしょうね。
私たちよりずーっと前から生きていますから。
【2008/02/05 20:03】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

誰だったか
詩人が、「私は石ころ一つあれば、一ヶ月でも二ヶ月でも退屈しない」と
言った人がいました。

なんの変哲もない石でも見る人が見れば、悠久のロマンがあるのでしょうねー!
【2008/02/05 20:51】 URL | なぎさ #- [ 編集]

なぎささんへ
いやー、ロマンあると思いますよ。
石と語れることが出来たなら、一生話を聞いていても
飽きないでしょうね。
地球が誕生した頃から、変動を見てきていますから。

ロマン ・・・ 今度石に話しかけてみよう。
【2008/02/06 08:42】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


石ころが、frusicさんのおかげで
とっても愛しいものに見えてきました。
ありがとう。
暖かい石を耳に当てると水が抜けるってこと、
思い出しました。
小学生の時やりました。
いろいろ役立っているんだなあ。
【2008/02/07 16:34】 URL | ともちゃん #0VjAYkvw [ 編集]

ともちゃんさんへ
石ころって私たちの偉大な先輩です。
そう思うと、蹴飛ばしたりできません。(笑)

そうですよね!!
暖かい石で耳の水を抜きましたよね。
私たちの方だけでなくて良かった。

【2008/02/07 19:39】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

そうなのかぁ!!
夫と、「石ってなんのためにあるんだろ?」と、話したばかりでした。

そうかー、そういう役割があったのかー。

いいことを教えてくださってありがとう。
嬉しい気分になりました。
【2008/02/08 13:12】 URL | shiolly #XR.9FLKA [ 編集]

shiollyさんへ
究極、私たち人間って何のためにいるんだろう?
ですよね。(笑)

石をみると歴史を感じることが出来ますね。
今は家が建っているところでも、1メートルも掘ると
丸い石がごろごろ出てくる。
そこは、昔は川が流れていたところだったり。
地層もそうですね。
石はいろんな情報を持っています。

そう考えるとワクワクしません?
【2008/02/08 21:15】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/123-24575cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)