プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
イメージ
昨日までは ハウスで作業していると 暑いほどの日差しでした

で 今日は?となると 朝から雨 で 昼前から霙 そして 雪

平湯あたりは 大きな牡丹雪が 視界を遮るように降っていました


5月を予想していたものの 異様な寒さが続いたので 予定を急きょ6月に変更

出荷依頼があるものの 越冬させる果実の難しさがあります

生産農家として やっぱり 『 おいしい 』 が全て 

求められるとき こちらが用意できるかどうか これも縁ですね

ドラゴンフルーツに関しては 奥飛騨で6年 春先 最初に花芽を持った段階で

1年の収穫が予想でるようになりました これも経験

アナログをデジタル処理し デジタル処理されたものを 再び アナログへ

この過程の繰返し なかなか時間がかかります

もちろん それができるようになったからといって 受け入れられる土壌があるとは限らず

そう考えると 何もできなくなります 怖くて 不安で ( 笑 )

さて 小笠原主のバナナさん ゆっくりと成長しています

looks like a bird

まるで 鳥が飛び立とうとしているようです それとも 

逆のパターン 着地しようとしているのかも どう捉えるか 人それぞれ

looks like ...

ざっと200本ほど これは 何に似ているのかな?

写真をアップにしすぎました 遠くから撮れば もっとイメージわいたかも ( 笑 )

この時期は とにかくじっと待つ 春が来るのをじっと待つ

最低温度もそこそこ安定し 春の日差し 太陽光が強くなり始めると

植物たちの細胞は 少しずつ目を覚まし ある日を境に 一気に動きだします

その 『 ある日 』 が いつなのか 分からないですが ある程度は 予想できるようになると思います

とにかく ひたすら 『 アナログ ⇒ デジタル ⇒ アナログ 』 を繰り返します

奥飛騨でのバナナ栽培は 現地と比較して 時間がかかります

当然 温度と湿度にも関係してきます

なぜ 私たちのドラゴンフルーツの糖度が高いのか バナナ栽培にも通じるところがあります

もうすぐ その答えが ぼんやりと見えてくると思います

ドラゴンやアセロラが ある程度 安定してきたように


イメージしたものがあれば 方向性はブレることはないと思います

イメージすることは とても大切なことだと思います

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1239-a77a0f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)