FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
現実
今日は、とっても真面目なネタ。

農業に夢を感じて5年余りが経過します。
試行錯誤して今の温泉ハウスが誕生しているわけですが。

最近、農業への新規参入者とお話しする機会があったりと、全国で頑張っていらっしゃる方々と意見交換ができるまでになりました。
農業を応援しますと国も打ち出していますが、新規参入者にとってはまだまだ厳しいのが現実です。
私たちだけかと思ったら、みなさんが同じ悩みを抱えていらっしゃることが分かり、一体感が生まれます。

私は、この現実に苛立ちを感じたりしているわけでなく、むしろ、実績のない参入者に融資できないという立場、よく理解できます。私が逆の立場なら、同じことを言うでしょうから。
ただ、参入者の中にも1,2年だけでなく5年も自己資金を投入してまで、苦しい生活を送ってまで熱い情熱を注いで頑張っている人たちがいます。
私たちの熱弁は、一方的な主張だけではいけません。
やはり、結果として何かをイメージさせ心を動かせるものでなければいけません。
その努力や試行錯誤は、続けなければならないと思います。

その思いがようやく形になり、少しずつ仲間が増え、注目されるようになってきました。

あともう少し。
力を振り絞って、前へ進みたいと思います。

上手く軌道に乗せ、熱い思いを語れる場を持ちましたら、私たちは大きな声で

『 結果は財産でなく、結果を生み出す過程こそ財産である 』   と叫びたい。

農業に命を捧げてきた先輩方の経験や知恵を受け継ぐ時間は10年もないでしょう。
後継者がいないという現実を考えれば、急がねばなりません。

今の時代、道の駅や農協さんの朝市が、老齢化した農家の唯一の情報発信の手段です。

一方的な主張だけでなく、イメージできるよう舞台を整えるのも私たち新規参入者の役目だと思います。
運があれば、世代交代の役を引き受けたい。

※写真がなく、重苦しい?内容で ・・・ 次回は楽しくなるネタにします。(笑)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
農業の光たれ
まさに、これからの農業の光たれ・・・ですね。

現場にはこんな熱い情熱の持ち主、努力の人たちがいるんですもの、
国の農政にも奮起、改革を促したいですね~。

農政の目が未来に向けて開かないと、国家全体の流れが変らないでしょ。
【2008/02/28 10:09】 URL | ば〜ば #- [ 編集]

ば〜ばさんへ
応援ありがとうございます。
いるんですよ。
現場にも行政にもいるんですよ。
私たち現場だけが熱くなっても進まないし、行政の熱い人や
それを伝えるメディア、そして何といっても理解してくださる
消費者のみなさまがいて、初めて農業の復活がかないます。

今の状態は、私たちの努力不足、魅力がないこと。
もう少し、みなさまが農業の可能性や素晴らしさをイメージできる
ようステージを整えなければいけないかもです。
それができるのは、私たち新規参入者であり、また、農業に全てを費やして
きた先輩方のお力があってこそ、それが現実となります。

頑張りますよ~。
【2008/02/28 12:52】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

重苦しいのではなく、
とってもかっこいい内容ですよ。
胸が熱くなりました。

私は自分の職業意識が低いことが悩みの種ですので、
強い職業意識を持って、前進している人を見ると、激しく応援したくなります。
とはいえ、具体的にはなにもできません。
気持ちだけですが、応援させてください。

【2008/02/28 12:53】 URL | shiolly #XR.9FLKA [ 編集]

shiollyさんへ
そのお気持ち、大切にします。

高山に遊びに来れば、私たちのドラゴンフルーツに出会う
かもしれません。(笑)
私たちの夢は、人を呼べる農業。
地産地消ではないですが、高山で生産されたものは、高山で
消費できればと考えています。

強い職業意識。
私は、性格的に職業意識が強いんでしょうね。(笑)
それに、現場肌の父や仲間に育てられ、感謝されていた時代と
そうでなく、悪のイメージが強くなってきた建設業への時代の両方を
経験していますから、余計に現場での仕事にこだわりがあるのでしょう。

世の中、本当はみんな熱い心を持っています。
熱く生きたいはずなのに ・・・ が、私が思っているところ。

ただ、表現ができなかったり、苦手だったり、それが格好良くないと映ったり
さまざまですね。

一歩ずつ前進します。
応援されるのが、何よりのエネルギーになります。
ありがとうございます。
【2008/02/28 13:13】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/28 17:48】 | # [ 編集]


久しぶりのコメントです。
先日某K市の平成20年度施政方針を閲覧する機会があったので一読してみました。
大まかに5項目の重点施策が書いてあり、農業について言及されていたのは全12ページ中わずか6行でした。これが今の農業政策の実情でしょうか・・・。
我が市の市政を批判するのは心もとないですが、市政を司るべき人間が現場を見ずして何をかいわんやではないでしょうか。
FRUSIC氏のような次世代農業の担い手を育てる土壌をつくるのは国や県、各市町村の行政の役目であると私は考えます。命がけで農業を生業とする人々を理解し、支援するには行政も命がけで勉強し、現場を見て精進しなければいかん、と思うんです!

熱くなってしまいましたが(笑)そういう自分も農業については素人なのでこれからここのブログで勉強していこうと思います。ヨロシク(^^ゞ
【2008/02/28 18:31】 URL | タクミのパパ #- [ 編集]

カギコメさんへ
お互い夢に向かって頑張ろう。

お待ちしています。
【2008/02/28 18:50】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

タクミのパパ さんへ
タクミのパパさんは、幼少の頃から熱い人だったのでは?
ファンタのグレープは定番だしね。(笑) 
↑それだけ、こだわり続けてるところがあったから。

行政も含め、私たち自身、現場を知らなさ過ぎると思います。
批判することは簡単なので、あまり言いたくはありませんが、
残念ながら、それが現実です。
ですから、私たちはもっともっとアピールし、右から風が吹けば
右から飛び、左から吹けば左から飛ぶ、八方美人と呼ばれようが
そうしていかなければならないのです。
後は、ステージを整えること。
注目を浴び、関心を持っていただくよう私たちも努力しなければ
ならない。そう思います。

これからもよろしくです。
【2008/02/28 19:01】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/28 19:23】 | # [ 編集]

カギコメさんへ
差し支えなければ、詳細を教えてくださいませんか?
鍵つきで結構です。
メールでも結構ですよ。
【2008/02/28 21:05】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


結果を生み出す過程が財産。

本当にそうですよね。
自分にはまだ結果がないですが、今までに積み上げてきた”過程”があります。
それこそ山のように。

いくつかFrusicさんにパスしたのですが、それでFrusicさんが結果を出せれば。
少なくとも、それこそ自分にとっての結果でもある。
と思いました。
まだまだこれからですけれど。
【2008/02/28 22:03】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]


やっぱり夢を叶えるには、厳しい道のりを乗り越えていかないといけないのですね。
農業を復興させるには、消費者の意識を変えることも必要だと思います。
お百姓さんや食べ物に、感謝をするということも、忘れられている時代ですしね。
でも、輸入食品の危険性など、本当に大切なことを思い出すきっかけになる出来事が、たくさん起こってきているので、これからは少しずつ風向きも変わってくるのではないかと思います。
日本の農業が、もう一度見直される日が早く来るといいですね。
応援しています。


【2008/02/29 01:20】 URL | まぐのりあ #- [ 編集]


ふと思ったのですが、結果はあくまで結果でしかなく、

過程が結果を作る人を作るのではないか

等と考えてしまいました。

結果だけ求めても、過程を経なければ人として成長できないのではないか、
等と思ってしまいます。
結果は物であり、過程が人なのではないか、と。
【2008/02/29 01:34】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]

uranoさんへ
積み上げてきた過程こそ、自信につながり財産となります。

パスされたもの、なかなか早く、上手く結果がでないけれど
報告しますね。
正直、私も今、いっぱいいっぱいです。(笑)
【2008/02/29 08:28】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

まぐのりあさんへ
厳しいのが現実なんですよね。
だけど、夢中になっていると厳しい=楽しいになってしまいます。
ですが、余裕がなかったり、壁にぶつかり撃沈すると、いきなり
暗闇が襲い不安になります。
でも、ちょっとしたことでまた、気分が良くなり新しい活力が生まれ
現実を見つめ直すことができる。
そんなことの繰り返しです。

世の中はいつも風が吹いています。
私たちは、純粋に農業の魅力を伝えたい。と思っているのですが、
そのことだけではなく、今の食糧問題などの風が吹き、注目される
ようになってきました。
ただ、その風を感じ、敏感に反応できるかは別問題ですけど。
反応できるよう、私たち栽培者はいろんな意味でステージを整え、
訴えることも一つの役割だと思っています。
いろんな風を利用することは、性格上、好きではないですけど、物事を
推し進めるには、いろんな風に頼ることも大切なことかな?って思って
います。
もちろん、私たちに力があり、ポリシーだけで生きていけるのならそうしない
と思いますが。

日本の農業、ヨーロッパのように国をあげて応援していただける日を
待ち望んでいます。
応援されるには、私たちも一歩前を歩み続けなければいけないということです。
【2008/02/29 08:35】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

uranoさんへ
uranoさんらしいですね。
何かをしながら、その言葉が頭にあり、ふと思い出したんですね。(笑)

結果は物であり、過程が人なのではないか

まさに、その通りだと思います。
人を育てることを忘れ、物扱いしている今の日本、これで大丈夫って
思います。
もちろん、私も偉そうなこと言える立場ではないので。
ただ、パズルのようにあてはめる経済は、どうなのかと疑問です。
物のように扱い、空いたスペースに新しいものをはめ込む。
形が違うところから、さまざまな不協和音が生まれ、病んでいきます。
やがて、あてはめる新しいパーツさえも見つからなくなり、順応できる
人間ではなく、その形にかたどったロボットをはめ込む、そんな時代に
なるのかも。 超大げさですが(笑)

ただ、過程こそ全てだと思います。
もちろん、結果を得た人は、一気にレベルアップもします。
それは、過程があるからこそなんです。
【2008/02/29 08:42】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


結果を生み出す過程が財産。

素敵な考え方だと思います。
過程があるから経験となり、人は成長するのですよね。
一歩ずつ前進するのが大切なんですよね。
うん、なんか嬉しいなぁ。
【2008/02/29 19:19】 URL | とおこ。 #- [ 編集]

とおこ。さんへ
私も自分に言い聞かせています。(笑)
理想論だと言われようが、当然なことだと思う。
小さい頃は、結果ではなく、その過程を重視されて教育されてきたけど
社会人になると途端に結果が全てだと言われ、それが当然のように
思ってきた。
でも、最近、その結果が生まれるまでの道のりをしっかり歩んでいないと
自信にもならないと分かってきたよう気がします。

一歩ずつです。
【2008/02/29 19:45】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんにちは。
何事も一朝一夕ですぐに結果は出れば、対応も採算性も検討出来るでしょうが、
生きものを相手にする取り組みというのは、長いスパンで見ていかないと
後継者も育てられないし新しい発想を試す機会も摘み取られてしまいます。
食物の自給率低下や安全性が叫ばれている時代です。
国やお役所は、「農業」に対する認識を軌道修正する時なのでしょうか。
生産者にとって魅力的な農業は、消費者にとっても同じように伝わります。
最近カミさんはスーパーではなく、近くの「村の駅(道の駅)」で
生産者を明確にしている野菜を購入しています。
【2008/03/01 17:45】 URL | ギターオヤヂ #QjtTlS4. [ 編集]

ギターオヤヂさんへ
結果がすぐに出れば、楽なんでしょうけど。
そんなわけにはいきませんね。
私たちは、口先だけで食料の安全性を叫ぶのではなく
しっかりと行動に移さねばなりません。

道の駅も、今の農薬問題などで、いついつ使用したか、
どれだけの量を使用したかと、細かく求められるように
なりました。
しっかりとデータとして処理できる若い跡継ぎがいれば
いいのでしょうが、高齢化されている今の状況では、
それ自体も農家の負担になってきています。
だからといって、毎日消費するものの値段は簡単に上げられない。

私は、厳しくすることが全てではなく、逆に後継者を生まなくなる
と思います。
机上論では成り立たないのです。
【2008/03/01 19:05】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんにちは~。

いや、別に重苦しいとは思いませんよ、frusicさんらしさがにじみ出てます。写真ないのは珍しいような気がしますけど笑。 
3月にはいると気持ちはもう春ですね。イベントや行楽で駆け回らなくてはいけないかも?ですよ、まずは前進あるのみ 頑張ってください!
【2008/03/02 17:03】 URL | ママちゃん #- [ 編集]

ママちゃん さんへ
真面目すぎるネタなんでしょうね。(笑)
本当は、農業の魅力を軽く流すように書きたいのですが、
なかなか伝わらず、ついつい濃い内容になってしまいます。

そうですね。
3月にはいるとイベントが増えてきています。
温泉ハウスが、厳しい1、2月を乗り切ったということもあり、
徐々に取材申し込みが増えてきました。
ありがたいことですが、気を引き締めなければいけません。

チビのイベントは、出来る範囲です。
【2008/03/02 18:29】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


二度目のこんにちは~♫

もう1か月ほど前のことになりますが、ドライブで大分方面に向かってる途中にある
「道の駅」に寄りました。
すると大きな白菜が丸ごとで80円とかで、作った方の名前も入っていました。
人参なんて、細い大根ほどの大きさが2本で100円でした。
水菜やきゅうりも…とてもたくさんで…いつものスーパーの半額ほどの値段でした。

車で1時間ほどのところなのに、どうしてスーパーではこういうものを扱わないんだろう?って…
今度また野菜を買いにこの「道の駅」にも来たいものだね!と家族で話しました。

私は独身時代も農家には縁遠い生活をしており、今でもそうです。
こうしてfrusicさんの記事に触れ、もっともっと感謝して…口にするものに対しても
感謝して料理をしないといけない!!っていつも記事を読ませていただくと思います。
ありがとうございます!!
何も力にはなりません私ですが…応援はさせて頂きますので…ファイトで頑張ってくださいね!!
【2008/03/03 18:34】 URL | 紅緒 #TEzGU1vU [ 編集]

紅緒さんへ
道の駅などが、年配者農家の唯一といっていいかもしれない
情報発信の場です。
もちろん、頑張っていらっしゃる方もいますので、気を悪くする
農家の方がいたら、ゴメンなさい。

スーパーは、安定したそれなりの量を求めています。
ですから、少量となったり期日を決められてしまうと、辛いですね。
そのために、JAさんがいるわけですが。

ただ、道の駅なども公共団体がやっていたりします。
そうなると、安心安全などから、クリーン農業への資料が求められて
います。
それが、大変なんです。
もっと、現場を把握して欲しいと思います。

応援していただけること、とっても励みになります。

【2008/03/03 20:51】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/129-3aee7f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)