プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
疲れたらアセロラ
昨日今日と暑い というより 蒸し暑い

夕方 美濃加茂のハウスでは 温度35度 湿度90% サウナ状態


先日 奥飛騨へ行ったとき 奥飛騨の温泉ハウスで育つ フロリダスウィートに驚きました

奥飛騨で6年 ようやく たくさんの実をつけました

毎年 そこそこ実をつけていたのですが 木が充実してきたのか

それとも 環境が良かったのか 核心はないまでも 1つの方向性が見えてきたように思います

fsokuhida

味は?というと まだまだ安定してなく 美濃加茂と比較しても 酸っぱい状態です

これからどうなるか 来年どうなるか です

こうしたことを 1つずつ 1年ずつの積み重ねですから

果実生産農家となると 尚更のこと 量と質のバランス 本当に難しいですね


暑いだけならいいのですが この蒸し暑さ 台風の影響もあり

湿度が高く 不快感がマックス状態 汗も乾かず 着ている服も汗が染みこんだ感じ

そうなると 疲れも増してきてしまうようで ぐったりしてしまいます

そんな時は アセロラハウスで いくつかアセロラを食べます

昨日は テレビの収録と収穫があったので 完熟したアセロラをいくつか採り

家に帰って 腐りかけの完熟アセロラだけを絞って 100%のジュースにしました

贅沢と言えば贅沢なものですが 生産者の特権というやつですね

acerola100fs


基本的に アセロラ果実の果肉色はイエローオレンジですが 

完熟すると 果肉も赤に近くなります ただ 痛みが早くなるので 流通や加工には適さず

そうなると なかなか 赤色をしたアセロラの加工品も生まれてこないわけです

日持ちしない 腐りかけの完熟アセロラを すばやく一次加工 ( 冷凍など ) すればいいのでしょうが

実際は なかなかハードルが高いと思います

だから 完熟手前のアセロラを収穫し 加工品が生まれ 赤い色素が必要となるのです

全てがそうではないと思いますが 

アセロラ果実は 1粒で 1日の成人が必要とするビタミンCを含有していると言われています

とはいえ こう汗をかいたりするので こまめに摂取するというのが望ましいですね

あと塩 これも大切です

市販されているジュース これも 塩とフルーツをヒントに開発されたと言われていますが

実際 ベトナムでも 緑のアセロラ果実に 塩と唐辛子をまぶして食されるようです

一部の方々かもしれませんが 夏場の暑さを乗り越えるには

ミネラルを摂取することが とても大切なんですね


そうそう 山羊さんたちも マグネシウムなどミネラルを含んだ塩をなめています

夏バテ防止目的ではないと思いますが この時期の塩は 夏バテ対策にもなっていると考えます

ただし 取りすぎには注意です

暑い夏 張り切っていきましょう!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1323-68e3b6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)