FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
堂々と春を迎える
昨年、温泉熱利用のハウスを建設した。
中で育つのは、7種類のドラゴンフルーツ。

農業に魅力を感じ、夢を抱くようになって今年が5年目。
いろんなことが変化してきた。
それと同じように、私たちの周りの環境や農業へ取組む姿勢も変わっていった。

でも、農業をはじめた原点だけは、変わっていない。
これからも変わらないよう、見失わないよう、決して驕らないよう前へ進んでいきたい。

朝方、マイナス15度前後にも冷え込む奥飛騨でトロピカルフルーツが温泉熱だけで育つはずがないとほとんどの方が、半信半疑であったことだろう。
温泉熱利用のデータ、私たちが重油で栽培してきた実績を検討し、十分冬は越せると思い実行に移したものの、未知への挑戦と言うこともあり、念のため化石燃料の暖房機を入れたほうがという意見もあった。
もちろん、答えはノーだった。
万が一、温泉が止まれば ・・・ ドラゴンと共にと、決意していた。(笑)

それに、私は確信していた。

なぜ、温泉ハウスで寝袋で寝泊りしていたか?
変わり者と言うかもしれないけれど(確かに変わり者)、体感温度を確認していたのです。
(もちろん、データは一時間おきに取っています。)
データも大切な財産だけど、肌で感じることもとても大切なこと。

ここで、建設業の技術者である経験が活きたのです。
気温が20度の雨の中、雨具を身に付けないで外で作業するのと、温度は5度だけど風もなく雨も降っていない環境で働くのでは、明らかに後者のほうが心地よいからです。
前者は、風邪を引くこともあるし、足元から冷え腰痛の原因にもなる。

だから、温泉配管がされたコンクリートの上で寝ていたのです。
骨材が熱に反応して遠赤外線が放射されているのは、目で確認することができないけれど、快適に過ごせたことを考えれば、問題なくクリアできると12月末には確信していた。 強引過ぎる?
ただ、1,2月の日射量だけは心配でしたけど。
でも、伸び伸び育っているドラゴンフルーツを見ると、問題ないと思うし、むしろ、奥飛騨は最適だと思う。

with spring in spring 1

with spring in spring 2

温暖化と言われながらも、今年の冬は例年以上に厳しかった。
そのおかげで貴重なデータ集積ができたし、温泉ハウスの評価もうなぎ上り?みたい。(笑)
ありがたいことに、取材依頼もちょくちょくと。
奥飛騨の温泉熱で育まれたトロピカルフルーツは、インパクトがありありのはず。
後は、私たちが丹精込めて美味しいフルーツをできるようドラゴンたちをサポートするだけ。
言い訳するわけではないけれど、間違いなく身体には美味しいはずだから。(笑)

奥飛騨ドラゴン、いよいよ本番です。

いろんな方面で、心ある方々をお会いすることができ、こうしてフルージックは存在しています。
よくもまぁ、情熱だけでここまでこれたなぁと思います。(笑)
いえいえ、情熱こそ今の農業には一番必要なんです!



スポンサーサイト




この記事に対するコメント
((o(*^^*)o))わくわく
お久しぶりです、
暫く、足跡だけですみません。。。

皆さんのように的を射るようなコメントができませんけど。。。

奥飛騨ドラゴン(←ネーミング、いいですよね♪)凄く楽しみです!
温泉に入って、湯上がりにはドラゴン♪なんて云うのも
オツなものかもしれません♪
(どうしても、温泉は切り離せないらしい(笑

あ。そうそう。
『はつしも』美味しいですね~♪
【2008/03/11 20:46】 URL | marine #- [ 編集]

marineさんへ
お久しぶりです。
奥飛騨ドラゴン ・・・ ネーミングいいですかね。(笑)

奥飛騨へ来て、食べていただけるようになればいいかな?って
思っています。
ドラゴンの甘みは、糖度があるわりにさっぱりしていて、
後に残らないから、お風呂上りにはいいですね。

温泉を切り離したら、奥飛騨ドラゴンも存在しません。(笑)

はつしも、美味しいですよね。
【2008/03/12 08:33】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

情熱があったからこそ
>情熱だけでここまでこれたと・・・

情熱があったればこそですよ。
夢や情熱は、牽引もすれば後押しもする。

イヤイヤの仕事は、どんな作業でも続きませんもの。

夢で始まり、情熱で取り組んだしごとの数々・・・ちゃんと着実に実を結んでますね。
奥飛騨ドラゴンの実もね。
【2008/03/12 10:41】 URL | ば〜ば #- [ 編集]


なるほどねえ~。
frusicさんの情熱がとても伝わってきました。
いろいろ食の問題が取りざたされていますが、このように情熱をもって農業に取り組む人がたくさん出てくれることを望みますね。
【2008/03/12 14:18】 URL | ゆみたん #- [ 編集]

ば〜ばさんへ
そうですね。
情熱があったからこそ、ここまでやってこれたと
思います。
それから、思いを形にしようといろんな方々が
力を貸してくださったこと。

奥飛騨ドラゴンのデビュー、考えなければ。(笑)
【2008/03/12 17:26】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ゆみたんさんへ
伝わって嬉しいです。
ですが、内容が濃くなればなるほど、重くなるんですよね。
そんでもって、聞いているほう、読んでいるほうは辛くなるんです。(笑)

たくさんいると思います。
ですが、スポットライトが当たらないんです。
というのも、土から始める農業は5年はかかります。
5年の間、結果がなかなかでないものは、報道されないんですね。
【2008/03/12 17:29】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

がんばれ!奥飛騨ドラゴンズ(笑)
昨夜テレビのニュースで福岡の「あまおう」というイチゴが取り上げられていました。
徹底した品質管理とその大きさや甘味が評判になり、価格が高いにも拘らず海外にもかなり輸出されているとのことでした。
私の幼馴染でもあるfrusic氏の栽培する「奥飛騨ドラゴン」も近い将来「あまおう」に匹敵するようなメイドインジャパンの農作物になることを期待しています!

がんばれ!奥飛騨ドラゴン!!

(ちなみに、昨年は地元の「ドラゴンズ」が日本一になりましたねv-237
【2008/03/12 18:08】 URL | タクミのパパ #- [ 編集]

タクミのパパ さんへ
頑張っている農家さんもたくさんいますね。
嬉しいことです。
ただ、私は生産されたドラゴンを高山市で消費したいと思っています。
海外へ輸出する気は、今のところ私にはありません。

何度もブログで書いていますが、地元と共にが私たちが願うところ。
それに、エコノミストは高く買い取ってくれる台湾や中国と言いますが、
その一過性に終わるようなビジョンは、私にはありません。

あくまで、高山市奥飛騨にきていただけるようなものにしたいと
思っています。
人を呼べる農業を目指したいです。

もちろん、一部東京や名古屋などで売る予定にしていますが。

面白おかしく農業の魅力を伝えることが出来れば、いいかなって
思っています。
だけど、理想と現実は違うってこともね。

中日が応援してくれるのなら、阪神ファンやめちゃおっかな?(笑)

【2008/03/12 18:36】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ネーミング
当然、『ドラゴンフルーツ』の『ドラゴン』から来ているのは
百も承知なのですが・・・

やはり、何だか『龍』の『ドラゴン』を想像してしまいます(;´▽`A``

私、個人的なイメージですが・・・
『龍』のように『空高く昇っていく』イメージなんですよ。
(ドラゴンズの寮が『昇龍寮』って云いますけど(≧m≦)ぷっ!

『奥飛騨ドラゴン』も何だかそんなイメージになっちゃってます。

『地産地消』(←字、合ってますかね?(・・;)
この言葉が全てを語ってくれますね。
【2008/03/12 21:08】 URL | marine #- [ 編集]

marineさんへ
ドラゴンフルーツ自体、見た目が龍のようだということで
ドラゴンフルーツとなったようです。
ピタヤとも呼ばれていますが、ドラゴンフルーツのほうが
インパクトが強いですからね。

地産地消 字合ってます。
目指したいですね。
【2008/03/12 21:40】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんにちは。

「奥飛騨ドラゴン」 その名前をお店で見れる日を楽しみにしてます!
【2008/03/13 15:14】 URL | ママちゃん #- [ 編集]

ママちゃん さんへ
楽しみにしていてください。
頑張りますよ。(笑)
【2008/03/13 16:56】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんにちは~♪

frusicさんのアツい想い、記事を読んで…とても伝わってきました。
フルーツは暖かいところというイメージがあるので、奥飛騨となると…
インパクトは強いでしょうね。

こちらには何年か前にタクミのパパさんが言われるように「あまおう」というイチゴがスーパーなどに並ぶようになりました。
甘くて…色も普通のイチゴよりは中まで赤く、深い赤です。
試行錯誤してやっと「あまおう」に辿り着いたと聞いています。
(テレビでは見ていませんが…こちらのテレビでそんなことを言ってました)
確か「あまおう」はイチゴ狩りはしてないそうです。
人が入ると荒れたりするからかな?とか、まだイチゴ狩りをできるまでには
あまおうが収穫できないのじゃいのかな?と思っていますが…どうなんでしょうね??

暖かいところでないと、甘いフルーツができないという常識を…
ぜひぜひ奥飛騨で「違うぞ~」っていい意味で驚かせ、裏切って下さいね!!!
実家や実家近くに住む友達に…「食べたよ~」って声が聞けるのを楽しみにしています♪
(私も実家に帰ったら…食べたいですしね♪♪)

うまく…思ってることが書けませんが…応援していますので頑張ってくださいね♪♪
【2008/03/14 12:39】 URL | 紅緒 #TEzGU1vU [ 編集]

紅緒さんへ
熱すぎて、うざいんですよね。(笑)
トロピカルフルーツと言えば、やっぱり南国が似合いますね。
だけど、雪の中、青々と育つドラゴンも美しいですよ。

農業だけではないと思うのですが、試行錯誤はつきものですね。
それが、また、完璧じゃないところに物をつくる醍醐味があるように
感じます。

イチゴ狩りにはならないでしょうね。
それぞれの農家の思いがあるので、一概には言えませんが。
確かに、人が入ると荒れると言うのも考えられると思います。

期待を裏切るのが、私たちの役目。
面白く挑戦する、考えて挑戦する子供たちが育つことを期待
します。

ぜひ、実家に帰ったら、高山に遊びに来てくださいね。
【2008/03/14 16:35】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

情熱。
私が好きな言葉、情熱。
人を動かす素敵な言葉。
frusicさんの情熱がドラゴンたちを支えてるんでしょうね。

阪神ファン、止めないで~(笑)
【2008/03/16 01:17】 URL | とおこ。 #- [ 編集]


 ぶれない原点と燃える情熱、素敵だなぁ。

 でも、困りました。高山まで行かないと奥飛騨ドラゴンにあえないなんて!
 これは、「奥飛騨ドラゴン」ツアーを組むしかないなと、内心うきうきの自分です。
 ああ、でもその前に暇をつくらなくては。そちらのほうが問題ですね。
【2008/03/16 07:01】 URL | シチューパン #3p3E4xCk [ 編集]

とおこ。さんへ
情熱って何か惹かれますよね。
真っ直ぐに進む気持ちや姿に、人は感動してしまいますから。
私は、支えられているほうです。
ドラゴンたちの生きる姿、仲間の力が私の気持ちを維持する原動力
となっています。
一人では弱く、ぐらぐらしがちだけど、ドラゴンや仲間に支えられながら
情熱は燃え続けるんだと思います。

阪神ファン、やめれないでしょうね。(笑)
【2008/03/16 08:15】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

シチューパンさんへ
何をおっしゃいます。
シチューパンさんこそ、情熱を注いでいるはず。

一応、目標は生産されたところで消費したいと思っています。
ハウスを見ていただいて、納得して食べていただきたいと思います。
もちろん、一部ネット販売も限定で行う予定で、只今、調整中です。

ドラゴンツアー、お願いします。
神秘的に咲くドラゴンの花をバックに、演劇の練習もありですよ。(笑)

私は、一日暇な時間を作るのが苦手です。
暇にするなら、ダラッとしたいタイプかも。
遊びに行っても、仕事のことを考え街を見ていますし。

二連休ほど、苦痛はありませんし。
というより、二連休はない。(笑)
【2008/03/16 08:29】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/133-fc139e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)