プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
生産者らしく
早いもので 8月の半ばが目前 そろそろ お盆休み

各地では 花火大会など 催し事が多いようです

さて 今日は 奥飛騨で打合せの予定が 急遽なくなり ゆっくりとした朝ではないものの

気持ち的にゆっくりとした朝を迎えました 

家族3人で 朝食を食べはじめると 目の前には 紫色をした飲み物が

紫果肉のドラゴンフルーツとヨーグルト それから ハチミツで作ったもの

といっても 私ではなく 妻が作ってくれたものですが 朝から 栄養満点

ドラゴンフルーツは 食物繊維だけでなく カリウムやマグネシウムがしっかり含まれています

疲れやすい 夏には ある意味 ぴったりだと思いますよ

dragon healthy

朝食をしっかりとって アセロラのハウスへ アセロラの実の収穫です

ほとんどが赤くなったアセロラ 完熟一歩手前のものを収穫し 出荷するのですが

たまに ごくごくたまに 面白い注文があります

今回は その1つ いろんな色を混ぜてというものです

アセロラは 緑色の方がビタミンC含有量が多く 完熟していくうちに少なくなっていきます

とはいえ 少なくなるといっても レモンの30倍ほどですから ( 笑 )

で パックに詰めると こんな感じです

green orange and red

緑は 注文されるご本人さん用 そして 赤いのは お子さん用だそうです

緑色と言っても さほど渋みもなく 強烈な酸味などなく 食べやすいです

それが 私たちが育てる甘味系品種の1つ フロリダスウィートとの特徴だと思います

とはいえ どうやったら甘くなるか これは経験です

ふつうに育てていても さほど甘みは生じませんから 栽培の仕方

特殊な肥料を使うわけでもなく たくさん肥料をあげるわけでもありません


午前中 アセロラを収穫し 出荷してから 今日は大垣へ行ってきました

ちょうど打合せがキャンセルになってくれたおかげで 今日しかない!と思い

唐突でしたが いきなり先方さんに連絡をし 行ってきました

あぁ 行って良かったぁ 

この先 どのような話になっていくかは分かりませんが 縁があればということです


私たちは生産者 あくまで フルーツが持つポテンシャルを引き出し

美味しいフルーツを作ることが基本です 何度でも書きますが それが基本なんです

最初は 奥飛騨という寒いところで 南国フルーツ?というアンバランスさが受けたようですが

それは 一過性のこと 

南国に負けないほどの 美味しい南国フルーツを作ること

そして それがちゃんと説明できることが重要です

生産者らしく 生産者の視点を持ち続け 作り続けます

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
花芽がつきました
今年に入って屋外に出してから
必要な芽を伸ばし50センチほどになったら摘芯をして
芽かきをえんえんとし続けてきました。

雨が降り二日ほど見てなかったら、今年出た新枝の先端に
花芽が一つ。

新枝ごとに1芽づつ、花芽が出来ていました。

デヴィッドボウイ君が我が家に来てから4年目でしょうか
ついに、お花がさく準備が出来たようです。

花芽が出来てからの管理はどうしたら良いでしょうか?
【2014/08/07 22:47】 URL | 可児市のドラゴン初心者 #- [ 編集]

可児市のドラゴン初心者さんへ
おはようございます。
良かったですね!蕾が出て。まずは、ひと安心。
新枝ごとに1つずつの蕾なら大丈夫かなと思いますが、
1つの枝にいくつもあるようでしたら、エネルギーが分散
するので、摘蕾するというのも1つの方法ですが、完全に
花を咲くための作業というわけではないので。
それから、新枝なので十分な栄養が行き届いていなければ
蕾がある程度成長したところで、ストップしてしまうことも。

とりあえず、様子を見てください。
それでも不安だったり、分からないようでしたら、写真添付して
メールください。
【2014/08/08 08:09】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1334-5b39baa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)