プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
近かった(笑)
今日は 富山県南砺市に行ってきました

以前から交流がある 富山大学の先生からの紹介で 温泉熱を活用した取組みについての講演をしてきました

前日は 美濃加茂での作業でしたので 美濃加茂を出発

すると 高速で真っ直ぐ ひたすら北へ進むと 2時間余りで現地へ到着

奥飛騨より近いじゃん 同じ岐阜より 富山県のが近い それも一本道

びっくりしました 地図を調べると 確かに2時間余りで行ける距離でしたが 

それでも 実感すると その驚きはひときわでした

温泉熱を活用する どちらかというと 地熱発電ではなく 利用して産業へ活かす

という考え方 私は ずっとそれを言い続けてきたので

原発から地熱へと変わっても やり方は何ら変わっていないのが現状で

いつも 地方は うまいこと言いくるめられてしまうところがあり

もっと 地方がしっかりしないと 地方の財産は 地方で活用するのがベスト

とはいえ 補助や助成は 地熱発電ありきです ( 笑 )

地熱発電自体 私は反対しているわけではなく むしろ賛成ですが

そのやり方 そして 熱を利用した産業づくりです

私たちのように 補助や助成を受けないで このような温泉施設を稼働させている例は少ないようで

さらに言えば ドラゴンフルーツのジャムなど 地元で加工し 地元で販売

生産の99%を 奥飛騨で消費している仕組みがあるので お声がかかったというわけです

今年も 富山大学の生徒さんたちが 現地研修に来るので

頑張って取り組んでいるところ 今後のことを伝え 少しでも夢を感じてもらえればと思います


さて 途中 富山県に入ったところで ハイウェイオアシスに寄ったのですが

富山県はすごい 何がすごいかというと 富山県で生産したものを 富山県で加工し

それらが しっかりと並べられ 販売されていることです

当たり前のことですが ちゃんと製造者が記載されている点にも感心しました

一般的に 製造者は記載されず 販売者のところに 販売者名+アルファベットの記号ですから

どこで作られているのか 誰が作っているのか

いやらしいですが 私は そういったところを見て お土産を買います

そんな中 面白い商品がいくつもあり いくつか買いました

岐阜県は 加工が弱く 加工所が少ないです 

こうしたことを改善していくことが大切ですね 頑張っていきましょう

とにかく 今日は 楽しかったです

同じような思い 地域への想い つながりを持っている方々とお会いできたこと

本当に力になります

ネット社会が当たり前となり 情報も一瞬だからこそ

人とのつながり 地域産業同士のつながりの重要性を感じました

岐阜県だろうが 富山県だろうが そうした気持ちの通じ合った方々と一緒にやっていくこと

とても重要だと認識ました

必要であれば そうした枠を飛び越え お付き合いしていきたいと思います

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1335-514a5f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)