FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
だから 面白い
ゴールデンドラゴンが手に入るという裏情報?が流れてきた。
ゴールデンドラゴンとは、私たちが扱うイエロードラゴンのように表皮が黄色なもの。

一応、豆知識として私たちの解釈を。
イエロードラゴンは、秋に花を咲かせ、春に収穫できるという、ドラゴンとは言われているけど、通常のドラゴンとは別物と考えたほうがいいだろう。
イエローの苗木は一目で分かるし、表皮には鋭い棘を持っているからだ。
実は、白色と言われているが、厳密に言うと、半透明で種は大きめ。
実の大きさも250グラム前後と小振りで縦長。
でも、完熟したイエローは超甘く、瑞々しい。と付け加えておく。

ということで、貴重なゴールデンを買うことに。
産地は、ニュージーランド。

えっ?ニュージーランドって南半球だよね。
今が夏から秋というところ ・・・ のはず。
なんで?イエローが生産できるの?

いやー、世の中は広い。
知らないことばかり。

着払いでゴールデンを受け取った私。
箱を開けるなり、びっくり。

でかい ・・・  バカでかい。(500g以上はある)
フィンと呼ばれる(勝手に読んでいる)先端が赤く、特有の棘が一切ない。
明らかに品種が違う、と確信する。
This is golden

さっそく、カット。
cut the golden

半透明ではなく、雪色 ・・・ 恒例の糖度チェック。
brix check

14.7度とまぁまぁの数字だけど、味があまりしない。
どちらかというと酸味があり、甘いとはいえない。

この大きさや重量感に圧倒されたけど、やっぱり私たちのイエローに勝るものはないと思った。
これを私たちのイエローとかけたら、どうだろうと思った。
これで甘みを受け継ぎ、他のドラゴンと同じように2,3回収穫できるようになればいいのに。

明日、種を蒔いてみよう。

知らないことばかりで、見た目と中身は違ったりと。
いつも良い意味で、期待を裏切られながら ・・・ 面白いもんです。
それだけ柔軟に対応できるようになったということは、それだけ年を重ねたということだろうか。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

はじめまして私もこっそりドラゴンフルーツを育ています。花すら見たことないですがwドラゴンフルーツを調べては、神秘の多様性にワクワクしていましたが、オレンジには愕然としました。何度も写真をみてはときめいております^^;ところで、つい最近国華園へ行ったとき、ピンクドラゴンの苗を見つけたので買ってみました。幹が紙風船のように膨らんでいて、またときめいてしまいました。ピンクはイエローを凌ぎ、ドラゴンの中でもっとも濃厚な甘みを持つと、良く聞きますし、日本産のものは赤身と白身の交配種でありこの一種類とも耳にします。もしこれが本当であれば、ある程度生産性もあるのではないかと思います。ピンクを育てていらっしゃったら、是非ともこの情報が本当であるか教えていただきたいのです^^;
【2008/03/19 18:38】 URL | shibamura #- [ 編集]

shibamuraさんへ
はじめまして。
花の迫力には驚かされます。
私は、お昼頃からゆっくりと膨らみ始める蕾、
夕方からゆっくりと開いていく様子を寝転がって
下から眺めていたほどです。
6時間ほどビデオをまわしました。(笑)

私たちが育てているピンクドラゴンとは違うかも
しれませんが、ピンクや紫は存在します。
私たちのピンクはそれほど、甘みが強いわけで
はなく、どちらかというとあっさりとした甘みです。
それでも糖度としては18度前後でしょう。
イエローも19度前後ですが、赤や白とは全く
別物だと思います。
甘みも濃厚だと思います。
日本産のものは、白と赤のかけ合わせでしょう。
私たちのものもそうやって生まれた品種だと思います。
【2008/03/19 18:51】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんばんは、ご無沙汰しております。

ゴールデンドラゴン、懐かしいです。
過去に食べましたが、ちょっと酸味があり、青臭い大根のような・・・表現したくない味でした。
少なくともスターフルーツより不味かったです。

これはイエローピタヤとは全くの別物です。
ゴールデンドラゴンとホワイト、イエローピタヤの関係を例えるなら、
ゴールデンが梅ならホワイトはスモモ、でもイエローピタヤはリンゴ、位違います。
イエローピタヤには臭みも癖も諄さもなく、フルーツの女王とも言われる美味しい果物です。

日本産のピンクは日本の育種家の方が交配して生み出した、独自の品種です。
同じ両親のドラゴンも、多分海外にはまだないはずです。すごく特殊な交配なんです。
Frusicさんのところにはないタイプですが、日本のピンクの子供は育てておられますから、将来は何か変わったドラゴンが生まれる・・・かもしれませんね。

日本のピンクの味は、樹上完熟の果実でも通常で輸入したイエローピタヤと互角くらいです。
多数決をとったら、男性陣は全員ピンク、女性陣は全員イエローを選びました。
完熟のイエローピタヤがどうなるか・・・?はまだ知らないので楽しみです。
【2008/03/19 23:49】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]

こんばんは
ドラゴンフルーツ、食べた事がないのですが
テレビで見る度に
「どんな味なんだろう?」
なんて思っていました。
テレビで見たのは赤い色をしたものだったのですが
黄色もあるのですね!
ビックリしました(*^^*)
【2008/03/20 02:28】 URL | 海月 #9xVGaoVI [ 編集]

返信ありがとうございます。
 貴重な時間を割いての返信ありがとうございます。寝転がって観察、うらやましい限りです。
私も実は子供っぽいところや女性的な面がありまして、ブログを読んでは共感しています。
 ピンクはどこから来た苗なのかでかなり違ってくるようですね。
甘いイエローとあまり甘くないイエロー(ゴールデン)のようにピンク肉色にもいくつかあるとすれば買った苗が前者であることを願いたいです。
そして、どうやらピンクは男を魅了するようで・・・楽しみです。
いつかfrusicさんがイエローとピンクのハイブリッド(笑)を生み出されることを期待しています。
個人的には、もしオレンジドラゴンの固定に成功したら、商標登録して欲しいです。
ブリリアントオレンジドラゴンとか。そのうちオレンジが一般的になって、元祖オレンジなんてラベルがつくのもいいかもしれません。
現市場の赤肉とか白肉とかって曖昧すぎますし(笑)
 勝手な妄想をしてしまいましたが、frusicさんは私の憧れです。飽くなき情熱!好奇心と探究心!でがんばってください。機会があれば、ビデオ持って寝転がるべく、是非ハウスへ見学に行きます(笑)
【2008/03/20 02:53】 URL | shibamura #- [ 編集]


 いいなぁ、実のなる木を自分も育てたいです。

 となると第2の人生は、雪のあるところの古民家で、庭は広く、そばに小ぶりの温室置いて、トマトやらきゅうりやらとともに、他のフルーツも作って、庭に出ると、実をもいでパクッ。
 ああ、夢です。
【2008/03/20 05:56】 URL | シチューパン #3p3E4xCk [ 編集]

uranoさんへ
同じような感想を持たれたので、食べたものは一緒だったように思います。
見た目のインパクトとは裏腹に、少々物足りない味であったことは否定
出来ないのが残念です。

私たちが育てているピンクは、薄ピンクといったところでしょう。
糖度的にはあるのですが、他と比べあっさりしているというのが印象です。

完熟のイエローをお楽しみに。
今年は、冬が厳しかったせいか、幾分遅れ気味です。
3月末か4月上旬にずれ込むと思われます。
【2008/03/20 08:59】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

海月さんへ
最近、見た目や呼び名のインパクトからテレビで
出てきますね。
ただ、あまりにも味気ないものが多いことから、
タレント泣かせとも呼ばれているようです。(笑)

ですが、ドラゴンにも甘いものがあるということを
早く宣伝しないと、一過性のものに終わってしまいます。

赤色は、この世のもの?自然の色?と思うほど
強烈です。(笑)

世の中には、まだまだ知らないものばかりです。
【2008/03/20 09:03】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

shibamuraさんへ
フルーツと呼ばれてしまう ・・・ 美味しさを求めてしまうあたり
仕方ないことですね。
私たちは、当初、その熱帯果実が持つ栄養価に注目していましたが、
フルーツという観念からやはり、甘い、酸っぱいなど、美味しく思われない
と流通に適さないという現実にぶつかりました。
今でも、栄養価を主張したいのですが。(笑)
野菜とは違い、毎日食べるものではないので仕方ないですね。

妄想は大切なことですね。(笑)

いい加減、マネジメントのことも考えなければいけなくなってきたので
少々辛いところですが、これも夢を実現させるため、精進します。
憧れられるほど、私は人間的にできていません。
ただ、考えること、不思議と思ったら行動すること、挑戦してみること
全てがマニュアル化していく現代社会に疑問を抱きます。
だからといって、目に見える形で変えていくことなんてできませんが。

面白さを少しでも感じていけるようにしたいと言いつつ、私自身が
楽しみたいという気持ちでいっぱいです。
(家庭向きではないです)

ぜひ、遊びに来てください。
【2008/03/20 09:11】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

シチューパンさんへ
なんでもそうですが、育てることは大変ですね。
育てながら、一番学んでいるのは当の本人だと思います。

最高の贅沢は、自給自足だと思っています。
そこまでいきつくには、まだまだ修行が足りません。
自分のペースを自然のサイクルに合わせながら生きる。
簡単そうで出来そうにないですね。
心から磨かないと出来そうにないですね。
【2008/03/20 09:15】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ドラゴンは鑑賞したことはありますが、、、
苗木を注文されたのかと思ったら、
果実だったのですね。

小さな種を取って、発芽させるなんてロマンがありますねー。
私は今年、綿の種とナタ豆の種を蒔こうと、張り切ってますよ^^
【2008/03/20 13:01】 URL | なぎさ #- [ 編集]

波紋が出来てる
最近は、コメントにも、農業の専門的な方や、ドラドンに詳しい方が増えましたね。

去年からの短期で、波紋が大きく広がってることを感じます。

こんなつながり、広がりから、そのうち新しい品種や技術が生まれていくのでしょうね。
【2008/03/20 13:38】 URL | ば〜ば #- [ 編集]

なぎささんへ
そうです。
果実だったんです。

小さな種から育てると、結構時間がかかります。
それに同じものができるとは限りませんし。

綿、いいですね。
【2008/03/20 15:58】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ば〜ばさんへ
私より知っている方はたくさんいます。
いろんなアドバイスを頂けること本当に嬉しい限りです。

ブログの力はすごいですね。
こうして、農業に興味をもっていく若者が増えることを祈ります。

仲間が増えていく実感、心強いです。
【2008/03/20 16:00】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


こんばんは~♪

私のお友達が最近小さなトンネルで守りながら…スティックセニョールを作り始めました。
(トンネルってのは温室のつもりなのかな?と思うのですが…私にはよくわからないです;汗)
最近の暖かさで…すっかりトンネルの中では窮屈そうにしてるので
取り外したそうです。
すくすく育つのが嬉しいようです♪♪

イエロードラゴンっていうのをお聞きしたら…キウィフルーツを思い出しました。
最近ゴールデンキウィフルーツなるものが出てきましたよね。
食べたら…甘くて酸っぱくなかったのを覚えていますが、ドラゴンフルーツは…
イエローはどんなでしょうかね??

甘いものが果物では好きだという人が多いですが…
私はグレープフルーツでも酸っぱいのが好きですし、レモンなども何もつけないでも食べます。
お砂糖やはちみつをかけて食べる方がおられますが…
私は何もつけないで…生のまま食べるのが好きです♪(イチゴやグレープフルーツなども)

ドラゴンフルーツはまだ一度も食べたことがありませんので…
いつもどんな味なのかな~??って想像して楽しませて頂いています♪♪♪
【2008/03/20 18:54】 URL | 紅緒 #TEzGU1vU [ 編集]


ドラゴンフルーツの世界も、奥が深いですね~。
ニュージーランドって、変わった植物が(動物も)ありますよね。
ゴールデンは、大きいから味があまりしないのでしょうか?
見た目は、何とも綺麗で不思議な果物ですよね。
これからfrusicさんによって、新しい品種ができるのかも?と思うと、ワクワクして来ます♪
【2008/03/20 21:18】 URL | まぐのりあ #- [ 編集]


小さな種で発芽させるなんて、夢が広がりますねぇ~。
イエローとかけたら・・・なんて。
なんか聞いてるだけでこっちまでワクワクしてきます。
どんなフルーツができるんやろう?
frusicさんの夢はどこまでも広がりますね。
【2008/03/21 00:18】 URL | とおこ。 #- [ 編集]

紅緒さんへ
トンネルや洞窟の中は、温度がほぼ一定というメリットがあるようです。
イタリアでは、シャンパン(発泡)が盛んですね。

ただ、トンネルの中だと光がポイントになったのかもしれませんね。
やはり果実や野菜は、光が必要ですから。
こちらでは、炭鉱の跡で独活栽培をしていた方が、今年から割りに
合わないということで断念するようです。

面白い試みだし、スティックセニョールなんていう名前もユニークだし
何か言い方法があるように思うのですが、残念ですね。

酸っぱいものが好きというのであれば、私たちが育てるディヴィッド ボウイ
という白色のドラゴンがお勧めですね。
完熟するとさっぱりと甘めになるのですが、手前ではレモンのように酸味が
ある変わったドラゴンです。
このドラゴンに限り、完熟させずに酸味がある状態で出荷しようと思います。
【2008/03/21 08:24】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

まぐのりあさんへ
ニュージーランドには、いろいろあるようですね。
釣りが好きな人は、よく行くらしいし、自然が豊かなのでしょう。

大きいから大味と言うイメージはありますね。
甘みが均一に行き届くのは難しいのかもしれませんね。
大人数に意志を伝えるのが難しいように。(例えが強引?)

私は品種改良は、苦手です。(笑)
ただ、ここに遊びに来てくださる仲間が得意とするところ。

【2008/03/21 08:31】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

とおこ。さんへ
夢ばかりで、なんとも・・・
生きているんだから、家族や仲間がいるわけだから・・・
ふと思うと、そんな現実にぶち当たります。

でも、楽しまないと嫌だなんていう気持ちが、どうしても
勝ってしまうんですよね。
その上で、なんとか軌道に乗せ、ビジネスをしなければ
と思っています。

まずは、楽しむこと! ???
【2008/03/21 08:34】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


ドラゴンの品種ですが、自分が口を出していいのか分かりませんが、一般の園芸店やホームセンター、九州と沖縄で育てられているのは、ほぼ全部が日本か台湾で改良されたもの、もしくは野生種になります。

ですので、ピンクがあれば日本で作られたピンクだと思います。

しかし、ですが、どんな果物も野菜も、育て方、その年の気候で出来具合がまるで違います。
だから色々食べ比べてみたり、毎年食べたりする楽しみもあって、自分は好きです。

愛情を込めて、本気で育てている果菜は美味しい。これだけは確かです。
【2008/03/21 22:01】 URL | urano #TkSw/e0A [ 編集]

貴重な意見感謝です。
 おおお。貴重な意見ありがとうございます。
 日本産であってほしいとの願いも込めて桃太郎と呼ぶことにしました。
それにしても幹のふくらみは必見です。真横にカットすれば断面が丸みを帯びた
四角形になるほどぷっくりしています(きってないですが・・・)。かわいいやつです。
そういえば、特にドラゴンフルーツは生育の環境によっては、同じ品種とは思えない
ほど味が変わるらしいですね・・・。環境が同じでも個体差がすごいとも。
 よく言えばみんなのびのびと個性的に育つということでしょうか。
株分けすれば同じような実がなるのかな・・・?素人の憶測はこの辺にしておきます^^;
 私も愛情いっぱいに育ててあげようと思います。過度の期待はプレッシャー
だと思うので、そっと見守るくらいの気持ちで(笑)
 やはり子供のことを木に立って見ていると書いて親。なのでしょうか。
【2008/03/22 04:27】 URL | shibamura #- [ 編集]

uranoさんへ
真摯なご意見ありがとうございます。
仰るとおり、一生懸命育てたものが美味しいと言うのは当然ですね。

いろんな要素が影響して出来上がる作物。
必ず同じものが出来ないことを考えれば、私たちは
その恵みに感謝し、楽しむことが必要ですね。

だからこそ、古来から収穫祭が行われてきたのでしょう。
まずは、感謝することから始まりますね。
【2008/03/22 08:05】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

shibamuraさんへ
ドラゴンにもいろんな品種があるように、同じ品種でも
微妙に違います。
実や形も少しずつ違ってきたり ・・・
本来、それが当たり前なのでしょうね。
人間でも同じタイプの人ばかりだと気色悪いですから。

それを同一規格に押し当てようとすること自体、傲慢な考え方
なのかもしれません。

とはいえ、現実となると ・・・
生きるとは、まさにジレンマの中で生きること。
農業を通して、そのジレンマを楽しむ余裕を感じたいものです。

親 ・・・ 金八先生のようでしたね。(笑)
何も求めない、相手に見返りを求めない愛情を注いでください。(笑)
【2008/03/22 08:11】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

黄色! 黄金色!
ドラゴンと言っても、いろんな種類があるんですね。
私は赤い皮のドラゴンしか見たことがないので
黄色い皮のドラゴンにびっくりです!
それ以上にfrusicさんの情熱が伝わってきて
frusicさんの育てるドラゴンを食べてみたく
なりました! きっとフルーツたちにfrusicさんの
愛情がいっぱい詰まってて、甘くて美味しいだろうな~♪
【2008/03/22 11:21】 URL | 豆まき #WO.8kER. [ 編集]

豆まき さんへ
一般的にドラゴンフルーツというと赤色の表皮ですね。
表皮が黄色をイエローと言ったり、ゴールデンと言ったり
しているのが現状です。
私たちが育てているイエロードラゴンとニュージーランド産
のゴールデンでは、明らかに品種が違います。

情熱だけで、ここまでやってこれたという部分がありますし、
仲間が支えてくれたから、今があります。

情熱を注ぎ込む、それが全てだと思います。
そして、誇りを持って接する姿が、次世代へとつながっていく
ことだと思います。

美味しいですよ~。(笑)
【2008/03/22 17:55】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


食べる方としては馬鹿でかくて甘かったら 言うことなしですね。
あ~ それにほんの僅かな酸味もあったらいいな。
朝食代わりとか 食欲の無い時でも爽やかな気分で食べられていいんですよね~
...早く食べたいっす^^
【2008/03/26 23:19】 URL | flor #a5yKiT/E [ 編集]

florさんへ
生産者も馬鹿でかくて甘いほうが、売りやすいでしょうね。
酸味 ・・・ これは必要だと思います。

フルーツは、食欲がないときにはいいですね。
熱があるときなんかは、桃缶が食べたくなります。(笑)

遅れ気味なので、4月上旬になりそうです。
【2008/03/27 21:18】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/135-eaef025f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)