プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
傷口に塩
先日も奥飛騨に遊びに来てくれたお客さまから ブログ読んでいますと言われ

少しばかり 恥ずかしくなりました

年に見合わず 暑苦しいことを書いているし 自分より ひと回りもふた回り近くも若い方から言われると

こんな大人でいいのか こんな中年オヤジでいいのかと思いつつ

ついつい お話をしてしまいます ( 笑 )


前回 関ヶ原町の山羊牧場閉鎖の話を さらっと書きましたが

あくまで 私は 地元の新聞記事を読んだだけなので 何とも言えませんが

閉鎖するという ある種 事件みたいな記事の書き方が気になりました

それは 私自身が 山羊さんたちと除草業務をしているという事実があるからなのですが

それでも その場所での事実だけを書いてしまえば その内容が全てだと言いかねない

つまり 私たちが目指しているやり方も ひとくくりにされ 烙印を押されてしまう可能性があるからです

もちろん 読み手の感じ方次第だし 記事として 何ら問題があるわけでもありません

ただ 山羊さんたちと活動している身として 違った方法で 運営しているところもあること

比較対照するわけではありませんが なぜ 赤字になってしまっていたのか

傷口に塩をぬるようなことかもしれませんが もう少し 詳しく書いてほしかったです

関ヶ原町のように 耕作放棄地の除草 それによる山羊牧場運営に税金を投入

その委託管理をNPOが引き受けていたこと などなど 

新聞記事には 飼料代や診察料がかさみと書いてありましたが おそらく人件費でしょう

確かに 弊社でも飼料代と診察料はかかります そして 人件費も

だったら 出ていってしまう分をどう取り返すのか もう少し 工夫があった方が良かったのかも

簡単に書いていますが 動物の管理は そう簡単なものではないことは 私自身重々承知しています

だからこそ 知恵振り絞って 既存の考え方にとらわれない方法を導き出す必要があったと思います

私が なぜ 大垣市の企業さんから依頼を受けて 除草業務を請け負ったのか

実は 関ヶ原町から 山羊さんを借りられなかったと言われたからです

おそらく 町の税金を投入しているという関係から 町外へ出勤して貸し出すことは難しかったのかも


話は変わりますが 先日 奥飛騨の温泉ハウスで トンプソンとコニーマイヤーを収穫しました

tompson and cony mayer1

tompson and cony mayere2

右がコニーマイヤー 左がトンプソンです

今回 コニーマイヤーは ギリギリまで収穫を待ちました

触るとやわらかく 果肉は半透明 つまり 発酵直前といったところです

それでも 表皮はしっかりオレンジ色に染まることはなく 黄緑色をしています

これが おそらく ここ日本での形なのかもしれません

こうしたことを 1つずつ積み重ねていくこと あくまで おいしいフルーツを作ることが目的ですから

嫌なことがあっても 傷口に塩をぬってでも その原因を探ることが必要です

そうすることで また1つ ステップアップされていくので


話は 山羊さんに戻ります

今回の記事により 少なからず 美濃加茂市の中でも 山羊さんの取組み 大丈夫なのかな?と

不安に思った人がいるはず というか 何人から連絡がありましたので

そうしたことを考えると 事実を伝えることであっても その影響を受ける人がいることを

私自身 しっかり意識していかなければいけないと思いました

フルージックの取組みは違うことを いろんな事実を受け止めながら 進めていきます


個人的に 傷口に塩をぬること 嫌いじゃないです

口内炎ができたら 醤油など刺激物に慣れさせようとしますし 擦り傷したときの熱い風呂

じわじわと慣れてくる感じが 好きなのです 

ここまでくると 完全なるMですね ( 笑 )

最後に 個人的に 第三セクターには賛成です

地方には ある意味 必要な投資だと思います 肝心なのは その運営方法です


今日は このへんで

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1353-df805cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)