プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ヘリコプター
今日は 朝から山羊さんのお仕事でした

日本草地学会というのがあり その若手が中心となった夏合宿が 岐阜大学で行われました

といっても 私は 学会員でもないので 合宿には参加していませんが

それでも 山羊さんたちの取組みに関係があり お声がかかった次第です

岐阜大学応用生物科学部と美濃加茂市 そして フルージックが締結している三者協定

今年は2年目 いかに 里山というか 緑を維持していくのかをテーマに活動を継続しています

その現地実習の1つに 私たちの山羊さんを活用した荒廃農地の再生が選ばれたわけです

そこで 私は 企業の立場として さらに言えば 地域企業として 地域の農業企業として

思うこと 今後のことなどを あまり好きな言葉ではありませんが ビジネスの視点で話しました

地方の活動は ビジネスを成立させるだけでは難しいですが それでも 成立させないと

経済の循環ができません そこが 大きな課題でもあり 全国共通の問題です

それでも ここフルージックの山羊さんの取組みは それなりに評価されているようで

県内だけでなく 県外からの相談もあります

生意気な言い方ですが 地方企業として どう地域の人材を育成するお手伝いができるのか

ここに意識する企業の在り方を 今後目指していくことになると思います

もちろん 企業である以上 自立で運営することは当然なので 継続できるように頑張らないと

で 今日は とても興味深いセミナーがありました

放牧の測り方 空撮画像によるものです こんな機会はないので とてもワクワクして見ていました

green1

ここでの取組みの全体を 岐阜大学の方が説明してくれました

その後 現場を歩いて説明した後 私が楽しみにしていた空撮です 広島大学の先生が担当しました

green2

GPSで位置確認しながら飛ぶ 小型のヘリコプターです

今では 当たり前のように聞くGPSですが 私が 学んだ20代半ばのころは 

ほとんど知られてなく 土木で座標管理したり GPSを活用しようとしても 信用あるのか?と

全く相手にされなかった時代でした 機械も超高額だったし 

green3

いろいろ過去を思い出していると ヘリコプターが静かに飛び始めていました

green4

放牧エリアを区分けするというか 行って帰っての繰返しで 空撮していきます

面積が多いと その分 行き来が多いというわけです

こういうのって 見るだけでワクワクするというか こころ躍りますね すごいって

こんなの作ってしまうエンジニアって ほんとすごいなって

後は こうした機械を使いこなし どう分析していくのか それが大切

それを分析するのが ヘリコプターを飛ばしていた 広島大学の先生が得意とするところだそうです

そして 最後にそのデータを 私たち現場の人間が どう活かすか

どう地域に役立てするお手伝いができるかです ここが大きなポイントだと思います


これから 私自身 どう地域とつながっていくのかを考え 

伝えられることは 次世代に包み隠さず伝えていこうと思います

今日は ひと回り以上 ふた回り近く若い学生さんも多くいたので

そうした機会を提供する立場にいることを より実感しました これから 違う意味で 頑張らないと



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1356-5bb3cf87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)