プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
企業とは
さて 今日は 山羊さんの除草隊の出勤でした

霜が降り始め 青々していた草は 少しずつ 茶色ががってきてしまいました

それでも 山羊さんたちは おいしそうな草を探しては モグモグと食べています


ここのところ いろいろと思うことがあり

というか ここのところではなく いつものことですが と書いた方が 正解ですけど ( 笑 )

もうそろそろ 私が農業参入して 10年を迎えます

10年あれば もっとできたはずって思うし なんでもっと成長していないんだろう?って

ずっと協力してくれた家族や仲間だって まだまだ 楽になっているとは言えず

経営者としていかがなものか 自分には その才能がないのではないか そう思うこともあります

実際 私じゃなく もっと資金も豊富 人脈も多く そして しっかりビジネスに徹する人であれば

もっともっと 発展した企業になっていたのではないか ・・・

人生 振り返ることはできても 戻って やり直すことはできない 当たり前だけど

同じ過ちをしたくないと言うけれど 同じことなんて 1つもない

だから 頭の中で いろいろ考えて いろいろ想定して

何かあったとき 悪い方向へいかないようシュミレーションするわけです

全部が全部 想像した通りになることはなくても あらゆる状況を考えておくと

意外と 何があっても 対応できるもの 


夢の国へ行きたい人は たくさんいるけど 自分で船を出して 漕ぐ人はどれだけいるだろうか

ほとんどが 人が出した船に乗って なるべく 何もせず 夢の国へ行きたいのではないだろうか

地方現場で起業する人は 自分で船を出し 自分で漕ぐ人が多いです 

そして 漕ぐことができる仲間を知っています

一緒に漕いでくれる人は お金で契約することもあれば 想いを共有して漕ぐ人もいます

生活がある以上 お金は大切 だけど

こう何でも手に入れることが出来てしまう時代には 共有できる想い つまり

企業の方向性だったり リーダーの哲学だったりが とても重要になってくるのではないか

屁理屈ですが その想いを持って ここまで取り組んできたような

よくまぁ ここまで 続けてこれたなぁと 他人事のようですが そう思うこともたびたび

他人事のように捉えられるから 自分は生かされているって思うのかもしれません

企業は継続していくことが重要だと言われているし 私もそう思います

だけど それ以上に 地域にどんな影響を与えた企業になったか 

地域でなくても 人に どんな思いを感じてもらえる取組みをしてきたか 

実は 私は そこに重きを置いています

継続を目指すのは当たり前 できる範囲で投資していくのも当たり前

その投資は 企業内部に向けられたものか それとも 地域であったり 次世代であったり

そうした 間接的な投資ができる企業が これからの時代には必要で

それが 成熟した企業といえるのではないだろうか 

私たちフルージックは 実績も乏しく 足腰も弱い会社ですが それでも 想いだけは強烈です

looking

誰かが見ているから頑張るのではダメだと よく 親が子供に言うセリフでもありますが

私は 誰かが見ているから頑張る気持ちはあってもいいと思います

それには ちゃんと なぜ頑張るかの意味を教えてあげることが大切です





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1376-f3396fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)