プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
そろそろ
今日は 1日とても良い天気 日中は汗ばむような日差しでした

ちょっと肌寒い朝でしたが 予定通り 銀杏畑へ行って 予め水につけておいた銀杏を

専用の機械で ゴリゴリ ゴリゴリ みんなが臭いという 果肉を落としていきます

私は この臭い 何とも思わないというか 慣れてしまってのかも ( 笑 )

果肉が削られると 種だけが残る仕組み といっても それで出来上がりではありません

それを 水洗い 細かい果肉や薄皮が残っているので ひたすら 水で注ぎます

そして 天日干しです 2日から3日 お天道様の下で 日向ぼっこさせます

そうそう 臭いと思わないのは 翡翠色した モチモチした銀杏を知っているから

それを食べたいから 臭いなんて思わないのかもしれません


農業をやっていないころは 平気で 高いだの 安いだの言っていました

もちろん 言ったからどうかという問題ではありませんが

今 こうして農業に関わり 1つ1つできる過程を経験していると なかなか声に出すことはないです

ただ 知ってしまった分 心の中で 高いかな 安いかな などど言っています ( 笑 )


さて 今年も残りわずかです

そろそろ クリスマスどうする? 御節どうする?と そんな会話がではじめています

考えてみれば 今年も何とか1年を越せそうです

本当にありがたいこと 感謝しています

その感謝を噛みしめながら 来年もそうなるよう 

そろそろ 来年の目標を立てていこうと 心の中を整理しています

dragonlineup

奥飛騨で温泉農業をスタートさせ 7年が経過しました 早いものです

農業者となっても 異業種から来た農業者 さらに 実績がなく 信用などありませんでした

そのため 農業者が受けられるメリットであったり 補助や助成を全く受けられず ほんと厳しかったです

とはいえ 好きで農業を始めたわけで 補助や助成を受けることが目的ではありません

それなりに活動を続けていると 農業をしたいっていう相談が ちょくちょくあります

信用や実績がないことが理由で 同じように なかなか借り入れができないと聞きます

それでも 私は 借りられる方法があるのなら それを検討した方がいいと言います

それは たまたま私たちが運が良く 返済ができているだけであって

返済しなければならない金額は 少ない方がいいからです

もちろん 補助や助成が 気持ちにゆとりを持たせてしまい 厳しい現実を見ることもあるという人も

ですが それは 経営能力があるかどうかの問題

補助や助成を受けようが 受けまいが 経営能力がなければ 何をしてもうまくいかないと思います

私が思うに 農業者を増やすには 経営能力も同時に磨かないといけません

それは 税制とかそうした数字だけを学ぶのではなく 売ることだったり 作ることだったり

総合的に経験し それを活かせるタイプの人間を育てることだと思います

数字だけが得意でもダメ 作ることだけが得意でもダメ 売ることだけでも当然ダメ

適切な言葉ではありませんが 農業は バカではできないです

段取りひとつ 天気を読むこともそうです それに 何年後 どんな作物がいいのか

この土地には 何が適しているのか などなど 

モノを売るには コミュニケーションが必要だし 作り手としての考え方を伝えることも重要

そういう意味からすると 運良く 全く経営能力がなかった私は 毎年1つずつ経験値を積み

何とか どうにかこうにか フルージックを継続させています

経験値が上がった分 経営能力が身についてきていると思っています

運がなかったら 経営能力が身につく前に ダメになっていたと思います

超ポジティブ思考ですが 危機意識だけは かなり高いです

なので 来年も新しい何か もちろん 突拍子もないことではなく 今の農業につなげていくもの

フルージックの考えに沿った提案をし 取組みをしていきます

見た人 知った人が なるほどねぇ フルージックらしいと言われるような取組みです

実は 山羊さん除草隊のときもそうでした

フルージックらしいと言われる方が多かったです 

それが とても嬉しくて 大きな自信となりましたから


奥飛騨での取組み とりあえず 直接的に私たちができることは 今の段階では終わりです

後は どうつなげていくのか 地域でどう膨らませていくのか

そうなっていくように つながっていくように 私たちは違った視点から 取組んでいきます

モノゴトには直接行動して結果が出るものもあれば そうでないことも

梃子でも動かいものは 違った視点が必要だと思います

なので 地域とのかかわり方を ちょっと変えようと思っています

奥飛騨で温泉ハウスをオープンさせたとき

45歳 ( 7 ~ 8 年 後 ) になったら引退するようなことを言って 何を偉そうにと顰蹙を買いました

その真意は 引退ではなく 実践重視でやってきたやり方を変えるということです

そのために ずっと今までの経緯を書き綴ってきました

来春に それをまとめたもの 本を出版します 機会があれば ぜひ


さて そろそろ来年に向けて 計画を練っていきます

もう 頭の中には どうやっていくか すでにできあがっています

それには もう少し 想いを持った方々の力 仲間が必要です









スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1377-374e4749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)