プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
冬到来
山羊さん盗難者が逮捕されたことで バタバタとした日が続きました

何かをすれば 嫌なことも対応しなければならず それは 説明責任だと理解して 対応しています

20代から30代半ばまで 従事していた土木時代を思い出しました

当時 私が現場監督をしていたころです

ある現場で 鉄筋工を請け負う下請けさんには ある国の方が働いていました

会話はそこそこ通じるし 仕事はできていたので良かったのですが

昼休みなったら 大きく膨らんだ土嚢袋を担いで 現場に戻ってきたのです

こぼれそうになっていたので 何が入っているかは すぐに分かりました

どうしたんだ?と聞いたら 落ちていたと ・・・ 落ちていた?

そんなことはないと思い もう少し聞くと びっくりした回答が戻ってきました

誰も取らないから採った 自分のものだと

他人の土地で栽培されているもの 人のもの 取ったら盗みだと 何回説明しても理解されず

結局 どこの場所なのかを聞き 地主さんを探して 謝りに行きました

地主さんは 出荷できないものもあり 放置していたものでもあるからと言いながらも

人の畑に入り だまって採ってしまうことに対し 呆れていました

直接的に その方々を 私たちの会社が雇ったわけではないですが それでも

元請けとしてやっている以上 また その現場の責任者である以上

自分に責任がないとは言い切れず であれば 自分の責任だとと思った次第です

文化の違い 考え方などなど さまざまな壁があることを実感しました

今回 たまたま外国人が逮捕されたわけですが 受け入れる側も そうした意識が必要であり

国として 外国人を受け入れることを進めるのであれば 国としても 対応が必要だと

不法就労してしまうことなどを想定して 全てを逐一把握することは無理であっても

そうしたことを予想して やるべきことは やってほしいと思います


誤解されるのは困るので 敢えて書きますが 私は 異文化交流が大好きです

こうした事件を起こしたから 外国人が嫌だと言っているわけではありません

決してそうではなく 日本に来るなら 日本という国のモラル 文化などなどをしっかり伝えるべきであり

それが守らなければ 罰せられること 強制送還されることなど 徹底してほしいと 

当然 私自身にも 私たち日本人にも言えることです

私からすれば 盗難した山羊さんを食べた人が他にいたとしたら 彼らも同罪です

知っていたとか 知らなかったとか それにより 法の裁きは違ってくるでしょうが

それでも 盗難された山羊さんが戻ってくることはありません それが 現実というものです


さて 奥飛騨は 本格的な冬到来と言っていいでしょう

okuhida2014.12

夕方5時に ある農業団体の視察があり 暗かったので ライト点灯しました

オレンジの色にしているのは 月明かりをイメージしています

ドラゴンフルーツの花は 月夜に咲くからです

淡いオレンジ色は 何とも言えない柔らかさがあり 温かみが増します

これから 奥飛騨は厳しい寒さが続きます 

それでも ここには 他の地域に負けない温泉 温泉力があります

高山では 外国人の観光客が増え 彼らがいないと観光業はやっていけないとも聞きます

実際 たくさんの方が昼夜問わず働き 日本の工業を支え あるいは 看護師やヘルパーなどなど

日本の良さをしっかり守っていくには ただただ 受け入れるのではなく

その良さが理解されるよう 順守してもらえるよう そして 共生できるよう

私自身も 身の回りのことから始めないといけないと思いました


とても許しがたいことが起きてしまいましたが この先がある以上

その先を見て 考えてと思っています

一方で こうやって自身の感情を押し殺すことに対し

私は 自身の人間らしさを失っていくような感じがして それが怖いと感じてもいます




  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1385-59d77f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)