プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
片付ける
昨日は1日 木柵設置 杭の打設をひたすらやっていました

来年度のための仕事です 山羊さん除草隊の範囲が広がっているので とても嬉しいことです

いろいろとマイナスなことも報道されていますが 私の考え方は一貫しています

何を言われようが 考えたビジョンを1つずつ形にしていくだけです

仕事には 許される無駄と 許されない無駄があります 

許される無駄というのは 間接的に生きてくることなので 

考えてみれば 無駄という表現は適切ではありませんね ( 笑 )

つまり 意識して 無駄をするということです そう この先を意識してということです

意識されない無駄 あるいは 意識していても それが生かされないのであれば 許されない無駄に

何を言われようが気にしないと言いながら 意見は聞いています ちゃんと

その中で なるほどなって思うことは どこかで取り入れていますし 考え方も変わります

ただ 方向転換するときは 仲間や自身を納得させるためにも

そうなった理由を明確にします こじつけるわけではありませんが つなげていきます

そのつながりができない できない場合は おそらく ブレているんでしょうね

屁理屈を言うと嫌われますが 屁理屈はとても重要なんです 私にとって ( 笑 )

屁理屈だと解釈されないようにするのが 企業家 起業家の役割でもありますが


さて この間まで行われていた 名古屋栄の松坂屋さんでの催事 無事終了しました

2014matsuzakaya

こうした催事には 必ずではないですが 定番以外は なるべく新商品を持っていったり

パッケージなどを変えたりして 皆さまの反応をみています

とはいえ 私たちのような 一般流通しないフルーツを扱っているところは

しっかりと説明しないといけないので 反応をみるには 会話がある場合に限られます

そもそもジャムに興味ない人たちは 立ち止まらないですから

今年は アセロラ80をジャムの瓶に収めました

容量が少なくなった分 価格も下がったので どうなのかと 試食もしやすいし

すると 予想以上の結果となりました

実際 試食しないで販売だけであれば ここまでの結果にはならなかったと思いますが

こうやって 催事に出ていると みなさん 温泉を使って農業をしていることは知っていても

フルーツ生産農家としての信用度が まだまだ低いなって思います

中には 奥飛騨まで足を運んでくれていたり

フルージックのドラゴンフルーツは格別だと言ってくれる方もいて 青果は完売してしまいましたが

ほとんどの方は 質の良いドラゴンフルーツより 温泉を使った面白い農業の方がインパクトがあるようです

企業人としては嬉しくても 生産者としては ちょっと寂しいものです

おいしいと言ってもらえるフルーツを作り続けること それが 私たちの基本ですが

そういってもらうには 食べてもらわなければならず それには 興味を持ってもらうことが大切

企業人と生産者 双方のバランス 今後 より重要になってくると思います


今日は 雨の予報

年賀状を片付けたいと思います



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1390-1edf7eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)