プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
本人のモラル
昨日 不慣れなパソコンをいじり 何とか年賀状のデータを作りました

後は 年賀状を買って 印刷して ひと言書くだけです。

得意なこと 苦手なこと どうやったってできないことも たくさんあります

できないことを 敢えて やる必要もなく それでも 必要であれば できる人にやってもらう

企業であれば その対価を払ってやってもらうのが一般的なことです

中でも 年賀状は 1年の締めくくりとして また 新年のスタートなので

私にとっては とても苦手な作業ですが 何とか自身で頑張ります


さて ある市長さんが 病気になられて 復活したものの 辞職勧告を受けてしまい

それが 差別であると言われています

かかわりのない私が とやかく言うことではないですが 人権問題はとても難しいことですね

私自身 視力が悪く コンタクトがなければ車を運転できません

確か パイロットになりたいと思っても 当時は制限されていました

今は そうでもないようですが 

人は それぞれ性格も異なり 得意な分野も違います

適正という言葉を使い 適正でないと言ってしまえば これも批判される恐れもあります

差別とはどういうことなのか

どこまでが許されて どこまでが許されないのか 冗談はどこまで通じるのか

基準は 言われた方になるのだけど その言われた方も 時と場合によっても違うだろうし

プロ野球選手だって なりたくても 能力がなければなれないわけで

能力がないって言われることは 果たして 差別だろうか

民間の企業にとって 適性を判断するのは 当然のこと

では 公務につく方々はどうであろうか

より一層 適性を判断されても仕方ないと 私は考えます

人にはできる できないがあるものの その判断を他人にされることもあれば

自ら 自分には向いていない 自分には適性がないと認めることもあります

民間であれば ゴリ押しして 自分の好きなことをやればいいですが

公の仕事となると いろんな 「 万が一 」 を想定しなければならず ほんとに難しい

もちろん 「 万が一 」 ばかりを考えていては 何もできないけれど

逆に 全てをオブラートに包むように 自由な意見が言えなくなってしまうことも怖いです

体罰が厳重に処罰されることになり 教師は手をあげないと分かっている生徒が

笑って 暴力反対とか 叩いていいんですか?みたいなことを目の当たりにすると

とても 複雑な気持ちになります

差別はあってはいけないこと 絶対に許されることではありません

しかしながら 自身の置かれた状況を把握し 自身の能力を冷静に判断し

どんな状況であっても 的確な判断を伝える状況が作り出せればと思います

こういう問題は 絶対に感情論で議論してはいけないと思います

ましてや 他人が適正かどうかだけで判断して 生きがいや夢を奪ってもいけないと思います

決めるのは本人であり 本人のモラル次第だと思います

大げさな言い方をすれば 首長は 民の命を預かるものだからです

市のために働くという思いがあれば どんな状況でも どんなやり方でも

ましてや 首長にならなくても やれることはたくさんあると思います

みんな誰しも 1つや2つ 大きな深い悩みを持っているもの

それを分からずに言うなとか そういったことを言う人がいますが 

分かったからと言って 100%解決するものではなく かえってうまく機能しないことも

私が生まれ育った美濃加茂市 内容は違えども といった感じです

公の人として 自身の我 正義を通すのか それを通すことで どんなことが予想されるのか

常に振り回されるのは 自身ではなく 民であること

こうなるのが嫌だったら 最初から こうなったら自動的に選挙でもやるといった条例を作ればいい

それで 再任されれば みんな納得するのでね

bee2014

今日は暖かくなったので ミツバチさんの巣箱を掃除しに行ってきました

そしたら 巣箱を守るミツバチさんが 怒ってきて ( 笑 )

ミツバチさんも 蜜を集めるのが得意なハチ 攻撃するのが得意なハチなどと別れているのかな?

適材適所という言葉がありますが 納得していない本人からすれば これも差別なのかな?

私は どんな人でも その人でなければできないことがあると思っています

それは 本人が置かれた立場や状況を判断して 本人のモラルによって成立すると考えます







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1391-e647e6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)