FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ストロベリー ピィアー?
改めて、井の中の蛙だと自分自身恥ずかしくなった。

最近、注目を浴び始めているドラゴンフルーツ。
品種もたくさんあることは、しばしばこのブログで紹介してきた。
私たちが扱っているドラゴンたちは、24(+1)種類。
大まかに区別して ・・・ 私が把握している限りでは、5ぐらいかな。

1) 外側が赤色、中身が白色 ( David Bowie という品種 )
D.B.-white

2) 外側が赤色、中身が桃色 ( Deliteという品種 )
De-pink

3) 外側が赤色、中身が紫色 ( American Beautyという品種 )
A.B.-purple
 
4) 外側が赤色、中身も赤色 ( Zamoranoという品種 )
Za-red

5) 外側が黄色、中身が半透明 ( Yellow Dragonという品種 )
Y.D.
 
そんでもって、超レアものドラゴンフルーツとして、以下2つをラインナップしておく。
6) 外側が赤色、中身は半透明紫色、タマゴ大という大きさ ( Voodoo Childという品種 )
V.C.-redpurple

7) 外側が橙色、中身は半透明紫色 ( Hybrid : Orange Dragon or Dragon's eys )
D.E.-orange

3つ目の American Beauty の品種名の由来を調べていたところ、サンディエゴの小さな農園を Hit した。
実は、ドラゴンフルーツはピタヤとも呼ばれているけれど、実は、Strawberry Pear ( ストロベリー ピィアー ) とも呼ばれているそうだ。
フムフム ・・・ と。
まだまだ知らない品種がたくさんあった。メキシカンとかね。

やっぱり、アンテナは大切だ。
周りを知って、初めて自分を見つめられる。
いろんな人と意見交換する姿を想像すると、なんだか楽しくなった。(笑)

たかが ドラゴン されど ドラゴン。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

David Bowie や Voodoo Child って…
どうしてこのネーミング?(笑)
外国の人のセンスって、こういうとこにもユーモアが感じられて好きです。
【2008/04/25 17:27】 URL | LEY #HkRIpaaw [ 編集]

LEYさんへ
気付かれましたね。(笑)
実は、フロリダから取り寄せた苗の品種名のほとんどが
アーティストに由来しているということが分かってきたんです。
もちろん、品種を改良した人に直接聞いたわけでないから、
実際のところは分からないけれど。
このことは、また、詳しく書きますね。
それから、なぜ、それが分かってきたのかもね。
ネーミングのセンスは、私たちの考えとは全然違いますね。
【2008/04/25 17:37】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


お久しぶりです。
こんなにいろんな品種があったんですね。
ドラゴンっていうのは、やっぱり「竜」のイメージからきてるんでしょうか。
ストロベリーペアよりも、もっとぴったりくるネーミングですよね。
【2008/04/25 18:28】 URL | ゆみたん #- [ 編集]


色鮮やかな、ドラゴン・フルーツ。
見ているだけで、南国の気分が味わえますね。
アーティストにちなんだ、品種のネーミングが、
何とも微笑ましいです。
苺梨・・・そう言われてみれば、そうかもしれませんね~。
【2008/04/25 18:52】 URL | まぐのりあ #- [ 編集]

ホントはドラドンより、ロマンチック名がいいかも
ドラゴン・・・棘棘の外観からのイメージからなのかなぁ。

でも、食べてみた人が付けた名じゃないのは分かる。

せめてスイーツドラドンとか、甘い魔女とか・・・考え直そうよ。
こんなに多種多様・・・さすがサボテンが母かな?

サボテンも美味しく栄養あり・・・千年に一度の結実で、そのために風説に耐えるのがあるからね。

肉厚の葉の植物の結実は、命の発祥(アラジンの千夜一夜)から憧れの果実ですもの。
【2008/04/25 18:56】 URL | ば〜ば #- [ 編集]

ゆみたんさんへ
無事帰られて、安心しました。
そうですね。
ドラゴンとは、中国を初めアジアに広まってから
呼ばれるようになったようです。
一般的には、ピタヤと呼ばれています。
海外でも、龍というイメージを使いたいらしいとのこと。
ストロベリーピィア、甘い感じがしてフルーツというイメージが
強いですね。
【2008/04/26 14:11】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

まぐのりあさんへ
いろんな種類がありますよ。
リンゴやイチゴなどのように似ているけど違うみたいな
感じではないですからね、ドラゴンの品種の違いは。
見た目ですぐに分かりますから。
というより、遺伝子的に別物と考えた方がいいと思います。

苺梨でいきますか(笑)
それもありですね。
【2008/04/26 14:13】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]

ば〜ばさんへ
食べるものは、イメージが本当に大切ですね。
改めて実感しています。
いくら岐阜で頑張っても、やっぱり、沖縄など南国にはかないませんからね。
あとは、味や品種、栽培方法で少しずつ広めていかなければというところです。
北アルプスの麓というあたりで、クリーンさを出していきたいです。

食べたくなるような、美味しいイメージを抱かせるような名前にしなければ
いけないですね。それは、私も一理あると考えています。
スイーツドラゴン デザートの総称にいいですね。

千年に一度に花を咲かせる、結実するっていうサボテン、聞いたことがあります。
命の発祥 ・・・ いい響きです。
【2008/04/26 14:19】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


おはようございます。
いただいたパンフレットからドラゴンの種類が多岐に渡るのを知りましたが、
その色や味もそれぞれに違うものなのでしょう。
知らないことは罪ではありませんが、
「旅の恥は掻き捨て」状態のままでいることは残念なこと。
勉強家・努力家の frusic さんですから、吸収したことはすべて応用でしょう。
何歳になってもその前向きな姿勢には脱帽です。
【2008/04/27 08:53】 URL | ギターオヤヂ #QjtTlS4. [ 編集]

ギターオヤヂさんへ
おはようございます!
そうなんですよ。
赤い色といっても微妙に違いますし、味は季節によっても
変わってきます。
あまり変化のないことを求められますが、私は複雑な気持ちです。

知らないことを聞く姿勢は、いくつになっても失いたくないですね。
点々の知識を線に結び付けていくことことが、応用だと考えています。
たとえ、それが正確でなくとも、結ぼうとする姿勢が大切だと思います。

今朝は、なんだか嬉しい気分です。
【2008/04/27 09:40】 URL | frusic #qqvQ5iVU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/148-9d24115d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)