プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
大詰めです
金曜日の夕方から始まった 稲わらアート制作

ゆっくりと そして 急ピッチに進んでいます

幸いにも天候に恵まれ 工程に若干の遅れはあるものの ほぼ予定通りといったところでしょうか

今回は 初めての試みだったので 正直 私たちも行き当たりばったり

なので 予め 協力者を募ったわけでもありませんでした

それでも 聞きつけた方々 そのお友だちといった感じで いい具合に仲間が増え

なんだかんだ いい感じで進んでいます

ある意味 ギリギリの人数といった感じなので 作業にかかる時間や人工数が分かり

今後に生かされる展開になっていることに 案外 行き当たりばったりはいいもんだと

そんな風に これまた 超ポディティブ受け止めています

初日は 基礎掘りだけでしたが 骨組みを作り始めてから5日目の午前には 骨組み完了

inewarafrusic1

午後からは いよいよ 編んだ稲わらの登場です

inewarafrusic2

4本の足がほぼ完成

山羊さんの特徴は 足が長い ですから その辺がポイントです

設計は 武蔵野美術大学の宮島先生なので あとは 私たちがうまく作れるかですね

骨組みも先生です 私たちは 指導の下 せっせと わら巻き作業です

inewarafrusic3

翌日 

声をかけていなかったものの ぞくぞくと人が集まり いよいよ体のまわりの作業

お母さんたちのパワーには驚きです

高いところも ひょいひょいと そして 職人になった気分だと笑いながら

ひたすら 麻紐で編んでいく作業です

inewarafrusic4

ひと作業を終えると そろそろ お昼ご飯の時間

カレー作って持ってきてくれたり 魔法瓶にお湯を入れて あったかいコーヒーや紅茶

魔法のカバンから アメやチョコ 男性だけでは考えられないような光景です

私たちが 目の前の大きな制作物に取り掛かっている傍らで 先生は 

inewarafrusic5

そうです 親子を表現します

そして 夕方には だいたいの形になり いよいよ 明日からは大詰めです

inewarafrusic6

あと少し あと少しで完成です

ですが 完成が近づいてくると なんだかとても寂しい気持ちになります

わずかな時間であっても 一緒に一つのものを作ってきていると 情が芽生えるというか

おかしなものです

こうした時間が 1日でも長く続いてほしいと思ってしまう自分がいます

それだけ 愛着持って 気持ち入れて みんなと造っているということなんでしょうね

あと少し 頑張ります


そうそう 11月3日(水)にお披露目です

稲わらアートを見に来てくれた 先着100名様に 加茂農林の生徒たちが作った

スイートポテトをお配りする予定です アンケートもお願いすると思いますけど

ぜひぜひ 見に来てください

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1482-39891a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)