プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
奥飛騨のバナナ
今日は 1日 ゆっくりとできたわけではありませんが

打合せだったり ごあいさつだったり あるいは 出荷だったりと

なんだかんだとバタバタしておりました


たまに バナナを分けてくれませんか?という問い合わせがあるのですが

今日もそんな問い合わせがありました

バナナをたくさん生産しているわけではなく 極々趣味の程度ですが

2008年から 温泉ハウスで バナナを育てているわけです

最初は 県外の友人から頂いたドワーフバナナ それから 岐阜県内のある施設が閉鎖されることになり

そこから譲り受けた 小笠原種のバナナ

個人的には 小笠原種のバナナが大きさ そして おいしさのバランスが良いと思っています

ドラゴンフルーツたちの中で すくすくと仲良く育っています

初めて収穫して食べたときの感動は 今でもはっきりと覚えています

ぶら下がっている状態で完熟させるので 一般的に売られているバナナと比較して

やはり甘さが強いというか 濃厚なのか どちらがおいしいっていうわけではありませんが

それでも 味の違いはあります

毎年 3房ほど収穫しているのですが 今年もなんとか収穫できます

frusicbanana1

このバナナたちは すでに行き先が決まっているのですが

奥飛騨では 小さな苗から収穫できるまでを考えると

花芽をつけるじきにも大きく左右されますが 1年はかかります

特に私たちの温泉ハウスでは 冬場 太陽の光も計算できないので 無駄に温度を上げないため

余計に時間がかかるかもしれません

で このバナナの隣にも 小笠原種の苗があるのですが ようやく 新しい花芽が

frusicbanana2

ここからが長いです

ゆっくりと成長していくわけですが 朝晩の冷え込みにも影響するので

無事 大きくなるかどうか 少し心配です


これから 少しずつではなく 寒くなるスピードが速くなってくると思います

風邪などひかないように 





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1488-598517e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)