プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
そりを作ろう
どうやら 稲わらアートが 全国的にブームになっているようですね

温泉農業 山羊さん除草隊 稲わらアート 

目の付けどころはまちがっていないようですが どうやら お金儲けは 下手くそみたいです ( 笑 )


さて 武蔵野美術大学の宮島先生の指導の下 稲わらアートが完成してから

早いもので 1ヶ月以上が経ちました

4メートルを超える 巨大山羊さん親子は すこぶる元気に過ごしているようです

ただ ここ2日ぐらいの間で カラスに目をいたずらされてしまいました

どちらも 太陽の光が当たると 輝く色彩になっていたので

どうやら 光の反射に反応して つついたようです

正直なところ 余分な仕事を作りやがってと 頭にきますが カラスにはカラスの理由があるのでしょう


さて 12月になり クリスマスのシーズンとなってきました

で そりを作ろう ということになり 

わらチーム?で 簡単なそりを作っちゃいました

sori1

時間的に 今日しかなかったので 何とか今日中にということで 急ピッチに作業を続けました

sori2

おおよその下準備は お米つくりでお世話になっている方がやってくれていたので

スムーズに作業は続き お昼過ぎには ほぼ完成といった感じでした

sori3

人が乗ると こんな感じです

sori4

実は 視点を変えれば どうなの?という 考えるテーマが存在します

というのも 最後の4枚目の写真 人が乗っていますが

人間が主語なのか 山羊が主語なのか 視点が違うと 意味も当然違います

人間であれば 人間が 山羊そりを操縦していますが

山羊が主語であれば この世界は 山羊の惑星?となっていて

山羊が人間を 何らかの目的で どこかへ運んでいる というわけです

どうでもいいことかもしれませんが 視点を変えることは とても大切なことだと思います

いつも自分が主語であるのが 当然であり 当たり前のことだと思いますが

少しだけ 視点を変えてみるだけで 違った考え方も見えてくると思います

視点が違えば それだけ 正論や正義があり

そうした それぞれの正論や正義は 決して 交わらないとも限らないわけで

相手の立場になって考える余裕を持つこと 人の話に耳を傾ける余裕を持てれば

コミュニケーションにも かなりの幅が生まれると思います

しかしながら 共有できるはずの 道徳感がズレてしまっていれば どうにもならないかもしれません

実際のところ この道徳感のズレが やっかいなことだと思っています

目的を達成するために 何をやってもよいとは言えないと 私は考えていますが

結果が全て うまくいかなかったら そんなのただの理想だと言われる方もいるでしょう

もちろん そのとき そのときで 過程重視と結果重視が違ってくるでしょうけど

さて 

例の美濃加茂市のポスター変更 結果 美濃加茂市をアピールできたから良かった

なんて言っている当事者たち あるいは 大人たちがいたとすれば

私は やっぱり 寂しいことだと考えます

実在する学校があること 通っている学生たちがいること その辺を考えるべきだと

公立高校だから とやかく言われることはなかったとも言え

私立だったら 果たしてどうだったか


視点を変えて考えることで ちょっとした配慮が生まれ 避けられるものがあると思います


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1501-23420f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)