プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
やっぱり
真っ白になるぐらい しっかりと霜が降りた朝でした

冬型が強まると 時より 強い風が吹き 日の当たらない場所で作業していると 手がかじかんでしまいます

そんな中 ひと仕事を終え 事務処理のため 風の当たらない部屋へと ついさっき帰ってきました


さて 先日 政府が進める 車座ふるさとトークに参加してきました

日本全国 テーマに沿ったものです

たまたま インバウンドや観光を活用した農村漁村というテーマだったので 声をかけて頂きました

こうした機会を頂けたこと 本当にありがたいことだと感じております

車座ふるさとトーク岐阜 ちょっと私の声が小さいので 聞きづらいです

それから やっぱり という言葉を多用しすぎですね ( 笑 )

地方の本音を どのように伝えるか いろいろ手段はあるでしょうが

やっぱり 私としては 補助や助成ありきではなく 地域で活動する私たちが まずもって頑張る

強い意志を持って行動することが 大切なことだと考えます

それには 若いリーダーを育てていかなければいけない そう強く思っています

そうした地道な活動の積み重ねが 国の政策に影響すると考えます

補助や助成にどっぷり浸かって 骨抜きにならないようにしないといけないと思う反面

資金がないと挑戦 そして 継続できないのが現実なので

起業家として 稼いだお金を 地域に役立てる 投資できるようになればと思っています

学生が研究したいこと それらに応えること フィールドを整備すること

やれることは それぞれ違いますが やれる範囲で 次世代と関わっていくことが重要だと考えます

私は 理想主義者ではありますが かなりの現実主義者でもあります ( 笑 )

実際 現場で活動してきたことが経験となり 理想に向けて どうアプローチすればいいのかを考えます

そのため 厳しい言葉を使うこともあり 敬遠されること多々あります

しかし こういう時代だからこそ 今が変わるチャンスだと思い 地方の自立へと進むべきだと考えます

やらなければいけない そういう時期だと考えます


現場のことは 現場がしっかりと伝える 伝える努力をすることです

そういった想いが形としてなったのが 高山市で始まった 食力プロジェクト

料理研究家の山崎先生が 何度も高山に足を運び 食材を活かしたレシピ開発 

年2回の料理教室を行っています

高山市公式キッチン

企業として 地域にできることは何か

生産者として 地域にできることは何か

そうやって考えていけば 何でもできそうな気持になります

実際 できるものです

ただし そこには 人としてのモラルが大切

経済が成熟した日本だからこそ やり方 その過程を考えるべきだと考えます

やっぱり 

やっぱり ・・・ ということなんです ( 笑 )

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1505-c4a5abf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)