プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
難しさ
植えればいい 放っておいても大丈夫

勝手に庭で育つから ドラゴンフルーツにおいて よくそんな言葉を耳にします

実際 その通りなんですよね

ただ おいしいという言葉を掲げ 屁理屈並べて あぁだこぅだ言っているだけ

そもそも自然界にあるものは 人の手なんか加わっていないんですからね

とはいえ 私は あぁだこぅだ言う側の人

ドラゴンフルーツのポテンシャルを引き出せてないと もっともらしく言う側の人です

無人島で生活しているわけではないので 

生きていくために 農業を生計の柱にしている以上 屁理屈並べます ( 笑 )

そして 価値観を分かち合える人と出会うことで 生きる術を頂きます

同時に 私も 生きる術を与えられる人でありたいと 心から願うわけです


さて ドラゴンフルーツを栽培するきっかけとなった イエロードラゴン

かれこれ10年ほど育てているのですが 悩みは尽きません

仲間が あれこれ試し 一定の結果は見えてきているのですが

見えてきたところで 根元や途中から 葉状茎 ( 枝 ) が腐り始め

植替えしなければいけないという 振り出しに戻ることもしばしば


yellowprepare1

yellowprepare2

イエロードラゴンは 他のドラゴンフルーツと比較して とても小さい品種です

それが 一般的な解釈です 180グラム前後あれば良い方で 120グラム前後も多いんです

それを なんとか平均250グラムほどまでになってくれると 販売しやすいと考えるのですが

これが なかなか難しいです

写真でも見ても これだけの差がありますからね ( 笑 )

ただし 365グラムというのは 現段階では まぐれそのものです

ですが 条件が合えば そこまで大きくなるというポテンシャルがあるということでしょう

イエロードラゴンに関しては 大きくても 小さくても 味にバラつきはなく おいしいです

だからこそ 大きさの差を少なくすれば 安定した品種になるはずだと考えます


人間が どこまで関われることができるのか ある意味 許されるのか それは分かりませんが

それでも あぁだこぅだ言いながら 試していきたいと思います







 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1520-d728bbe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)