プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
大切なこと
人には それぞれ大切なことがあります

生きていれば それなりに結果を出し続けなければなりません

その結果をどう考えるか これまた 人には それぞれの価値観があります

〇か×か 白黒だけで判断すれば とても単純明快なことだけど

人それぞれの価値観が違う限り そうそう簡単なことではありません

そんなしがらみが 何重にも重なり合い 代々と積み重なってきたとなれば

ゆっくりと丁寧に ほぐしていくしかありません

そりゃ ドカンと一発 ぶち壊したくなる気持ちもあるものの

どこかに逃げ道ではないけれど 行く場所を作っておく必要があるように思います

もちろん その逃げ道を作っておいたにも関わらず

全く理解されることなく 一方的に誤解されることが大半でしょうけど

私は どちらかというと 短気です

それでも 一気にまくしたてることはありません

意気地なしかもしれません

ただ言えることは 人の思いは とても複雑で

だったら 人を傷つけるより 自分が傷ついていた方が楽だと思っているところです

その言葉を発することで いったい 誰が得をするのか 誰が喜ぶのか

いろいろと頭にくることはあるけれど それでも 自分がやりたいと思ってやっていることなので

他人のせいにしたくない 他人に求めるのも筋違いではないかと

今の関係を壊すのが 怖いだけ ただただ怖いだけだと言われるかもしれないけれど

決して それだけではありません

価値観が違えば 何を言っても 通じないところがあるからです

それを言ったところで 響くはずもなく

いろんな世界を見ていなければ いろんなことを想像できなければ 価値観というのは変わることもない


高山の旅館でのデザート 籠盛りの中にあるドラゴンフルーツ

岐阜県産だと言われ食べたけど 全く味がしなかったと お叱りを受けることがあります

出していない 私から言い訳は正当であっても

わざわざ岐阜に来て わざわざもらってきて 食べたお客さまに非があるわけでもなく

私が 好きで岐阜でドラゴンフルーツを栽培している

好きでやっているならば 自分の身に起きる全てのことを受け止める

それが 私の覚悟です


そして 次の世代を意識した活動をしていくこと

人が育つのは 時間がかかること 自分自身だって まだまだ育てられていないくせに

偉そうに言えることではありませんが 

そろそろ 結果を出すということだけを そして 常に完璧を求めるということだけを意識し過ぎて

何でも自分がという気持ちを抑えないと

そうしないと 人が育たない 自分がフォローできるうちにと思っています

そんなんでいいの? そんな盤石なの?フルージックって 思われるでしょうが

それでいいと 私は思っています


さて 奥飛騨では 新しい品種のドラゴンが 蕾を出し始めました 一気にです

newbreed1

なるべく 一枝に1から2つの蕾にしています

デヴィッドボウイとダークスターをかけたものです

蕾を見る限り デヴィッド つまり 白果肉の特徴を受け継いでいます

見た目は デヴィッドボウイ 果肉の質感も デヴィッドボウイ

ただ 果肉色は うっすらとピンク色 ディライトのようです


好きでやっていること

そう 好きでやっていることなんです


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1578-e07fdb5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)