プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
もどき
先日 ドラゴンフルーツの新品種の情報を 地元の新聞にて発信しました

オリジナル品種となると やはり 安定性が大切なことなので

何年も同じものができるのか さらに 挿木した枝からも同じものができるのか

栽培する場所が違っても 同じものができるのか などなど調べてきました

で ようやく安定性を確認できたので 発表したわけです

来年以降は 品種登録に向けて 書類を揃えていきます


ただ 育苗者でもない あるいは 県の研究施設でもない 単なる農業者にとって

品種登録の費用だったり 事務処理がかなり大変なわけです

ですが それでも 農業の可能性や面白さを発信すべきだと考え 踏み切ったわけです

特に 元々農家ではなく 農地を持たない新規参入者にとって

生産量で勝負できる土壌は そもそもないわけで 

そこで どう勝負するかを考えると 視点を変えること たとえば 品質だったり

さらには 唯一無二のものをつくるとか

とはいえ 品質にこだわったところで 必ず 売れるわけではなく 

そうした現実が 農業従事者の高齢化を招き なかなか 新規参入者が根付かない理由でもあります

政策として 担い手を増やそう 補助や助成をつけるわけですが

担い手を受け入れる土壌 農地の確保 いまだ大きなハードルがある中では 

どうやったって無理な話

農地の取得 そして 作物を収穫するまでの資金 売る場所などなど

いくつも壁を乗り越えなければなりません

そう考えると 私は運が良かったなと思うわけです

もちろん その分 アホみたいに動いてきました 動いたことで 人のつながりが生まれました

動かないと 何も始まらない 


さて イエローもどき 知人から送られてきた苗です

イエローだと言われていたそうですが 苗を見ると 明らかに違い とりあえず育てることに

modomodo1

modomodo2

modomodo3

modomodo4

8月4日に蕾を確認し 開花したのは 8月29日

花は イエロードラゴンそっくり 花の香りも ただ 花は大きかった

それから2ヶ月弱 実の成長は終わったようで 徐々に色づき始めました

このタイミングでの色づきは イエローではなく オレンジに似ています

一般的なドラゴンフルーツは この夏の時期であれば 開花から40日で収穫できます

イエローに関しては 夏であれば 開花から4ヶ月弱

オレンジは 2ヶ月から3ヶ月の間ぐらい

1つの色づきが早いものは オレンジ色になってきています

どんな色の果皮で収穫できるのか さらには 果肉の色

そして 味

コニーマイヤーのこともあるので 初収穫があまりおいしくなくても 木が成長すれば

とりあえず 楽しみにして待つとします


さて 明日から 本格的に稲わらアートの準備に入ります

かなり忙しくなります でも いつものように頑張ります

 
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1610-0ba65949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)