プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
視点が大切
今日は 肌寒い1日でした

やっぱり冬が来るんだなって そう確信する1日でした

確信するなんて 随分大げさですね 


さて 今年1年の仕事は ほぼ終わり

12月は ひたすら整理 それから 来年2017年に向けて 動き始める1ヶ月になります

今までは 現場での作業が忙しく 考える暇さえもなかった状況でしたが

これから春が来るまでは 現場作業に追われることが少なくなる分 考える時間が増えていきます

今までの取組み 実際に活動してきたことを もう一度振り返り

さらに 視点を変えて 見つめ直します

この視点を変えることは 私にとっては 一番大切なことです

ある方向から見れば良いことも 違う方向から見れば 良くないこともありますから

その辺を 冷静に そして 客観的に考えてみます 

もちろん 今までも ずっとそうしながらやってきたので 大きな軌道修正はないと思いますが

それでも 何が起こるか分かりませんから いつも柔軟に

できないと頭から否定することなく 全てを受け入れていこうというスタンスでいきます ( 笑 )


午後から パッションフルーツを収穫しました

passion2016a

passion2016b

ここのところ 毎年 試験的に外で栽培しています

関市では盛んに露地栽培をやっていると聞いていたし 道の駅へ行って 加工品のアイスを食べたことも

最近は あまり聞かないので 少しずつ栽培者が減ってきているのかもしれませんね

露地だと やっぱり厳しいかな

挿木した苗を春先に植えれば 6月と9月の2回ほど 花を咲かせるものの

6月は 木が成長していないので 収穫量が少なく

9月のものは 多く実をつけるものの 熟す前に霜でやられてしまいます

このまま 露地にこだわるのか あるいは ハウス栽培を視野に入れるのか

ただ もう一つ その前に考えないといけないことがあります

加工品ありきで勝負するのか それとも 生で食べておいしいが基本なのかです

知人が 小笠原諸島にいて いろいろアドバイスしてくださるのですが

小笠原でも ハウスだそうです

雨に当たると病気が発生しやすくなったり 露地だと傷がつきやすくなる

いろんな要素から 質の良いものを作ると思えば やはり ハウスだそうです

私もそう思います

やっぱり 良いものを作りたいと思えば 手間はかかるもの

手間をかけたものが高くなるのは 当たり前のことですからね


ここ数年 美濃加茂で栽培してきて 見えてきたものがあるので 

タイミングが合えば 少しやってみようかなと思っています

視点を変えること パッションフルーツ栽培も視点を変えることで

何か良い方法が見いだせると思います


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1629-0b358ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)