プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
この時期は
毎年のことですが 年末年始のこの時期 美濃加茂の実験棟には

わずかですが ドラゴンフルーツが残っています

秋の終わりに花を咲かせるものの 冬に近づくことから 朝晩の冷え込み

全体的な低温が続くことで 色づきがまばらになります

熟し切れないとでも言った方がいいのか それとも 

これが この時期の熟し方なのか 何とも言えませえん

もちろん 通常の出荷を考えると この時期のものは やはり熟し切れていない

ただ これも1つのドラゴンフルーツの姿だと言ってしまえば

そして 需要と供給のバランスがとれ 出荷の実績ができれば

これは これでありなんだろうなって思います

newdra1

向かって 左より右の方が 早く花を咲かせたぶん 赤みが多いです

で 裏返してみると

newdra2

色づきがなく ほとんど黄緑色 一般的には この状態では出荷できません

ですが 低温になるこの時期は これでも中身は熟しているんです

で もう1つ説明をすると 赤くなるのは 太陽が直接当たらない下の部分

黄緑のままのところは 太陽が直接当たる上の部分なんです

ふつう 逆かなと思うのですが これがいつものパターンです

で カットしてみると 紫色というか ピンク色の果肉が

newdra3

そうそう これは ダークスターという品種です

念のため 糖度計で糖度を計測 まぁまぁの数値です

newdra4

で 食べてみると 酸味がやや残っていますが これはこれで おいしい

種っぽさもなく おいしいです

フルーツが市場に出回らなくなる この時期を目指して 栽培するのもありですね

ただ どの時期に収穫すればいいのか それが ちょっと難しいかも

それこそ 開花日からの積算温度などを調べていくことが大切でしょうね


さて この時期は 直接的な仕事で忙しいというより 間接的な仕事があり

それに追われてしまうというのが 実情です

今年1年の方向性を決めて 準備の準備期間というやつでしょうか

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://frusic.blog75.fc2.com/tb.php/1648-31b3228d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)